Lenon


Lenonをフォローしよう!


外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!


報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。

彼は47歳のときから、アーティストとして活動を始めて世界的に注目を集めます。

ウルフ氏は90年代半ばから香港を拠点とし、

子供時代に過ごしたアメリカ・ドイツ・中国やアジアの大都市をテーマに、

“日常”に関する作品を発表し続けています。

なかでも『東京コンプレッション(圧縮)』と、名付けられたシリーズはかなり印象的な作品です。

ウルフ氏は幾度となく日本に訪れ、連日ラッシュ時を目指して駅に90日間通い続けたこともあるとか。

この写真集完成までの4年間、多くの電車と人々を見続けていたウルフ氏。

戦慄すら感じる日常の風景を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    >『こんな生活で生きがいがあるだろうか』
    生き甲斐があろうとなかろうと、こんな生活に耐えていかなきゃ生きていけない。
    悲しいけどそれが現実。好き好んでこんな生活したい人なんているわけないでしょ。

  関連記事

心が壊れかけた時の対処法に共感の声殺到!もっと早く知っておきたかった・・・

これはもっと早く知っておきたかった…!ある漫画家が提唱した心が壊れかけた時の対処法に共感の声が続々と寄せられました・・・

顔を出して会見した日大アメフト部のタックル加害選手に高須院長がまさかの提案!

悪質タックル問題について、顔を出して会見した日大アメフト部の加害選手!彼に対して、高須院長がまさかの提案をして話題に!?

スタバで写真を撮るだけで注文した品を飲み残した女性に対して一緒にいた男性が言い放った一言にスカッ!

話題性だけでInstagramに写真をアップし、 せっかくの食べ物を捨ててしまう行為が社会問題になっ …

「父は遅くまで家族の生活を守るために働くのに、父の生活を守る人はいなかった」中学生が綴った作文に心が痛む・・・

今の世の中は、もう労働時間と生産性が比例する時代ではありません。 しかし、日本では未だに長時間労働を …

元戦艦大和の乗組員は、上官の命が犠牲となって生き延びた→彼が語るあの壮絶な瞬間から学ぶべきことを心に刻みたい…!

「若者よ、君たちが生きるきょうという日は死んだ戦友たちが生きたかった未来だ」 八杉康夫氏は、戦艦大和 …

PREV : 子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?
助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・ : NEXT