Lenon


Lenonをフォローしよう!


外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!


報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。

彼は47歳のときから、アーティストとして活動を始めて世界的に注目を集めます。

ウルフ氏は90年代半ばから香港を拠点とし、

子供時代に過ごしたアメリカ・ドイツ・中国やアジアの大都市をテーマに、

“日常”に関する作品を発表し続けています。

なかでも『東京コンプレッション(圧縮)』と、名付けられたシリーズはかなり印象的な作品です。

ウルフ氏は幾度となく日本に訪れ、連日ラッシュ時を目指して駅に90日間通い続けたこともあるとか。

この写真集完成までの4年間、多くの電車と人々を見続けていたウルフ氏。

戦慄すら感じる日常の風景を、次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2
3

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    >『こんな生活で生きがいがあるだろうか』
    生き甲斐があろうとなかろうと、こんな生活に耐えていかなきゃ生きていけない。
    悲しいけどそれが現実。好き好んでこんな生活したい人なんているわけないでしょ。

  関連記事

「今日飲み会になった」で作った夕飯を無駄にしない旦那!ある夫婦のやりとりが話題に・・・

「今日飲み会になった」と言いつつも、決して奥様が作った夕飯を無駄にしなかった旦那様!ある夫婦のやりとりが話題に・・・

ご飯を食べたがらない子供に父親が一言→それに対し、号泣した子供が逆に親の胸に刺さる本音をポロリ・・・

子供は時として親の言う事を聞かず、突然怒り出すことがあります。 子育てをすれば必ず向き合わなくてはな …

自分の帽子の色を当てて釈放してもらえた囚人は4人のうち1人…IQ180クラスの超難問!

4人の囚人が2種類の色の帽子を1つずつ被ります。 自分の帽子の色を当てることができれば釈放してもらえ …

「礼を欠いている白鵬と相撲協会」ある落語家の苦言に賛同者続々!

日馬富士の暴行問題について、「礼を欠いている白鵬と相撲協会」とある落語家が苦言!その言葉に賛同の声が続々と寄せられる・・・

元警察官が注意喚起!煽り運転や当たり屋と遭遇した時に「絶対にやってはいけないこと」がこちら・・・

2017年6月に、東名高速の下り車線でワゴン車が大型トラックに追突され、 夫婦が死亡するという痛まし …

PREV : 子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?
助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・ : NEXT