Lenon


Lenonをフォローしよう!


「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・


「普通じゃない」

その一言で、人間は偏見を持ちます。

特に、見た目が異なると相手の内面を理解せずに差別し遠ざけ、イジメの対象にするのではないでしょうか?

1980年の名作映画『エレファントマン』(監督デビッド・リンチ)では、

生まれつき奇形だった主人公が見世物小屋に立たされ、

ある理解者に会うものの自ら命を絶ってしまう悲しい物語がありました。

そしてこれからご紹介する映画も、見た目は「普通の子に見えない」10歳の男の子の物語です。

しかし、この映画は「悲しい感動物語」ではなく、「あたたかな涙の流れる感動物語」なのです。

実写版『美女と野獣』の脚本を担当したスティーブン・チョボスキー監督が手掛け、

主役のオギー君を演じるのは天才子役のジェイコブ・トレンブレイ君。

お母さん役は名女優のジュリア・ロバーツさんです。

それでは話題の感動映画『ワンダー 君は太陽』について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女子高生のスカートに犯罪の手が忍び寄る→でもこれを見た手の主はその手を引っ込めた…!

2009年における電車内での強制わいせつの認知件数は340件です。 迷惑防止条例違反のうち、痴漢行為 …

「『人見知り』とはガキだけに許された言葉」GACKTが自身の体験から生み出した考えの真意とは?

近年インターネットの大幅な普及により、ネット通販など便利な世の中になりました。 家から出なくても自分 …

大雨の日に電車内で滑って転んだおじさんを嘲笑した大学生!しかし大学生はその後の展開に凍りつく・・・

転んだおじさん 大学3回生の終盤だった男性は、就職活動に日々力を入れていました。 ある日、大手の会社 …

満員電車に乗っていたら「押してんじゃねぇぞ!」と罵倒されたものの、見事な切り返しを言い放つ!

あるTwitterユーザーが満員電車に乗っていたら、「押してんじゃねぇぞ!」と罵倒されてしまう!しかしとっさに見事な切り返しを言い放つ・・・

お昼を理由に採用面接の時刻から40分待たせた担当者の開口一番に発した言葉がこちら…!

採用面接が始まる時刻にも関わらず、お昼を理由にその40分後に現れた担当者!彼が開口一番に発した言葉がこちら・・・

PREV : 安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・
昼寝中の飼い主に近寄った柴犬が数秒後にとった行動が幸せそのものだった・・・ : NEXT