Lenon


Lenonをフォローしよう!


明石家さんまの普段の笑顔からは想像もつかない『つらすぎる生い立ち』!大好きな弟、日航機墜落事故・・・


届かない愛

manma1

明石家さんまさんは和歌山県で生まれ、お兄さんの正樹さんと二人兄弟でした。

しかし二人のお母さんは、さんまさんが3歳の時に病気で亡くなってしまうのです。

しばらくしてお父さんが再婚します。

それは、さんまさんが小学校高学年の時でした。

思春期を迎える手前の年頃ですがさんまさんはとても喜び、歳の離れた弟を大変可愛がったそうです。

しかし、継母への遠慮や彼女が実弟ばかり可愛がる事もあり、新しい母との間には見えない壁がありました。

それでもお母さんと親しくなるために、さんまさんは毎日面白いことを必死で考えて、笑わせようとしたそうです。

ここにお笑い芸人の原点があったのですね。

そんな努力のかいもなく、お母さんは二人を自分の子供だとは受け入れてくれなかったそうです。

お兄さんの回想によると、お母さんは隣の部屋で酒を飲みながら自分の子は自分が産んだ子だけだ、

と言っているのを聞いたそうです。

二人は寝床でよく泣いていたそうです。

この母親がトラウマとなり、さんまさんはお酒やお酒を飲む女性が苦手になったのだとか…。

弟との突然すぎる別れ

お母さんとの関係は上手く行きませんでしたが、歳の離れた連れ子の弟さんとは仲が大変良かったそうです。

小さい頃からさんまさんを尊敬し、崇拝していたそうです…。

大変素直な性格でサッカーを得意とし、サッカー部のキャプテンもやりこなしインターハイにも出場、

国体選手にも選ばれた自慢の弟だったようです。

さんまさんもサッカーをやっていましたから、憧れてはじめたのかも知れませんね。

そんな弟をさんまさんは「チビ」と呼んで、溺愛していたそうです。

しかし弟さんは19歳の時、火事が原因で突然亡くなってしまいます。

救ってくれた友

突然、亡くなってしまった弟。

ワールドカップを一緒に見に行こうと約束していた「チビ」の笑顔。

さんまさんは、弟さんの死を受け入れられないでいました。

その頃さんまさんはお笑い芸人として人気があり、知名度も高かったのですが弟を失ったショックで、

笑いを取ることが出来なくなり、本気で芸人を辞めようと考えたこがあるそうです

そんなさんまさんを救ったのは、吉本の同期、オール巨人さんでした。

manma2

共演した舞台での事です。

「お前んち、兄弟焼いたらしいな」

と、巨人さんがきわどいボケを言いました。

さんまさんは、これを励ましと気づきます。

「そや、材木が切れたから代わりに焼いたんや」

とツッコミます。

激怒してもおかしくないこのボケに、さんまさんは救われたのです。

「さんま、芸人やめたらあかんで!」

という思いが通じたのでしょう。

後に「芸人やめんで済むわ」

とオール巨人さんに感謝したとか。

ちなみに、この時の舞台はかなりウケたそうです。

生きてるだけで丸もうけ

1985年8月12日に起きた日本史上最悪の『日本航空JAL123便墜落事故』。

坂本九さんを含む、520名の尊い命が奪われたあの事故を覚えてますか?

その飛行機に、さんまさんは搭乗する予定だったそうです。

当日フジテレビ『オレたちひょうきん族』の収録後に、JAL123に乗り大阪へ行く予定でした。

これも運命なのでしょう、たまたま「ひょうきん族」が早く終わり、一つ前の便で大阪に向かったといいます。

墜落事故のニュースを聞いたさんまさんは、事故当時の生放送ラジオ番組を特番放送に切り替えたそうです。

この事故のショックから、さんまさんは出来るだけ新幹線で移動しているそうです。

幼い頃の母を亡くし、溺愛していた弟も亡くして自分も一つ違えばこの世からいなくなってた命。

そんなさんまさんは、大竹しのぶさんとの間に生まれた娘さんに、

「IMALU」(本名:大竹いまる)と名付けます。

manma3

由来は「生きているだけで丸もうけ」

大事な娘にどれほどの思いが込められているか、さんまさんの過去を思うと、それだけで頷けます。

みんなを巻き込むあの楽しい笑いには、さんまさんの悲しみと優しさから生まれたものなんですね。

さんまさん、いつも楽しく笑わせてくれてありがとうございます。

出典:grape

【関連記事】

さんまとIMALU、親子のひとときを切り取った写真がTwitterで評判になっています!

14歳の時からたった1人で弟を育て上げた『成宮寛貴』母の死を乗り越えた深い兄弟愛に涙が止まらない・・・

結婚10周年!がんで闘病中の渡辺謙さん夫妻から感動のサプライズ披露宴・・・

「お父さんへ」13歳の父親違いの息子が現在の父であるユージに書いた初めての手紙に涙が止まらない…!

「一生忘れない」敵地でイチローが受け、感動した今までではありえなかった”粋な計らい”とは…?

 

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

tikuri

素敵なアイデアに称賛の声!カフェに設置された洒落の効いた看板でマナーの悪いお客にチクリ・・・

マナーが悪い客への対処 時に人は自分よりも弱い立場の人間に向かって、威圧的な態度をとることがあります …

kango

これはゾッとする…!看護師が教える「交通事故に見舞われた後に絶対にやってはいけないこと」とは?

最近、高齢者による交通事故のニュースがたくさんありますね。 交通事故は車や自転車を運転する人がいる限 …

obaba

ルールを守らず、「年寄り扱いするな」と怒るおばあさんにバス運転手が言い放ったド正論な一言!

突然ですが、皆さんはマナーやルールを普段しっかりと守っていますか? マナーやルールを守ることは、皆さ …

dress

4歳の少女がウェディングドレスを着ている切ない光景→その理由に涙が溢れる・・・

この写真を撮影したハイジ・スピランさんはこのように語っています。 「撮影中はいろいろな思いが込み上げ …

bebika

「ママ、久しぶりにベビーカー乗りたい!」4歳になった娘がそんなお願いをした理由と明らかになった4年越しの真実とは?

お子さんいらっしゃる方はおわかりだと思いますが子どもが赤ちゃんの頃、 必ずベビーカーにはお世話になり …

botti
PREV : 生後8週の子猫が、外を独りぼっちでうろついていた→このワンちゃんとの出会いで幸せな運命を手繰り寄せる!
tyuusai
猫のケンカがヒートアップしすぎてマジ喧嘩に!危険なことになる前に止めに入った2匹のワンちゃんが超イケメン・・・ : NEXT