Lenon


Lenonをフォローしよう!


期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?


アメリカへの留学

16歳の服部剛丈(よしひろ)さんは、英語教室を開いていた母親の影響でアメリカに興味を持ち、

1992年の夏にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュへ留学することにしました。

ホームステイ先は3人家族で、息子さんは剛丈さんと同世代のウェブさんと言います。

彼は優しいホストファミリーと共に留学生活を送る中、

家族に宛てた手紙や日記に様々なことを書き連ねていました。

中でも印象的な一文がこちらの言葉です。

「どこの国へ行くにしても、その国を『第二の故郷』と堂々と呼べるようになれば素晴らしい」

剛丈さんは、

「留学先がどこであろうと、そこで有意義な時間を過ごしたい」

という願いをこの文章に込めていたのでしょう。

そんな彼を待ち受けていた残酷な運命について、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

コンビニで商品の蓋を開けた子供の親に対応したら親が逆ギレ!その理由に唖然・・・

コンビニやスーパーマーケットなどには様々なお客さんがやってきます。 そこで働く店員さんは、些細なクレ …

高学歴の公務員が同級生が高卒であることをバカにした!しかし、同級生からのある一言に何も言い返せなかった・・・

社会人になると、同窓会のお知らせが届くようになります。 卒業後、ほとんど会うことがなかった同級生に会 …

バス停を占拠する女子高生達に杖をぶつけてしまった老人→女子高生が振り向いた先には背筋の凍る光景が…!

周囲に中学校、高校が多く点在する区域。 住宅街も多く、幅広い年齢層が利用するバス停。 夕方になると必 …

ラーメン屋で「いただきます」と言ったら笑われた!それを見ていた親子の会話に溜飲が下がる・・・

「いただきます」「ごちそうさま」は食事の時の基本的なマナーです。 幼い頃、親に教わりましたよね。 食 …

長女が誕生した窪塚洋介が”イクメン”という言葉は間違っていると否定→その真意に称賛の声続々!

共働きの家庭が増えるに伴って、育児に関する考え方も変化してきています。 一昔前までは自分の子どもでも …

PREV : 愛があれば病気なんて関係ない!施設でカップルが病気を抱えた6歳の猫に一目惚れした結果・・・
失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは? : NEXT