Lenon


Lenonをフォローしよう!


被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・


高須院長へのSOS

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨。

各地で家屋浸水や土砂崩れなど、甚大な被害をもたらしました。

救助を求める被災者の声が、Twitter上でも数多く投稿されています。

そんな中、高須克弥院長に被災者からのSOSが届きました。

高須院長は医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、

災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

投稿者さんの中には、

「高須院長は人助けに積極的な人だから助けてくれる」「拡散してくれる」

といった考えがあったのでしょう。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ります。

なぜ高須院長は被災者の求めに応じなかったのでしょうか?

称賛の声が多く寄せられたその真意を、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飛行機でパニックになっていた親子を救った男性!こんな優しさで溢れて欲しい・・・

こんな優しさが広まると良いだろうと言うエピソードをご紹介!飛行機でパニックになっていた親子を救った男性がとった行動とは?

白血病に苦しむ10歳の息子の姿をネットに公開!懸命に生きる母と息子の姿に涙がとまらない・・・

日本人の死亡原因の1位はガン(悪性新生物)だと言われています。 世界のがん患者は2012年時点で1, …

震災で7人の命を救った災害救助犬『ダイゴ』→しかしそれと引き換えに待っていた悲しすぎる運命とは…?

2016年4月14日に発生した熊本地震では、多大な被害の爪痕が残ってしまいました。 現在も、復興に向 …

母親がウトウトしていると、隣で寝ていた赤ちゃんの脈が止まっていた!その原因はスマホだった・・・

カザフスタンで起きた出来事です。 赤ちゃんと添い寝をしていたお母さんは、自分もついウトウトと寝入って …

駐車場で危険な運転をしていた営業マン→女性が放った一言でスカッとした!

スーパーやコンビニの駐車場で、 「危ない!」と声を上げたくなるほどの運転をする人を見かけたことはあり …

PREV : 悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・
「ペットは家族だから」西日本豪雨で被災した市長のツイートに日本中の飼い主から称賛の声続々! : NEXT