Lenon


Lenonをフォローしよう!


外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!


報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。

彼は47歳のときから、アーティストとして活動を始めて世界的に注目を集めます。

ウルフ氏は90年代半ばから香港を拠点とし、

子供時代に過ごしたアメリカ・ドイツ・中国やアジアの大都市をテーマに、

“日常”に関する作品を発表し続けています。

なかでも『東京コンプレッション(圧縮)』と、名付けられたシリーズはかなり印象的な作品です。

ウルフ氏は幾度となく日本に訪れ、連日ラッシュ時を目指して駅に90日間通い続けたこともあるとか。

この写真集完成までの4年間、多くの電車と人々を見続けていたウルフ氏。

戦慄すら感じる日常の風景を、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    >『こんな生活で生きがいがあるだろうか』
    生き甲斐があろうとなかろうと、こんな生活に耐えていかなきゃ生きていけない。
    悲しいけどそれが現実。好き好んでこんな生活したい人なんているわけないでしょ。

  関連記事

『ありがとうの反対語』って?北斗晶が語った感動エピソードに誰もが涙…!

皆さんは『ありがとうの反対語』が何か知っていますか? ちなみに筆者は、ありがとうの返しに使われる 「 …

妙に納得・・・『男女の違い』を表したイラストがシンプルだけど秀逸!

十人十色とはいうものの、異性の意見に納得できなかったり 「これだから男(女)は…」とため息つく方も多 …

「店員は子供のイタズラに怒っているのではない」接客業で働く人のツイートに共感の嵐!

スーパーマーケットなどで、子どもが走り回る光景をよく見かけます。 「キャッ、キャッ」と騒ぎながら店内 …

これが日本の最先端の教育?「挨拶をするのはやめましょう」という意見が賛成多数になる・・・

最近は近所付き合いも薄れてきました。 昔は近所の方々との付き合いが密で、子供達をよく見守ってくれてた …

スタバで「ドリップをショートで」と頼んだのにサイズをもう一度聞かれた理由にほっこりする・・・

いくらおしゃれで素敵なお店で、も店員さんの対応でお店の評価は大きく変わります。 また店員さんの態度は …

PREV : 子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?
助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・ : NEXT