Lenon


Lenonをフォローしよう!


被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・


高須院長へのSOS

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨。

各地で家屋浸水や土砂崩れなど、甚大な被害をもたらしました。

救助を求める被災者の声が、Twitter上でも数多く投稿されています。

そんな中、高須克弥院長に被災者からのSOSが届きました。

高須院長は医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、

災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

投稿者さんの中には、

「高須院長は人助けに積極的な人だから助けてくれる」「拡散してくれる」

といった考えがあったのでしょう。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ります。

なぜ高須院長は被災者の求めに応じなかったのでしょうか?

称賛の声が多く寄せられたその真意を、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2018年3月11日、福島の高校生がツイートした今の現状に綴られた真実とは?

2018年3月11日に投稿されたあるツイートが話題に!福島の高校生が綴った福島の今の現状が表している真実とは…?

父を亡くして戸籍を取り寄せた時、昭和10年代が壮絶な時代だったことを思い知った…!

ある方の父親が亡くなって戸籍を取り寄せた時に、昭和10年代の壮絶な苦労を思い知ることに…!衝撃事実はこちら・・・

一番の防災は「忘れないこと」!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?

東日本大震災からもうすぐ6年…!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?「忘れない」という一番の防災の助けとなる広告はこちら・・・

この文章の中にあなたが無意識にしてしまっていることが潜んでいる!あなたはこの秘密に気づいていますか?

私たちが普段使っている日本語。 私たち日本人でも、 「この日本語なんて意味だろう?」や「この敬語で合 …

ゆっくり横断歩道を渡っているおばあさんに何度もクラクションを鳴らす男性!それに対するおばあさんの猛反撃がこちら・・・

年齢を重ねれば当然、足腰が弱くなります。 横断歩道を渡っていても若い頃のようには歩けません。 お年寄 …

PREV : 悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・
「ペットは家族だから」西日本豪雨で被災した市長のツイートに日本中の飼い主から称賛の声続々! : NEXT