Lenon


Lenonをフォローしよう!


親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・


キリル君はカザフスタンの孤児院で育った男の子です。

生まれつき右手がありません。

この障害が理由で生後20日の段階でご両親から捨てられてしまいました。

カザフスタンでは、障害を持った子どもを養子に希望される人が少ないそうです。

そんな背景から孤児院の職員たちはキリル君に新しい里親家族が見つかる可能性は、

かなり低いと考えていました。

でもある時、運命的な出会いが…。

詳しいことは次のページからご紹介しています。

是非ご覧ください。

kiriru1




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

毎週火曜日に男性はホームレスの女性とお昼ご飯を食べる→しかしある時、耳を疑うような事実を告げられた…!

世の中には数えきれないほどの、恵まれない人々がいます。 こうしている間にも、世界中で大人だけではなく …

車掌が強行乗車をやめさせるべく放った「一言」→これは言い過ぎ?それとも当然!?

今回ご紹介するのは、JRの車掌さんがお客さんに対して放ったとある言葉についてです。 Twitterユ …

この母親が子供と一緒に海で遊べない理由に誰もが怒りと悲しみを募らせた!

海で遊ぶ父と子どもの姿、夏によくある風景ですね。 大きな海で怖いのか、子どもはお父さんにつかまってい …

「どこがいけないの?」不登校だった妹が卒業文集を書くも先生に却下される…!

あるTwitterユーザーの不登校だった妹が卒業文集を書いたものの、先生に却下されてしまう…!一体どこがいけないの?

被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・

西日本豪雨で被災した人から「助けて」と言われるも、救助を断った高須院長!その真意に称賛の声が続々と寄せられています・・・

PREV : 飼い主に捨てられ、ガリガリに弱っていた猫→保護して数日後、猫の大声とともに驚くべきものを見た!
悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・ : NEXT