Lenon


Lenonをフォローしよう!


オリラジ中田の考える『良き夫』に目からウロコ…全国の旦那様必見!「よく○○、よく○○」とは!?


お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」のボケ担当で大活躍中の中田敦彦さん。

最近は「perfect human」で切れきれのダンスを披露して注目を集めています。

慶応大学出身という事もあり、鋭く的を得た意見でバラエティーにも引っ張りだこ。

タレントの福田萌さんを奥様に持ち、二歳の娘を育てるパパでもあります。

attyan

そんな中田さんが、娘さんが1歳の時意識を変えた「夫の働き方」について語りました。

中田さんは、芸人としては異例の週休1〜2日休みを主張していて、その道のりは簡単ではなかったようです。

中田さんの今の生活は、朝必ず家族とご飯を食べ、

仕事が終わり帰宅が早い日は子供とお風呂、

夕飯を食べたら週に2、3回は必ず子供を寝かしつけているとのこと。

育児と家事の配分はやはり奥様が圧倒的に多く、

いつまでも経験値の差を理由に奥様に頼れないという自覚はあったと中田さんは語ります。

研修生の気持ちで挑んでいるそうです。

中田さんの以前までの意識

独身時代の中田さんは、週4回は同じ先輩とお酒を飲みにでかけ、朝まで飲んでいたのだとか。

今は決まった相手はおらず、

誰かの誕生日や特別なイベントや同期、

学生時代の友人などとたまに飲む位にしているようです。

結婚1〜2年の間は休みなく働き続けていた中田さんは、

子供が生まれても相変わらず働き続けていて、

ついに娘が1歳の時、奥様のストレスが限界に訪れたと言います。

「ママの孤独も少子化も、全ては男性の長時間労働の問題」

そう言われ、ワークライフバランス社代表の小室淑恵さんの記事を見せられたりしたそうです。

それまでの中田さんの奥様は託児所やママ友、

岩手に住む母親、色々な人の手を借りて子育てと仕事を両立していました。

安心して頼れる受け入れ先もあり、

自分がお金を稼げば託児所もより利用できる、妻は楽になると信じて疑わなかった中田さん。

しかし、奥様が求めていたのはそこではありませんでした。

目の前にいる夫の力

「子供を誰かに預けている後ろめたさ」と葛藤していたという奥様。

もう一人の親である夫に子供を任せる時に唯一、

「見ておいてね」と気兼ねなく仕事に行け、自分の自由な時間を全うできていたのです。

それに気付くのに中田さんは少なからず時間を要しました。

奥様の訴えを機に、マネージャーに週1日の休日交渉をする事に。

それは簡単なことではありませんでした。

中田さんの業界では休みを希望するなどご法度に近いとのこと。

冠番組やMCを持った大御所では無い限り、休日=仕事が空いた日が普通だからです。

自ら休みを希望すると、

「何様だよ」

「もうそんなご身分?」

と反発を受けることになるのです。

タレントのスケジュールを入れていく事務所体制も難関でした。

中田さんの事務所の場合はテレビ、劇場、営業、それぞれ違う部署の為に方針事情が違ったのです。

既にある体制にメスを入れ、納得してもらうにはかなりの調整が必要でした。

奥様のSOSが出てから中田さんが週1日の休日を実現するまでには、半年の月日がかかりました。

中田さんは仕事の話を頂いても何でも引き受けず、心を鬼にして精査。

休みを確保するのは簡単ではないと語ります。

このジレンマは、芸能界固有のことだと思うかもしれませんが…。

会社員の男性も同じ壁にぶつかっていることが最近分かったと言います。

既婚者男性の持つ悩み…!

中田さんの奥様が仲良くしているママ友とは家族ぐるみの付き合いで、旦那さん同士で話す機会があるようです。

ある夫Sさんは嘆いていたそうです。

大手外資系企業で働くSさんは、平均的同世代男性より稼ぎが良い代わりにハードワーク。

朝から晩までみっちり働き、休みは無いに等しい。

仕事のストレスも少なくなく、

それに耐えつつ空き時間や僅かな休日には全て子育てに時間を費やしているとのこと。

Sさんとしてはこれ以上無いほど尽力している。

それにも関わらずSさんの奥様は、

「家事と育児は全て私任せ!」 と不満を感じているというのです。

一体何が問題なのでしょうか?



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    賃金体系の変化で成果や働きぶりに対して給料が安すぎる現代日本。
    その中で、女性の低賃金ぶりに対しては「差別である」と企業を批判するメディアたちが、男性の低賃金ぶりに対しては「よく稼ぎよく稼げない男性が半人前なだけ」と勤労者側に難癖をつける。

    それこそが性差別なんだということを、メディアの中の人もそろそろ気づいても良い頃合いだと思います。

  関連記事

「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・

人の成長は、自分の成長の時間と同じではありません。 親子の場合がそうですね。 他人の子供は成長が早い …

悪口や陰口にはこういう風に考えて対処しよう!納得するしかない考えに賛同の声続々…!

自分の悪口や陰口を耳にするのは、とても不快ですね。 耳にした事が頭から離れずあたかも自分に非があると …

自分の運をあげたい時は”コレ”!萩本欽一のハッとさせられる教えとは・・・?

損をしろ! 人と付き合うときは率先して損な役回りに徹するべきだと萩本欽一さんは語っています。 そうす …

元戦艦大和の乗組員は、上官の命が犠牲となって生き延びた→彼が語るあの壮絶な瞬間から学ぶべきことを心に刻みたい…!

「若者よ、君たちが生きるきょうという日は死んだ戦友たちが生きたかった未来だ」 八杉康夫氏は、戦艦大和 …

「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!

出産をした直後は、身の回りのお世話を誰かがしてくれます。 お母さんは好きなだけ赤ちゃんの側にいられま …

PREV : 人間にほとんど懐かない白鳥を手厚く看病したら親愛のハグをしてくれた!常識を超えた絆に感動・・・
学生最後のダンスパーティー、パートナーはガールフレンド…じゃなくて可愛い猫ちゃん! : NEXT