Lenon


Lenonをフォローしよう!


ドラム式洗濯機が壊れて業者に修理してもらった結果、ある深刻な事実が判明する…!


ドラム式洗濯機

Twitterユーザーの山本ダンさん(@DangYamamoto)が使っている洗濯機は、ドラム式洗濯機です。

水道代は縦型洗濯機よりお得なので、長く使えば元が取れるとのことで購入したようです。

しかし購入して2年半が経ったころ、

凶悪な振動音がする、乾燥も生乾きが多発、タンクの水が排水しなくなるなどの不具合が生じました。

そのため、メーカーに1万5,000円で修理してもらったとのことです。

しかし修理してから約半年経ってから、またドラム式洗濯機に不具合がでてきました。

これには山本さんも買い換えなければならないのかもしれないと思ったそうですが、

修理に出すことを決めます。

そして修理の際、業者さんから驚きの事実を告げられることに…。

詳しくは次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. サンタ より:

    昔、この機種の修理やってました
    埃詰まりで埃取り除くだけでは家電量販店の長期保証が適用できないので有償になるんですが、お客さんはそういう認識がないからいつもクレームになってました
    ぶっちゃけ洗濯機の仕様だし手入れのしようもないからお客さんではどうにもならない
    メーカーはブラシでフィルターのメッシュ部を掃除すれば大丈夫とアナウンスしてるが全く解決策になってない
    作業はかなり困難ですが、2万以上も払ってくれるなんて大変素晴らしいお方です!

  関連記事

ただドロドロを塗っただけかのような落書きが数日後、ある植物によって誰もが釘付けになるアートに大変身!

最近、注目されている植物である苔。 そんな苔は空気を浄化し、癒し効果があるということで室内に飾る人が …

「せっかく育てたのに小さくてがっかり」なんてことのないように…!トマトを大きく育てるためのコツとは?

桜の季節も終わりを迎え、初夏の気配も漂い始めました。 西日本の方ではもう真夏のような暑さにもなってい …

マウスウォッシュをつま先につける!?専門家をも唸らせた驚きの効能がこちら・・・

お出かけ前のエチケットに、リステリンは欠かせません。 リステリンが登場したのは1879年。 消毒液と …

使わなくなったベルトがおしゃれに変身!DIY女子必見のベルトリメイクがこちら・・・

今流行りのDIY女子 SNSなどが盛んな現代、部屋の小物やお洒落な棚などを手作りしている女性が増えて …

電動工具のメーカー「マキタ」が家電を作った結果、なんか戦闘力が高そうになってしまう…!

ロボット掃除機の登場から早10年以上が経過。 今では王道のルンバをはじめ、様々なメーカーが新しいロボ …

PREV : 飼い主に捨てられたひとりぼっちの老犬に愛情を注いだ唯一の存在は同じ境遇の猫でした…!
かわいい子猫はまだまだ食べ盛り!夢中で食べ続ける食いしん坊さんにすっかり魅了されてしまいます・・・ : NEXT