Lenon


Lenonをフォローしよう!


医者が理不尽なモンスターペアレントにこの言葉を言い放つ→誰もが驚き、号泣する人も・・・


最近、3人のお子様を育てられたお母様のエピソードが話題になっています。

この話はどんな時にでも起こりえます。

いつもの通り、保育園に子供たちをお迎えに行くと、困り顔の保育士さんが…。

その後ろに、ものすごい形相をして仁王立ちをしているお母さんがいました。

そのお母さんは、同じ保育園に自分の子供を通わせています。

詳しいことは次のページでご紹介していますので、是非ご覧になって下さい。

isha




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 和くん より:

    いま、人としての価値が試されています。この世に生まれた意味とは何か
    物質主義の負の部分がますます幅を効かせつつあります。人の役に立つために
    私たちは生まれて来たはずなのに自分の事だけしか考えない人が増え続けて
    います。もう一度自分の魂とコミュニケーションを取って見て下さい。
    本当の自分の声に耳を傾ける時代が来ました。本質を見る心の眼を持ちましょう。手遅れにならないうちに。

  2. バックス より:

    ん~~本当?というのが正直な印象です。医師がそんなこといいますかね…。そのモンスターピアレンツはその後どんな反応をするんでしょうか。スカッとしません。

  3. 匿名 より:

    2006年9月19日、夫は東京女子医科大学病院 心臓血管外科医 坂本貴彦から三尖弁を人工弁に変える手術を受けたが、三尖弁置換手術を3回失敗した。大動脈遮断時間223分、人工心肺使用時間442分。また、9月21日は同意もない手術が行って初手術5日目の9月25日に死亡した

  4. 岩瀬 啓 より:

    外資系大手で四半世紀の間「クレームの最終処理場」みたいなことをしていましたが、個人または個人経営の対象位扱い辛いのはいません。
    結論的には、この先生のように「砕けた表現の正論」で、思いっ切り「決散らかす」以外に対処方法は無いのですが、重要なこととして第三者が大勢いるということも必須条件となります。
    でお、何事も「言うは易しで」、実際には非常に難しい非常に勇気のいる、そして何より「非常に損な役回り」であることに違いはありません。

  5. 名無し より:

    うーん…お医者さんの意見自体には賛成なんだけど、A君の母を「モンスターペアレント」って言葉でくくっちゃうのはどうかな。
    親だって人間。
    間違いも犯すし、不安にもなるし、感情的にもなるし。
    その都度、諫めて反省させていけばいい話。
    ぴしっと言われてまだ騒ぎを続けるようであればモンスターと呼ぶべきなのかも知れませんが。

  6. ドクターX より:

    もし本当に医師がこのような発言したのならこれも問題ですね!?

    私も医療関係の仕事なのですが多分捏造の出来事でしょうね。。。

  7. とくめい より:

    このお母さん、自分勝手なことを相当捲し立てたみたいですね。

    医師が話したことは、間違っていません。

    何事も経験、手加減を知らない大人になって、簡単に人殺しをするのが出て来る。
    『まさか死ぬとは思わなかった』ってことになる。

  関連記事

毎週火曜日に男性はホームレスの女性とお昼ご飯を食べる→しかしある時、耳を疑うような事実を告げられた…!

世の中には数えきれないほどの、恵まれない人々がいます。 こうしている間にも、世界中で大人だけではなく …

ゆっくり横断歩道を渡っているおばあさんに何度もクラクションを鳴らす男性!それに対するおばあさんの猛反撃がこちら・・・

年齢を重ねれば当然、足腰が弱くなります。 横断歩道を渡っていても若い頃のようには歩けません。 お年寄 …

音を出すのには理由があるのに… 白杖を叩いて歩く女性が『うるさい!』と怒鳴られる!

とある駅構内にて、視覚障害のある女性が点字ブロックの上を白杖で音を立てて歩いていた時に、 年配の男性 …

本当に責めるべきは誰?JRで駅員に苦情を言い放っているようだけど・・・

天災や人身事故などで、電車が止まることがあります。 通勤・通学の時間帯に起こると、焦る人も多いでしょ …

「若くも可愛くもないのに…」いきなり撮影して来た不審男性について警察に相談したらゾッとする事実が判明…!

「若くも可愛くもないのに…」突然、不審な男性に写真撮影された女性!警察に相談したところ、ゾッとする事実が明らかに・・・

PREV : 男性に殺されそうになった女性を守るために立ち向かった犬→5度ナイフで刺されるも、奇跡的に命を取り留める…!
20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・ : NEXT