Lenon


Lenonをフォローしよう!


トイレ掃除をしている女性をバカにした学生→そこに居合わせた1人の男性が言い放った言葉が心に響く…!


トイレの清掃員として働く女性

トイレの清掃員は簡単な仕事ではありません。

男女問わず定期的にトイレに入り、便器の隅々まで時には素手で清掃を行わなければなりません。

ある女性の清掃員さんは、ビル清掃会社でパートとして働き、日々トイレを掃除しています。

この女性は元々、正社員として働いていました。

しかし6年前、突然リストラを言い渡されたのです。

その理由は、

「女性だから今後のことを考えて解雇することにした」という無責任なものでした。

そんな彼女にとって、どんな仕事でも必要としてもらえる仕事は有難いものでした。

そんなある日、彼女はとても嫌な経験をしました。

どんな経験でしょうか、気になる方は是非次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 濱田利之 より:

    仕事の大切さのは素敵ですね。私もビルメの会社に居てトイレ掃除は素手していましたね。しかし、その会社は業績不振で私はリストラに遭いましたね。君はまだ若いからと、(笑)世の中はそうした
    ものですね。美談ばかりではなくシビャ
    な現実に翻弄されますね。だからこそ
    美談は美談としての存在価値がありますが。私は決してそれを否定しませんむしろ、今の世の中には必要ですね。

  関連記事

「これって殺人未遂じゃないの?」2人組のおばさんが視覚障害者にかけた言葉にゾッとする…!

2人組のおばさんが視覚障害者の女性に向けて発した言葉が殺人未遂なのではないかと話題に…!ゾッとしてしまうような内容はこちら・・・

盲目の物乞いからメッセージボードを取り上げた身なりの良い男性→別の言葉を書くと突然人々の気前が良くなった!

目の見えない世界。 当たり前のように視覚に頼っている健常者には、想像もできない世界です。 目を閉じて …

悪口や陰口にはこういう風に考えて対処しよう!納得するしかない考えに賛同の声続々…!

自分の悪口や陰口を耳にするのは、とても不快ですね。 耳にした事が頭から離れずあたかも自分に非があると …

「医者が居眠りなんてけしからん!」と告発の目的で投稿したはずなのに意外な反応が…!

誰もが「この職業は激務だろう」と思う職業の中に必ず入っている“医師”という職業。 特に総合病院や大学 …

11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?

11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。 この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知って …

PREV : 「ついて来なせえ」近所のボス猫さんに誘われてついて行くと、そこでは嬉しい優しさが待っていた!
飢えと病気でみすぼらしい状態だった犬を助けた獣医→でもそれは犬ではなかった…! : NEXT