Lenon


Lenonをフォローしよう!


親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・


キリル君はカザフスタンの孤児院で育った男の子です。

生まれつき右手がありません。

この障害が理由で生後20日の段階でご両親から捨てられてしまいました。

カザフスタンでは、障害を持った子どもを養子に希望される人が少ないそうです。

そんな背景から孤児院の職員たちはキリル君に新しい里親家族が見つかる可能性は、

かなり低いと考えていました。

でもある時、運命的な出会いが…。

詳しいことは次のページからご紹介しています。

是非ご覧ください。

kiriru1




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ドトールで働き始めたばかりの新人さんが常連客にブチギレられた!その理由があまりにも理不尽すぎる・・・

突然ですが、皆さんはお仕事中にクレーマーなどに当たったことはありますか? こちらの不手際で文句を言わ …

宇多田ヒカルが日本ではなくロンドンで子育てをした理由に納得すると共に怒りを覚える…!

宇多田ヒカルさんは2016年の春に約5年間の活動休止に終止符をうち、現役復帰しました。 9月にリリー …

92歳のひいおばあちゃんと病気を患っているおばあちゃんをたった1人で介護しているのは5歳の女の子!健気な姿に胸が熱くなる・・・

5歳にも関わらず、2人の老人の介護を余儀なくされている女の子が中国にいます。 今回は、彼女のお話しを …

子供が障子を破っても親が知らんぷりする結果、未就学児連れの入店お断りとしたカフェ!

人気のカフェ 小さな怪獣と呼ばれる幼児は、興味のある物を手あたり次第触ります。 そうやって学習してい …

「子供は批判されて育つと…」貼り出されている言葉から子供が育つ環境について考えさせられる…!

アメリカの教育学者ドロシー・ロー・ノルトさんの 『子供が育つ魔法の言葉』に書かれている言葉が話題にな …

PREV : 飼い主に捨てられ、ガリガリに弱っていた猫→保護して数日後、猫の大声とともに驚くべきものを見た!
悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・ : NEXT