Lenon


Lenonをフォローしよう!


土田晃之の考えに共感の声続々!『パラリンピックの後でオリンピックの方が良くない?』発言の真意とは!?


パラリンピックとは…

パラリンピック2016が、リオデジャネイロで開催されました!

今回も屈強な精神と技術を持ち合わせた選手たちが自らの力を発揮するため、競技に挑んでいます!

パラリンピックの起源とされているのは、

1948年に開催されたロンドンオリンピック開会式と同じ日に、

イギリスのストーク・マンデビル病院で行われたストーク・マンデビル競技大会なのだそうです。

戦争で負傷し、兵士たちのリハビリテーションとして

『手術よりスポーツを』の理念で始められたもので、

それまで脊髄損傷が死の宣告とみなされていた時代に行われた、いわば変革だったのです。

健常者も障害者も皆誇りを持って…

毎回、オリンピックと同じ年に同じ場所で開催されるパラリンピック。

今年も8月にオリンピックで賑わったリオデジャネイロで開催されました。

前大会から4年、この時のために日々トレーニングに明け暮れ、

技を磨いて全実力を余すことなく発揮するための努力をしてきた選手には、健常者も障害者も違いはありません。

パラリンピックのPR動画をご覧ください。

いかがですか?

パラリンピックに出場する選手を見ていても、その姿は勇ましく自信に満ちていますが、

こちらの動画に出演されている方々もまた自信に満ち溢れていて感動する映像となっています。

パラリンピックは年々、注目度も上がっていてメディアで取り上げられることも多いです。

そんな中、タレントの土田晃之さんが自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組である思いを明かしました。

8月28日に放送されたラジオ番組、『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送系)での発言でした。

その発言については、次のページで詳しくご紹介いたします。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 飛べないカモメ より:

    私 個人的にはこのように考えています。  開催地については新興国・途上国に譲り、先進国はそのアドバイスや手助けに回る。 そして開催期間についてはもっと長くとり
    負の遺産を残さぬように、選手村の縮小・競技場の供用などを考慮する。

    又、競技種目に関しても、先進国だけが出場出来てる感じがするので、基準を下げて考えるべき。
    スポーツは皆平等であってほしい。

    パラリンピック・オリンピックの順序もしかり。
    日本の言葉に”後回し”ってあるじゃないですか。
    この言葉 多くの人は良いイメージは持たないはづです。
    大勢は少数を守るべき、持てなし・気遣い、これらを考えると 当然パラリンピックを先にすべき!

  2. パラリンピック? より:

    そもそも名前を『パラリンピック』と分けないで、オリンピックの第一部とかにして、メダルの数も合算して、メダル沢山取った選手には国民栄誉賞とかを上げて、って出来ないことが国際的な差別だね。

  関連記事

この新しい結婚指輪の買い方に絶賛の声続々!創意あふれる発想に注目が集まっています・・・

結婚指輪と言えば、結婚式の中で必ずなくてはならない物です。 愛し合う2人の思いを詰め込んだ誓いの印で …

母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…!

オーストラリアに住むロバート・ホージさんが44年前に生まれたとき、 彼の母親は生まれたばかりの我が子 …

心優しい少年は、がん患者のためにイジメられても髪を伸ばし続けた→しかし、少年自身に非情な宣告が下される…!

少年は、からかわれても髪の毛を伸ばし続けていました。 米カリフォルニア州、サクラメント近郊の町ローズ …

宇多田ヒカルが日本ではなくロンドンで子育てをした理由に納得すると共に怒りを覚える…!

宇多田ヒカルさんは2016年の春に約5年間の活動休止に終止符をうち、現役復帰しました。 9月にリリー …

「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・

人の成長は、自分の成長の時間と同じではありません。 親子の場合がそうですね。 他人の子供は成長が早い …

PREV : 20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・
年老いて歩けなくなってしまった犬→飼い主の愛情が感動の奇跡を巻き起こした…! : NEXT