Lenon


Lenonをフォローしよう!


阪神・淡路大震災で人々を絶望の淵から救ったダイエーの男前すぎる行動に感謝の声続々!


阪神・淡路大震災から22年目を迎えた1月17日に、

TwitterユーザーのPxfo3241(@pxfo3241)さんは当時の忘れられない出来事をツイッターに投稿しました。

それはある大手スーパーの心意気を語ったものでした。

阪神・淡路大震災についてはいろいろな報道がなされているのに、

「何故、あの日のダイエーの行動については誰も触れないんだ?」と憤っています。

物不足で物価が上がり、乾電池が1,000円になっていた混乱の時、

ダイエーは船をチャーターして生活必需品を完璧に揃え、

神戸港からいつもの値段で被災地の奥にまで運んだそうです。

そんなことを全く触れない報道に怒りを覚えながらも、ダイエーの英断に深く感謝しているということです。

そうした一連のダイエーのエピソードに対して、ネット上では続々と賛同の声が寄せられています。

 

大震災の日、ダイエーがとった行動とはどんなものだったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 自主・自立・自己責任より。 より:

    懐かしいな~!中内社長は何時も生活者の為に生活の痛みを感じて、生活に沿った商品・価格を提供していた。雪が多く振ったら野菜の値段が高騰するから、いつもより安い野菜を緊急手配して、全国版の新聞広告をしたことを思い出す。当然地震、洪水など防災が起きたときはいち早く現地に対して緊急に物資を手配していたしことを・・・。阪神淡路大震災もそうだった。現地に社長が、息子が東京本部で現場の状況を把握しながら必要な物資の手配をしていたことを思い出す。「通信が困難であった状況でも社員の携帯電話を集め、緊急通信として活用したことや・・・・様々な対応や学ぶ事が多くあった。

  関連記事

木下優樹菜が実の娘と青山テルマのMVで共演→普段見せない母の顔に驚きの声続出!

モデルでお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんの奥様である「ユッキーナ」こと木下優樹菜さんが、 …

120年続いた折り紙の老舗が倒産!「金と銀は宝物でした…」など、悲しむ声や懐かしむ声続々・・・

子どもの頃、男の子も女の子も誰もが遊んだ一人遊びといえば、お絵かきに折り紙ですよね。 鶴や手裏剣、奴 …

「ねえ、漣さん連絡してよ」多くの共演者から大杉漣へ悲しみの声が寄せられる・・・

俳優の大杉漣が急逝!突然の訃報に大杉漣と共演した数々の芸能人から悲しみの声が続々と寄せられています…!詳細はこちら・・・

楽しい水浴びの最中に赤ちゃんが泣き叫ぶ大惨事!驚愕の事実に母親は言葉が出なかった・・・

楽しい水浴びが一転…! 本格的な夏が近づいています。 海に、山に、川に…。 お子さんと楽しいお出かけ …

震災後の復旧活動中にメキシコ人が帽子を取ってお辞儀→その先にいたのは日本人救助隊だった!

メキシコ中部の地震 日本の話題でよく出てくる物の1つに自然災害があります。 特に地震は、世界と比べて …

PREV : 出産間近のヤギを優しく労わる猫→お腹をマッサージするその姿はプロの助産師そのもの!
猫を撫でていたら後ろからゾッとするような視線を感じたので見てみると…! : NEXT