Lenon


Lenonをフォローしよう!


期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?


アメリカへの留学

16歳の服部剛丈(よしひろ)さんは、英語教室を開いていた母親の影響でアメリカに興味を持ち、

1992年の夏にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュへ留学することにしました。

ホームステイ先は3人家族で、息子さんは剛丈さんと同世代のウェブさんと言います。

彼は優しいホストファミリーと共に留学生活を送る中、

家族に宛てた手紙や日記に様々なことを書き連ねていました。

中でも印象的な一文がこちらの言葉です。

「どこの国へ行くにしても、その国を『第二の故郷』と堂々と呼べるようになれば素晴らしい」

剛丈さんは、

「留学先がどこであろうと、そこで有意義な時間を過ごしたい」

という願いをこの文章に込めていたのでしょう。

そんな彼を待ち受けていた残酷な運命について、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

王子駅に貼り出され、一度は撤去された「胸が痛くなる貼り紙」に対する駅長の粋な計らいとは?

よく、電柱やガードレールに広告が貼られています。 施設の管理者の許可を得て貼り紙をしている方もいます …

感動の実話です!優秀すぎる嫌われ者の女性部下が金曜日に必ず休む理由に涙が止まらない・・・

実話を元にタイのワコールが製作 タイのCMを私は初めて見ました。 初めは暗い色彩で単調に過ぎていきま …

手つかずの料理が置かれたテーブルの写真が2万回以上のシェアをされている理由とは?

アメリカで暮らすブリタニーさんはある日、 レストランで食事をとっているときに1枚の写真を撮ってFac …

18歳の少女が毎日3個のリンゴしか食べない生活を5年続けた結果…痩せるってどういうこと?

有名なエージェンシー「エリート」で文字通りモデルのエリートを目指すことになった少女は、 華やかな世界 …

サッカーの試合中に敵チームのGKが倒れた→人種差別にも屈せず命を救ったトーゴ代表の選手に拍手喝采!

差別はいけない事ですが、差別はなくなりません。 差別にも色々あり、身分・職業・地域・人種など、その種 …

PREV : 愛があれば病気なんて関係ない!施設でカップルが病気を抱えた6歳の猫に一目惚れした結果・・・
失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは? : NEXT