「ミスをした者をこれでもかと叩く…」吉田麻也が川島永嗣へのバッシングをぶった斬る! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ミスをした者をこれでもかと叩く…」吉田麻也が川島永嗣へのバッシングをぶった斬る!


子供たちに見てほしいもの

川島選手に対するバッシングに憤りを感じているためか、

ツイートでは「ミスした者をひたすら叩きのめす悪しき風潮」という厳しい表現をしています。

そして子供たちには、

「仲間が苦しんでいる時にどう助け合うか」「プレッシャーに負けず、立ち向かう選手の姿勢」

などを見てほしいと語りました。

批判や重圧の中、西野監督はそれでも川島選手をポーランド戦に出場させました。


安定した守備を見せる川島選手が大きな活躍を見せたのは、前半32分の時です。

ポーランドの選手がヘディングシュートをゴールへ放ちましたが、

川島選手はそれを横っ飛びでセーブしました。

試合結果では負けてしまったものの、

川島選手のスーパーセーブがなければグループリーグ敗退の可能性もあったのです。

バッシングの中で懸命に戦い、活躍したこの姿勢にこそ注目してほしいと吉田選手は思ったのでしょう。

続きは次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「そう教えられてきたのか…」今の学生の『ある共通点』に准教授は思わず失望!

あるTwitterユーザーが投稿したツイートが話題に!今の学生のある共通点に准教授が失望!?その理由はこちら・・・

母親の行動が家族の命を救う!家中の蛇口を全開にし床にしゃがみ込んだ結果・・・

2017年6月14日の夜、ロンドンにある24階建ての高層住宅で火災が発生しました。 炎は瞬く間に建物 …

『ありがとうの反対語』って?北斗晶が語った感動エピソードに誰もが涙…!

皆さんは『ありがとうの反対語』が何か知っていますか? ちなみに筆者は、ありがとうの返しに使われる 「 …

「大丈夫?」という質問に「大丈夫」と答える子の裏にある真実とは?教師が語る言葉に涙が溢れる・・・

教師といえば、親の次に生徒を心配してくれる『大人』ではないでしょうか。 特に学校生活では、教師の目配 …

上司の反対を押し切って24時間営業をやめた当時のモスバーガーの店長!結果売り上げが80%ダウンしたものの・・・

日本人は働きすぎだと言われています。 24時間営業が当たり前の飲食業界でも、過労で体を壊す方が後を絶 …

PREV : 「ズレてるよ・・・」マスコミに対するサッカー日本代表の本田圭佑が呈した異例の苦言がこちら!
飼い主の術中にはまって全てを悟り、絶望した表情を浮かべるワンちゃんが分かりやす過ぎる(笑) : NEXT