Lenon


Lenonをフォローしよう!


外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!


報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。

彼は47歳のときから、アーティストとして活動を始めて世界的に注目を集めます。

ウルフ氏は90年代半ばから香港を拠点とし、

子供時代に過ごしたアメリカ・ドイツ・中国やアジアの大都市をテーマに、

“日常”に関する作品を発表し続けています。

なかでも『東京コンプレッション(圧縮)』と、名付けられたシリーズはかなり印象的な作品です。

ウルフ氏は幾度となく日本に訪れ、連日ラッシュ時を目指して駅に90日間通い続けたこともあるとか。

この写真集完成までの4年間、多くの電車と人々を見続けていたウルフ氏。

戦慄すら感じる日常の風景を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    >『こんな生活で生きがいがあるだろうか』
    生き甲斐があろうとなかろうと、こんな生活に耐えていかなきゃ生きていけない。
    悲しいけどそれが現実。好き好んでこんな生活したい人なんているわけないでしょ。

  関連記事

愛妻家の土田晃之が提唱する「絶対に浮気したくなくなる理論」に大納得!

芸能界きっての愛妻家として知られるお笑い芸人の土田晃之が提唱する「絶対に浮気したくなくなる理論」に納得したと言う声続々!

仕事中に水分補給していたバス運転手への理不尽なクレームに対する一言にスカッ!

バスの運転手が仕事中に水分補給していたところ、それを咎めるクレームが寄せられました!それに対する、スカッとする人こtがこちら・・・

バイクを停めていただけで子連れが警察を呼び出した理由に唖然・・・

あるTwitterユーザーがバイクを停めていたところ、それだけで子連れに警察を呼ばれる事態に…!その理由に思わず唖然・・・

本当に責めるべきは誰?JRで駅員に苦情を言い放っているようだけど・・・

天災や人身事故などで、電車が止まることがあります。 通勤・通学の時間帯に起こると、焦る人も多いでしょ …

中3の息子がゲームばかり→「こんなクズ産まなきゃよかった」と本人に言い放ったことを新聞へ投稿した母親に対する回答に大納得…!

みなさんも大なり小なり一度は経験したであろう「思春期」。 親の言う事を素直に聞けず、何かと反発してし …

PREV : 子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?
助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・ : NEXT