Lenon


Lenonをフォローしよう!


医者が理不尽なモンスターペアレントにこの言葉を言い放つ→誰もが驚き、号泣する人も・・・


最近、3人のお子様を育てられたお母様のエピソードが話題になっています。

この話はどんな時にでも起こりえます。

いつもの通り、保育園に子供たちをお迎えに行くと、困り顔の保育士さんが…。

その後ろに、ものすごい形相をして仁王立ちをしているお母さんがいました。

そのお母さんは、同じ保育園に自分の子供を通わせています。

詳しいことは次のページでご紹介していますので、是非ご覧になって下さい。

isha



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 和くん より:

    いま、人としての価値が試されています。この世に生まれた意味とは何か
    物質主義の負の部分がますます幅を効かせつつあります。人の役に立つために
    私たちは生まれて来たはずなのに自分の事だけしか考えない人が増え続けて
    います。もう一度自分の魂とコミュニケーションを取って見て下さい。
    本当の自分の声に耳を傾ける時代が来ました。本質を見る心の眼を持ちましょう。手遅れにならないうちに。

  2. バックス より:

    ん~~本当?というのが正直な印象です。医師がそんなこといいますかね…。そのモンスターピアレンツはその後どんな反応をするんでしょうか。スカッとしません。

  3. 匿名 より:

    2006年9月19日、夫は東京女子医科大学病院 心臓血管外科医 坂本貴彦から三尖弁を人工弁に変える手術を受けたが、三尖弁置換手術を3回失敗した。大動脈遮断時間223分、人工心肺使用時間442分。また、9月21日は同意もない手術が行って初手術5日目の9月25日に死亡した

  4. 岩瀬 啓 より:

    外資系大手で四半世紀の間「クレームの最終処理場」みたいなことをしていましたが、個人または個人経営の対象位扱い辛いのはいません。
    結論的には、この先生のように「砕けた表現の正論」で、思いっ切り「決散らかす」以外に対処方法は無いのですが、重要なこととして第三者が大勢いるということも必須条件となります。
    でお、何事も「言うは易しで」、実際には非常に難しい非常に勇気のいる、そして何より「非常に損な役回り」であることに違いはありません。

  5. 名無し より:

    うーん…お医者さんの意見自体には賛成なんだけど、A君の母を「モンスターペアレント」って言葉でくくっちゃうのはどうかな。
    親だって人間。
    間違いも犯すし、不安にもなるし、感情的にもなるし。
    その都度、諫めて反省させていけばいい話。
    ぴしっと言われてまだ騒ぎを続けるようであればモンスターと呼ぶべきなのかも知れませんが。

  6. ドクターX より:

    もし本当に医師がこのような発言したのならこれも問題ですね!?

    私も医療関係の仕事なのですが多分捏造の出来事でしょうね。。。

  7. とくめい より:

    このお母さん、自分勝手なことを相当捲し立てたみたいですね。

    医師が話したことは、間違っていません。

    何事も経験、手加減を知らない大人になって、簡単に人殺しをするのが出て来る。
    『まさか死ぬとは思わなかった』ってことになる。

  関連記事

この従業員への想いがお菓子総選挙1位へと導いたのかも?カルビーの松本晃会長の考えに賛同の声続々!

お菓子総選挙 みなさんは先日の11月27日に放送された、 『日本国民がガチで投票!お菓子総選挙201 …

部屋が汚い人は綺麗な人より心が美しい!?専門家の言葉に共感の声続々!

突然ですが、皆さんは片づけが得意ですか? 片付けなくては…、と思いつつも時間がない。 片付けてもどう …

近隣住民からの「コンビニ前の会社員が邪魔だからコンビニを使わせるな」というクレームを受け入れた結果、近隣住民までもが困る羽目に…!

日本の家族構成は核家族化が進み、閉鎖的な子育て環境、孤立する一人暮らしの老人などなど、 日本はどんど …

ある親子間で結ばれた「お小遣いに関する契約書」が本格的すぎてマネしたくなる人続出!

毎月決まった金額の中でお菓子やジュースを買ったり、ゲームをしたり、 時には何ヶ月分もお小遣いを貯めて …

北新地の高級クラブでママを務める女性が考える「出世する男の会話や振る舞いの違い」これは必見です!

北新地といえば高級クラブが軒を連ね、 大物政治家から著名人まで様々な大物が足を運ぶことで有名ですね。 …

PREV : 男性に殺されそうになった女性を守るために立ち向かった犬→5度ナイフで刺されるも、奇跡的に命を取り留める…!
20年以上人々を墓場で癒し続けた墓守猫→慰めの天使は最後まで任務を全うし、自らも天国へと旅立つ・・・ : NEXT