Lenon


Lenonをフォローしよう!


期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?


アメリカへの留学

16歳の服部剛丈(よしひろ)さんは、英語教室を開いていた母親の影響でアメリカに興味を持ち、

1992年の夏にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュへ留学することにしました。

ホームステイ先は3人家族で、息子さんは剛丈さんと同世代のウェブさんと言います。

彼は優しいホストファミリーと共に留学生活を送る中、

家族に宛てた手紙や日記に様々なことを書き連ねていました。

中でも印象的な一文がこちらの言葉です。

「どこの国へ行くにしても、その国を『第二の故郷』と堂々と呼べるようになれば素晴らしい」

剛丈さんは、

「留学先がどこであろうと、そこで有意義な時間を過ごしたい」

という願いをこの文章に込めていたのでしょう。

そんな彼を待ち受けていた残酷な運命について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

セリーヌ・ディオンが子供たちに「父の死」を伝える時にとった方法が感動的だと話題に!

愛する夫を亡くしたセリーヌ・ディオン!子供たちに父親が死んだことを伝える時にとった方法が感動的だと話題に…!詳細はこちら・・・

ガソリンスタンドにマナー違反者現れる!その時、賛否両論を巻き起こしたスタッフの鉄槌とは?

ガソリンスタンド 今では、「セルフ」のガソリンスタンドは当たり前です。 スタッフが給油をする場合は心 …

車椅子の女性が見たハロウィンの日の多目的トイレで見た光景が悲惨すぎる・・・

毎年10月31日は、「ハロウイン」の日です。 仮装に工夫を凝らした人々が集まって、繁華街は賑やかで楽 …

満員で受験会場に向かう女子中学生が電車に乗れない!涙ぐむ彼女たちを見ていた男子中学生たちがとった行動とは?

時間に厳しい日本では通勤、通学の時間帯は目的地に向かう人たちで民族大移動のような状態になります。 電 …

本当に責めるべきは誰?JRで駅員に苦情を言い放っているようだけど・・・

天災や人身事故などで、電車が止まることがあります。 通勤・通学の時間帯に起こると、焦る人も多いでしょ …

PREV : 愛があれば病気なんて関係ない!施設でカップルが病気を抱えた6歳の猫に一目惚れした結果・・・
失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは? : NEXT