Lenon


Lenonをフォローしよう!


つぼみの中は虫まみれ!ブロッコリーの意外と知られていない正しい洗い方はこちら…!


ブロッコリー

サラダにシチューなど、色々な料理に使われるブロッコリー。

茹でてマヨネーズを付けるだけでも、美味しく食べられることのできる野菜です。

ちなみに固い茎のところも、皮の部分を少し厚めに剥くことで柔らかく美味しく食べることができます。

そんなブロッコリーのメインで食べるつぼみの部分、しっかりと洗うのが難しいですよね。

ブロッコリーを洗う時、上から水をかけて汚れを落とす方法が一般的ですが、

これでは汚れがきちんと落とせないということを知っていましたか?

固く閉じたつぼみの隙間には、汚れや虫が残ってしまうのです。

では、どうやってきれいにすれば良いのでしょうか。

その方法は次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    虫まみれなんや、もう食べれないよ。

  2. ななし より:

    でも、大概の人は一度、塩ゆでか湯通しすると思いますけど

  3. 窓の外 より:

    虫はいないと思います。

  4. より:

    虫食べて死んだ人知らないから別にいーや。

  5. がる より:

    ブロッコリーはまず生で食べることはなく、軽く茹でますからね。気にしたこともない。

  6. 匿名 より:

    茹でる時に砂や泥が出てたなら、水洗いをしっかりしようと思うけど、茹ででも砂や泥は出ないし、蕾が開いたブロッコリーなんて食べごろ過ぎてて美味しくないよ。

  7. 匿名 より:

    ブロッコリーにホントに虫がいるんでしょうか。茹でても出てこないけど。

  8. 〇△□ より:

    「虫まみれ」という表現もどうかとは思いますが、「虫がいない野菜ならば農薬まみれ」みたいな言い方もちょっと…💦

    農家さん達は“適正に”農薬を使用しています。
    農薬には「収穫〇日前まで使用できます」と記載されていて、中には収穫前日まで使えるものもあります。
    また、出荷の際には、どの農薬をいつどれだけ使ったかの記録が必要なので、健康上問題のある程の残留農薬があるようなそもそも、野菜は出荷できません。

    更に言うと、「無農薬だから虫がいて当たり前」「虫が食べるような野菜がいい野菜」というのも、必ずしもそうではありません。
    無農薬でも、それなりの管理をすれば虫はつきにくくなります。
    野菜に限らず、植物はなにかしら虫から自身を守るすべを持ってますが、そういった力が働きにくい弱った野菜に虫は寄ってくるのです。
    (例えば、肥料が足りないとか、逆に肥料が効きすぎてるとか)
    また、虫に食われたことにより、それから身を守る為に、辛くなったり苦くなったりする野菜もあります。

    安全な野菜を求めるのならば、もう少し野菜がどう作られる、野菜がどう育つ、ということに関心を持ってもらいたいものです。

  9. 匿名 より:

    よく、ナメクジがいます。しっかり洗いましょう

  10. 匿名 より:

    ブロッコリーは、結構農薬が使われているらしいので、大抵の人は湯でて食べるので、大丈夫だと思いますが。栄養価は減るでしょうが。

  11. 匿名 より:

    虫いるなら茹でても出てくるし、砂も茹でた時に出てくるから。

  12. 菊地洋子 より:

    TVを見てからは20分はつけてます。虫が出たり水が茶色になったり…

  関連記事

1日に卵を2個食べることで体に起こる9つの変化がすごい!4番目なんて信じられない?

お菓子や料理で大活躍の卵ですが、 「毎日食べるとコレステロール値が上がる」というイメージはありません …

普通のコーラとゼロカロリーのコーラに含まれる砂糖の量を比べたら衝撃の事実が発覚…!

コーラの砂糖 暑い日が続く夏、スポーツなどでたくさん汗をかいたあと、 忙しく働いている中でのひととき …

超耳寄り情報!高級で傷みやすい『桃』を1ヶ月間余裕で保存できる裏ワザがこちら・・・

「繊細で傷みやすい」が代名詞の『桃』 夏本番。すいかやメロンなど、みずみずしいフルーツが美味しい季節 …

いびきは自然由来のものを使ったこんなシンプルな方法で簡単に止められるのです!

いびき いびきは自分で気がつかないからこそ、悩みも深刻ですね。 家族ならそれでも許してもらえますが、 …

足の先にアルミホイルを何度か巻いて1時間待つとあなたの足にすごいことが起こります!

どこのお家庭にもキッチンに必ずあるであろうアルミホイル。 料理にも掃除にも大活躍するアルミホイルです …

PREV : オオサンショウウオの餌になるはずだった金魚の『カープくん』が今では奇妙な共生生活をするように・・・
普通の犬とはちょっと違う犬→しかし、その見た目のお陰で幸せな生活を手にできた…! : NEXT