Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…!


発達障害

「どうしても部屋が片付けられない」「雑音が気になる」

「字が上手く書けない」「会話の空気が読み取れない」など、

日常のちょっとしたことが障害となる『発達障害』が一般的に認識され始めたのは、

最近のことではないでしょうか。

『発達障害』とは脳機能障害の一種で、他人とのコミュニケーションをとるのが得意ではありません。

遺伝と環境が原因とされていますが、はっきりとしたことは分かっていないのが現状です。

それでも間違いなく言えるのは、「本人のせいではない」ということです。

コミュニケーションが苦手なばかりに、イジメの対象となりがちな発達障害。

根本的な治療はまだ発見されていませんが、周囲の適切な対応で症状を緩和させることが出来るそうです。

そこで発達障害の子供に対する話し方をまとめた表を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「どう見ても黒なことを白にするよう頼まれたら?」この質問に対する北村弁護士の回答に大絶賛の嵐!

『行列のできる法律相談所』などに出演している北村晴男弁護士。 基本的には口数が少なくクールな感じです …

この文章の中にあなたが無意識にしてしまっていることが潜んでいる!あなたはこの秘密に気づいていますか?

私たちが普段使っている日本語。 私たち日本人でも、 「この日本語なんて意味だろう?」や「この敬語で合 …

「店員は子供のイタズラに怒っているのではない」接客業で働く人のツイートに共感の嵐!

スーパーマーケットなどで、子どもが走り回る光景をよく見かけます。 「キャッ、キャッ」と騒ぎながら店内 …

老人ホームで家族に看取られることなく亡くなった気難しい老人→彼が看護師に宛てた手紙に涙・・・

一人の老人が家族の看とりもないまま孤独に人生の最後を終えました。 老人ホームでは看護師が彼のいた部屋 …

重病の妹に血を分けると決意した少年の思い→その時の少年からの質問が医者の胸に突き刺さる…!

ある町に重病で苦しんでいる5才の女の子、リズちゃんがいました。 医師のジム・クラークさんはリズを何と …

PREV : 他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?
自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…! : NEXT