Lenon


Lenonをフォローしよう!


元戦艦大和の乗組員は、上官の命が犠牲となって生き延びた→彼が語るあの壮絶な瞬間から学ぶべきことを心に刻みたい…!


「若者よ、君たちが生きるきょうという日は死んだ戦友たちが生きたかった未来だ」

八杉康夫氏は、戦艦大和の乗組員としてその沈没を体験し、上官の命と引き換えに一命を取り留めました。

今回は、いまなお語り部としてその歴史の真実を伝え続ける八杉氏が、

その体験記と共に語るこれからの日本を担う若本たちへ送るメッセージをお届けします。

沈みゆく戦艦大和

【元ネタ一番上の画像】

第一波、第二波と攻撃を受けるうち、大和の後部が白煙を上げたのが八杉氏にも分かったと言います。

なおも攻撃が続き、魚雷が的中した時には震度5にも感じられるほど激しく船体が揺れました。

そうして、次第に大和は傾いていったのです。

砲術学校では「戦艦は15度傾いたら限界」と八杉氏は習っていましたが、

25度、30度と船体はどんどん傾いていったそうです。

それでも、戦闘中は命令が無い限り持ち場を離れることはできません。

その時です。

「総員、最上甲板へ」

そう命令が下りました。

軍には「逃げる」という言葉はありませんが、これは事実上「逃げろ」という意味でした。

この時、大和はすでに50度ほど傾いていましたが、八杉氏はこの時初めて

「大和は沈没するのか」と思ったそうです。

それまでは本当に「大和は浮沈戦艦だ」と思っていたのです。

八杉氏が「もう海に飛び込むしかない」と思ったその時、彼は衝撃的な光景を目の当たりにします。

彼の仕えていた少尉が日本刀を抜いたかと思うと、自分の腹を切ったのです。

噴き出す血を前に、八杉氏は凍りついてしまいました。

船はますます傾斜がきつくなっていき、90度近く傾いた時、八杉氏はようやく海に飛び込みました。

続きは次のページをご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. のらエモン より:

    感謝の気持ち、悼む気持ちに思想の左右は関係ない。そこには政治はもとより人種の違い、宗教すら入り込む余地は無い。
    穏やかに日々を過ごせる事に、ただただ感謝の気持ちを忘れず穏やかに過ごすのみ。

  2. みすぎ より:

    「未来の日本を託す若者たちが歴史を学び、真の日本人になってくれるよう私は大和の真実を語り続け、いつか戦友たちと会った時 『俺も生かされた人生でこれだけ頑張った』 と胸を張りたいと思います」

    真の平和とは歴史から学び、作り上げていくほかない。
    鶴を折ったり、徒党を組んでデモをすれば天から降ってくるものではない。

    > 鳥肌が立ちました。三十代です。私も生かされた人生のなかで、必ず胸を張れるよう友と行きたいと思います。

  関連記事

300円を持って行って170円のパンを購入→おつりの計算の仕方で文系か理系かがわかる!

突然ですが皆さんは学生の頃、文系と理系どちらでしたか? 物事を判断する時などに、文系か理系かでけっこ …

母が夕飯に作ったパンは真っ黒に焦げていた!その時とった一生の教訓となる父の行動とは…?

家族で食卓を囲むというその光景は、 基本的に温かいものですがその場が凍り付いてしまうようなハプニング …

自分の帽子の色を当てて釈放してもらえた囚人は4人のうち1人…IQ180クラスの超難問!

4人の囚人が2種類の色の帽子を1つずつ被ります。 自分の帽子の色を当てることができれば釈放してもらえ …

「黒魔術師」と呼ばれ、家族に捨てられた2歳児…残飯を漁っていた子が仲間と遊ぶ姿に心揺さぶられる!

育児放棄の話題が、日本でも後を絶たない今日。 その理由のほとんどがざっくりいうと、 「言うことを聞か …

シェフが怒鳴り散らす調理場に対する、ある料理研究家の言葉に多くの共感の声!

土井善晴 料理界の第一線で活躍し続けている料理研究家の土井善晴さんは、 関西の家庭料理研究の第一人者 …

PREV : あぁ癒される…子柴犬が飼い主に呼ばれた途端、無邪気なかわいさが大爆発!!
飼い主に捨てられ、ガリガリに弱っていた猫→保護して数日後、猫の大声とともに驚くべきものを見た! : NEXT