殺人率世界一とされる国のスラムに住む子供のため、日本人が作ったものに心揺さぶられる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


殺人率世界一とされる国のスラムに住む子供のため、日本人が作ったものに心揺さぶられる…!


藤山森が作ったもの

殺人率世界一のホンジュラスという国で活動している藤山森さんが決意を固めたきっかけは、

カルメンちゃんという女の子です。

彼女はスラムで暮らす子で、オレンジをいつも売っています。

藤山さんが、毎回オレンジをたくさん買っているうちに仲良くなりました。

ある日カルメンちゃんに渡された手紙には、

「いつか、友達みんなと、安全で壊れない家に住んでみたいな」という夢が描かれていました。

その瞬間、気持ちに火がついた藤山さんはすぐ行動を起こします。

学校に通いながらアルバイトをし、

さらに非営利団体「SHH(Students Helping Honduras)」を立ち上げました。

そして3年で募金額3,000万円を集めます。

そしてついに2006年、彼がホンジュラスで作り始めたのは「村」でした。

藤山さんの夢

ホンジュラスに土地を買ってスラム街の人々と協力し合いながら3年の月日をかけ、

様々な整備や建物の建設を行ってついに「ソレアダ村」が完成します。

その中には、カルメンちゃんが手紙で描いた安全な家として、コンクリート製の家もありました。

藤山さんは現在もSHHの代表として活動を続けており、

彼の今の夢はホンジュラスに学校を1,000校建てることです。

適切な教育を受けた子供達なら、自力で良い道を見つけ出せるようになるからです。

藤山さんのように強い意志があれば、様々なことを変えられると教えてくれます。

SHHは募金活動も行っているので、

この話に心揺さぶられた方はSHHのFacebookページで支援してみるのも良いでしょう。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

40年前から台湾の老人がある日本人のために毎年慰霊祭を行う理由に胸が熱くなる・・・

外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!

水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・

震災後の復旧活動中にメキシコ人が帽子を取ってお辞儀→その先にいたのは日本人救助隊だった!

アメリカ兵5人が富士山を登山中、緊急事態に遭遇した時にとった迅速な行動に多くの日本人が感謝!

出典:Facebook/NAVER まとめ



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

マツコ・デラックス、日本社会の閉塞感に「もう限界なのよ…」正論すぎるコメントに共感の声続々!

5時に夢中 マツコ・デラックスさんが2月6日、レギュラー番組である「5時に夢中!」に出演しました。 …

遠く離れたイタリアでも、毎年のように原爆忌の式典が開催されていることが日本人のほとんどに知られていない…!

みなさんは、イタリアでも原爆忌の式典が行われていることをご存知でしたか? イタリアの首都であるローマ …

『紅の豚』の主人公・ポルコのとある名言が「電通に聞かせてやりたい」と話題に…!

紅の豚 1992年に公開されたジブリ映画「紅の豚」は1920年代のアドリア海を舞台とし、 真っ赤な飛 …

母の強さに涙!余命3ヶ月と宣告された42歳のお母さんが最後にやり遂げた事と奇跡・・・

スキルス胃がんに罹ってしまった42歳の女性。 余命は3ケ月と宣告されてしまいました。 しかしある日、 …

ファミレスで「食事を台無しにしてくれてありがとう」と書かれた手紙を渡された母親→それを見て店長は・・・

アメリカのアイダホ州にあるファミリーレストラン「the Texas Roadhouse」での出来事で …

PREV : 思いっきり「4!」と鳴く犬!?まさかと思ったらマジだった…!想像以上の発声をお聞きください(笑)
ガソリンスタンドで発見され、衰弱し切っていた子猫は保護してくれた人をいつまでも抱きしめ続ける…! : NEXT