Lenon


Lenonをフォローしよう!


被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・


高須院長へのSOS

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨。

各地で家屋浸水や土砂崩れなど、甚大な被害をもたらしました。

救助を求める被災者の声が、Twitter上でも数多く投稿されています。

そんな中、高須克弥院長に被災者からのSOSが届きました。

高須院長は医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、

災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

投稿者さんの中には、

「高須院長は人助けに積極的な人だから助けてくれる」「拡散してくれる」

といった考えがあったのでしょう。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ります。

なぜ高須院長は被災者の求めに応じなかったのでしょうか?

称賛の声が多く寄せられたその真意を、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「何で言うこと聞かないの!?」ママの嘆き、他人から見ると理由は明白だった…?

朝から夜まで、24時間体制で世話をする子育ては本当に大変です。 次から次へと問題を起こすので、ママ達 …

富士そばの超ホワイト企業ぶりが明らかに!その実態に称賛の声続々・・・

母の教え みなさんは『名代 富士そば』を展開しているダイタングループをご存知ですか? ここは、「超」 …

「治療する気がないなら病院来るな」値段の高い薬を捨てる老人に対する声に考えさせられる・・・

日本国民は全員、何らかの公的な医療保険に加入するという『国民皆保険制度』があります。 そのおかげで、 …

うっかり女性専用車両に乗ってしまった男性がおばさんに「降りろ」と執拗に責め立てられた!その時、OLのこの言葉がおばさんをタジタジに・・・

誰でも1度や2度の間違いやミスは犯すものです。 ロボットではない限り、それは仕方のないことですね。 …

自閉症で休学している妹を「家ばかりで暇だろぉ」と嘲笑った教師!翌日、小学生の兄がとった行動に胸が熱くなる・・・

行きたくても学校へ行けない子供たちがいます。 「不登校」と一言では片づけられない複雑な事情が子供たち …

PREV : 悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・
「ペットは家族だから」西日本豪雨で被災した市長のツイートに日本中の飼い主から称賛の声続々! : NEXT