Lenon


Lenonをフォローしよう!


11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・


子供の臓器移植

『臓器移植』という医療行為があります。

人の死をもって病気で苦しんでいる人の命を救う臓器移植は、

ドナーカードか配布されるなど日本でも認識されてきました。

しかし、提供者が子供の場合はどうでしょうか?

まれに両親の勇断により臓器を提供するお子さんがいますが、

脳死状態のお子さんを前にしての決断は相当な覚悟があったと想像します。

そのような子供の臓器移植の中で、子供が自ら提供者になることを決断した男の子がいました。

上の写真は手術室から運び出された男の子の遺体に、

深々と頭を下げて敬意を示している医師たちの姿です。

世界的に話題になった写真なのですでにご存知の方もいると思いますが、

自分の短い命を知って勇断を下した少年のお話を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「文句を言ってくるお客は必ず…」小売業のバイトで痛感した真理に賛同の声続々!

コンビニや100円ショップは、今やどこの町にも見られる身近なお店です。 そんな小売業でアルバイトをし …

「山を舐めるな!」中学の全校登山で全員ジャージに着用を強制したら1人の先生が・・・

2017年3月27日、雪崩の起きやすい春山で悲惨な出来事がありました。 栃木県那須町で登山講習中の大 …

「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…!

京都への観光は、今も昔も変わらない人気ですね。 現代からいにしえへ時間旅行をするような魅力があるから …

ドリフの番組が有害だとされていた時代に、ある作家が残した言葉にハッとさせられる…!

加藤茶さんや志村けんさんをはじめとしたコントグループ「ザ・ドリフターズを」、 日本人であれば一度は耳 …

成長を見守ってあげて!ツバメの巣を勝手に壊してはいけない理由・・・

日本野鳥の会によれば、全国の都市部や市街地でツバメのヒナの数が減少していることが調査で明らかになった …

PREV : 「犬も一生忘れないと思う」椎名桔平が愛犬を手放すことになった悲しい事情とは?
「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・ : NEXT