Lenon


Lenonをフォローしよう!


期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?


アメリカへの留学

16歳の服部剛丈(よしひろ)さんは、英語教室を開いていた母親の影響でアメリカに興味を持ち、

1992年の夏にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュへ留学することにしました。

ホームステイ先は3人家族で、息子さんは剛丈さんと同世代のウェブさんと言います。

彼は優しいホストファミリーと共に留学生活を送る中、

家族に宛てた手紙や日記に様々なことを書き連ねていました。

中でも印象的な一文がこちらの言葉です。

「どこの国へ行くにしても、その国を『第二の故郷』と堂々と呼べるようになれば素晴らしい」

剛丈さんは、

「留学先がどこであろうと、そこで有意義な時間を過ごしたい」

という願いをこの文章に込めていたのでしょう。

そんな彼を待ち受けていた残酷な運命について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

『エスカレーターの片側を空ける』のは正しいマナー?ある障害者のツイートに考えさせられる・・・

『エスカレーターの片側を空ける』と言う行動は正しいマナーだと思いますか?ある障害者のツイートに考えさせられる・・・

感動の実話です!優秀すぎる嫌われ者の女性部下が金曜日に必ず休む理由に涙が止まらない・・・

実話を元にタイのワコールが製作 タイのCMを私は初めて見ました。 初めは暗い色彩で単調に過ぎていきま …

武井壮への質問「なぜ勉強しないといけないの?」→「した方がいいに決まってるだろ!」こう答えた理由が素晴らしすぎる!

武井壮 今回ご紹介するのは、今話題になっている武井壮さんのツイートです。 武井さんは東京都葛飾区出身 …

埼玉スタジアムでサウジアラビアのサポーターがゴミ拾い!その時の笑顔に感動・・・

ワールドカップ最終予選 スポーツの大きな大会や様々なイベントなどで、大勢の人が集まると必ずゴミが発生 …

「私は83歳です、あなたは?」席を譲って欲しかった老人にこう質問されたサラリーマンの回答が斬新!?

席を譲ること 『お年寄りや体の不自由な方に席を譲りましょう』 このようなステッカーを、公共の交通機関 …

PREV : 愛があれば病気なんて関係ない!施設でカップルが病気を抱えた6歳の猫に一目惚れした結果・・・
失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは? : NEXT