Lenon


Lenonをフォローしよう!


潰れたハンバーガーを出す店に客は激怒!しかしそこにはある理由が隠されていて・・・


2017年10月26日に、文部科学省より小・中・高等学校・特別支援学校における

「いじめの認知件数」が発表されました。

件数は約32万4000件で、地方都市の人口ほどの子供たちがいじめに遭っています。

この数は前年と比べ、約10万件も増加しているとか。

増加した理由として、2013年成立の『いじめ防止対策推進法』によりいじめの定義を広くとらえ、

今まで隠れていたいじめが認知されやすくなった結果です。

「学校がいじめの認知を積極的に行った結果であれば、望ましい傾向」と文部省が評価しているようですが、

最近も教師によるいじめで1人の尊い命が奪われてしまいました。

私たちは、“いじめ”という問題についてどう向き合って行けばいいのでしょう…?

そのようないじめは、日本だけではありません。

世界中で取り上げられている問題ですが、アメリカではいじめに対する認識について、

学校という狭い空間だけではなく公共の場で検証がされたそうです。

アメリカのハンバーガーチェーン『バーガーキング』で行われたある検証を、

次のページで詳しくご紹介します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

『陰口を言う人』よりも信用できない人とは?ツイートを見て納得の声続々!

よく職場の給湯室で、何人か集まった時に「ここだけの話ね」と前置きして言う人がいます。 その言葉を信じ …

小学生の悪ふざけのせいで16万円の被害を受けた人が親に弁償を求めた結果、ありえない言葉を浴びせられる…!

子どもというのは、時として突拍子もないことをやるものです。 人の家に成っている夏みかんを取ってしまっ …

「怒られて育った子供」と「叱られて育った子供」の違いに思わず言葉を失う・・・

子どもの頃、いたずらをして親に怒られたことのある人は多いと思います。 多くの大人は、子どもに「悪さを …

「一汁三菜を作るのは大変」と悩む主婦に向けて土井善晴先生が提唱した“新常識”に称賛の嵐!

毎日必ず取る食事。 「栄養バランスの良い食事を心がける」という言葉は、病気をした時など身に染みて思い …

「ダウン症って何?」この問いにダウン症の少女が見事な答えを返した!

ダウン症のソフィアちゃん 7歳の少女「ソフィアちゃん」は、ダウン症児です。 ダウン症とは染色体異常の …

PREV : 生まれつきの障害で誰にも望まれなかった猫がついに無条件の愛を与えてくれる人と出会う…!
必死に抵抗をしていた子犬が新しい経験の中で少しずつ心を開き、その先の希望の光へ…! : NEXT