Lenon


Lenonをフォローしよう!


キラキラネームの営業マンが自己紹介の時にしていることが大変そうで泣けてくる・・・


名前とは、親が子に贈る最初の贈り物だと思います。

それゆえ姓名判断で考えたり、画数や音の響きの良いものを考えたり、

その子の幸せを祈っていろいろ頭を悩ませます。

しかし、最近では可愛さやカッコ良さばかりを追求した名前を、我が子につける親が増えているようです。

いわゆるキラキラネームというものですが難解な当て字で読ませたり、

まるでアニメの主人公のような名前にしたり驚いてしまう名前が増えてきています。

まだ子どもが小さなうちはそれでも良いのですが、名前は一生ついてくるものです。

「その子が大人になった時には困るだろうな」と、人ごとながら考えてしまいます。

そんなキラキラネームも、流行り始めてからだいぶ年月が経っていたのですね。

キラキラネームをつけられた子どもが大人になりました。

その子はどんな気持ちで、自分の名前と付き合っているのでしょうか。

興味のある方は次のページをご覧下さい。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

世界遺産に認定されている日本最古の神社が貼りだしたマナー違反者に対する張り紙→それは「当たり前だけど大切なこと」だった…!

病院での待合室、平気で走り回る子供を注意しない親。 飲食店で子供が走り回り、ウエイトレスさんにぶつか …

あるうなぎ屋さんが貼り出した「土用の丑の日」に関するメッセージに考えさせられる・・・

秋は食欲の秋と申しますが、それぞれの季節に応じた美味しい食べ物が数多くある限り、 食欲は秋だけでは収 …

幼いのに前髪に白髪が混じった少女!その秘密は彼女の家系にあった・・・

全ての人が、他の人と異なるものを持っています。 しかし人と違うということを受け入れることはとても難し …

世界一育児をしない日本男子は見逃し厳禁!九州の県知事が妊婦になった結果・・・

日本人の夫は世界一家事育児をせず、中でも 「九州・山口地域の男性は、家事関連に携わる時間が全国平均よ …

韓国の天才ピアニストが演奏した後、アンコールを待たずに退席する人たちが続出した理由がこちら…!

お堅いイメージのせいで、クラシック音楽のコンサートを敬遠する人は多いと思います。 ところがクラシック …

PREV : ワンちゃんの毛づくろいを手伝っている動物との可愛い関係に心温まる・・・
泳ぐことに挑戦するもビクビクしながらプールに入ろうと頑張るワンちゃんが思わず応援したくなる(笑) : NEXT