Lenon


Lenonをフォローしよう!


外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!


報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。

彼は47歳のときから、アーティストとして活動を始めて世界的に注目を集めます。

ウルフ氏は90年代半ばから香港を拠点とし、

子供時代に過ごしたアメリカ・ドイツ・中国やアジアの大都市をテーマに、

“日常”に関する作品を発表し続けています。

なかでも『東京コンプレッション(圧縮)』と、名付けられたシリーズはかなり印象的な作品です。

ウルフ氏は幾度となく日本に訪れ、連日ラッシュ時を目指して駅に90日間通い続けたこともあるとか。

この写真集完成までの4年間、多くの電車と人々を見続けていたウルフ氏。

戦慄すら感じる日常の風景を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    >『こんな生活で生きがいがあるだろうか』
    生き甲斐があろうとなかろうと、こんな生活に耐えていかなきゃ生きていけない。
    悲しいけどそれが現実。好き好んでこんな生活したい人なんているわけないでしょ。

  関連記事

ホームレスの女性に水をあげることを拒否した店…それを目撃した青年が最高にかっこいい行動を起こす!

どんな事情か、どんな豊かな国でもホームレスが生まれてしまうのは悲しいことです。 この女性がどのような …

『ホテルの半開きのドア』によって人生が大きく変わったタモリ!グッとくるエピソードはこちら・・・

タモリさんといえば明石家さんまさん、ビートたけしさんらとともにお笑いのビック3と称される人です。 「 …

「3日でインフルエンザを治した!」などと豪語する人は自分が『動くテロ』だと自覚しましょう!

「3日でインフルエンザを治した!」などと豪語する方々へ警告いたします!そんな人は自分が『動くテロ』だと自覚しましょう…!

韓国の天才ピアニストが演奏した後、アンコールを待たずに退席する人たちが続出した理由がこちら…!

お堅いイメージのせいで、クラシック音楽のコンサートを敬遠する人は多いと思います。 ところがクラシック …

武井壮への質問「なぜ勉強しないといけないの?」→「した方がいいに決まってるだろ!」こう答えた理由が素晴らしすぎる!

武井壮 今回ご紹介するのは、今話題になっている武井壮さんのツイートです。 武井さんは東京都葛飾区出身 …

PREV : 子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?
助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・ : NEXT