Lenon


Lenonをフォローしよう!


「たまには父さんと…」と朝まで父親に飲み連れ回された娘→その行動に隠された真意にハッとさせられる・・・


父親と娘の関係

年頃の娘にとって、父親の存在というのは、

『うるさい』『面倒くさい』…

と、世のお父さんたちにはとても悲しくなるような言葉だと思いますが、このようなネガティヴな表現で表される存在である事は致し方ない事実ですよね。

幼い時には『パパのお嫁さんになる♡』なんて可愛い事を言っていても、成長と共に父親より母親の方が相談もしやすい相手となり、圧倒的に父親は不利な存在になります。

何故でしょう…。

母親に怒られてもそうはならないのに、父親に怒られると「イラッ!!」としてしまう…。

これが思春期というものなのでしょう。

年を追うごとにそんな事はなくなるものです。

一時(ちょっと長めの)の事なのです。

しかし娘を愛する父親にとって、年頃の娘の交友関係や遊び方など、心配で心配で気が気じゃないですよね。

当然、仲の良い父娘関係の方々もいらっしゃると思いますが、ここでは年頃の娘に対しての教育について頭を悩ませ、そして結果的にその気持ちが娘に届いたという素敵なエピソードを紹介したいと思います。

父親が年頃の娘を飲みに誘うところから、このお話は始まります…。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

満員で受験会場に向かう女子中学生が電車に乗れない!涙ぐむ彼女たちを見ていた男子中学生たちがとった行動とは?

時間に厳しい日本では通勤、通学の時間帯は目的地に向かう人たちで民族大移動のような状態になります。 電 …

11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?

11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。 この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知って …

スタバで「ドリップをショートで」と頼んだのにサイズをもう一度聞かれた理由にほっこりする・・・

いくらおしゃれで素敵なお店で、も店員さんの対応でお店の評価は大きく変わります。 また店員さんの態度は …

居酒屋を予約すると「聴覚障害者の方は初めてで…」と言われた→そんなお店の対応は涙が出るほど素晴らしい…!

突然ですが、皆さんにとって当たり前の生活とは何ですか? 朝起きてご飯を食べ、歯を磨いてから会社に行く …

認知症の母親を殺害した息子!しかしそこには裁判官も涙したつらい真実が隠されていた・・・

現在、少子化高齢化が進んでいるといった報道が多いかと思います。 そして高齢化とともに問題になってくる …

PREV : このテレビを見て寛いでいるおじさん、何かブルドッグにそっくりですね・・・!?
「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる! : NEXT