Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…!


発達障害

「どうしても部屋が片付けられない」「雑音が気になる」

「字が上手く書けない」「会話の空気が読み取れない」など、

日常のちょっとしたことが障害となる『発達障害』が一般的に認識され始めたのは、

最近のことではないでしょうか。

『発達障害』とは脳機能障害の一種で、他人とのコミュニケーションをとるのが得意ではありません。

遺伝と環境が原因とされていますが、はっきりとしたことは分かっていないのが現状です。

それでも間違いなく言えるのは、「本人のせいではない」ということです。

コミュニケーションが苦手なばかりに、イジメの対象となりがちな発達障害。

根本的な治療はまだ発見されていませんが、周囲の適切な対応で症状を緩和させることが出来るそうです。

そこで発達障害の子供に対する話し方をまとめた表を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お母さんがレストランで赤ちゃんのミルクをこぼしてしまった!その時のウエイターの親切心に感動・・・

これは、米国のアーカンソー州にあるレストランで起こった出来事です。 ある日母親のダラスさんは、生後4 …

「ミスをした者をこれでもかと叩く…」吉田麻也が川島永嗣へのバッシングをぶった斬る!

「ミスをした者をこれでもかと叩く…」サッカー日本代表の吉田麻也が、同じ日本代表の川島永嗣に対する世界中での執拗なバッシングを一刀両断!

「名前は忘れてもいい」中尊寺金色堂を拝観していた親子の会話にハッとさせられる…!

大人になって初めて見る景色には、懐かしさも思い入れもありません。 しかし、子供の頃に見た風景を大人に …

実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・

動物保護活動に従事してきた環境活動家のリンダ・コーブナーさんは、23歳の時に動物実験場のチンパンジー …

そりゃあすれ違うよね〜…「まさにコレ!」と思わず納得してしまう男女の違いがこちら・・・

どうしても分かり合えない部分の多い男女。 そもそも男女は、自分と違った感性を持つ人に惹かれやすい傾向 …

PREV : 他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?
自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…! : NEXT