Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害の子供へのより良い話し方をまとめた「声かけ変換表」に反省させられる…!


発達障害

「どうしても部屋が片付けられない」「雑音が気になる」

「字が上手く書けない」「会話の空気が読み取れない」など、

日常のちょっとしたことが障害となる『発達障害』が一般的に認識され始めたのは、

最近のことではないでしょうか。

『発達障害』とは脳機能障害の一種で、他人とのコミュニケーションをとるのが得意ではありません。

遺伝と環境が原因とされていますが、はっきりとしたことは分かっていないのが現状です。

それでも間違いなく言えるのは、「本人のせいではない」ということです。

コミュニケーションが苦手なばかりに、イジメの対象となりがちな発達障害。

根本的な治療はまだ発見されていませんが、周囲の適切な対応で症状を緩和させることが出来るそうです。

そこで発達障害の子供に対する話し方をまとめた表を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

学校で自転車を盗まれた→学校は「お前が悪い」と一蹴!警察に駆け込むと・・・

Yさんは自転車で学校へ通っていました。 ある日学校内で自転車を盗まれてしまいました。 校内で盗まれた …

「僕は絶対にしない」中学生の甥が語った授業内容が想像しただけで背筋が凍りそう…!

あるTwitterユーザの甥っ子さんで現在中学生の方が語った授業の内容が、想像しただけで背筋が凍りそうだと話題に…!

心優しい少年は、がん患者のためにイジメられても髪を伸ばし続けた→しかし、少年自身に非情な宣告が下される…!

少年は、からかわれても髪の毛を伸ばし続けていました。 米カリフォルニア州、サクラメント近郊の町ローズ …

西武ライオンズの栗山巧が球場で目にした光景→そしてヒーローインタビューで観客に向けて送ったメッセージに胸が熱くなる!

野球少年にとってプロ野球選手は憧れの存在です。 選手のサインが入ったボールをもらえれば、それは一生の …

覆面パトカーだと気づかずに煽りまくった高級車→おバカの結末はご想像通り・・・

ある高速道路での実際にあった話です。 なんとも呆れかえってしまうような場面が車載カメラに収められてい …

PREV : 他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?
自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…! : NEXT