水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・


水筆を使うおじいさん

頤和園で人だかりの中心にいたおじいさん。

水を使い、石畳に文字を描くパフォーマンスをしていました。

手に握っているのはスポンジとペットボトルで作られた水筆。

慣れた手つきで次から次へと文字を描いていきます。

そんな中、おじいさんはとみけんさんが日本人であることに気付きました。

すると水筆を使い、日本語でメッセージを書いてくれたのです。

これには誰しも感動するでしょう。

美しい字体で書いてくれた文字は、とても温かみのある内容でした。

称賛の声続出

この投稿に対し、ネット上ではおじいさんへの称賛の声が寄せられました。

・ひらがなだけでなく英字も漢字もすべて達筆!

・こういうのって水で書いてあるのが惜しいくらいだよね

・ペットボトルを有効活用しているとこに好感が持てる

・字は体を表すとはこのこと!

いかがでしたか?

旅先での思いがけないサプライズは、旅の思い出をより一層素敵なものにしてくれます。

またコメントにもあるように、字の美しさは体や心の美しさを表すとも言われています。

おじいさんの心温まるパフォーマンス、これかもたくさんの人々の思い出を彩っていって欲しいものですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

韓国の天才ピアニストが演奏した後、アンコールを待たずに退席する人たちが続出した理由がこちら…!

熊本地震の際には5,000万円を寄付…俳優を引退した『ヨン様』の神様のような現在!

芸術の都フィレンツェで驚きのセッション!1人のアジア人青年が飛び入り参加した結果・・・

「一生忘れない」敵地でイチローが受け、感動した今までではありえなかった”粋な計らい”とは…?

震災後の復旧活動中にメキシコ人が帽子を取ってお辞儀→その先にいたのは日本人救助隊だった!

出典:Twitter




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に!

宮沢賢治の『注文の多い料理店』という作品をご存知でしょうか。 宮沢賢治作の童話の中では最もポピュラー …

多くの日本人が忘れかけていることを教えてくれる激怒、納得、そして感動のエピソード8選!

日本人特有の性質 昔からよく言われている日本人の特性といえば、『親切』『礼儀正しい』『規律を守る』な …

「席を譲るのは当然!」と語気を強めて席を奪い取る老人に、若者が放った言葉が心に刺さる…!

電車内で座席を譲ろうとする時…。 少し考えてしまうことがありませんか? 前に立っている人が明らかに体 …

期待に胸を膨らませてアメリカへ留学した日本人高校生を待ち受けていた残酷な運命とは…?

期待に胸を膨らませてアメリカへと留学した日本人高校生!しかし、彼を待ち受けていたものはあまりにも残酷な運命だった・・・

「『人見知り』とはガキだけに許された言葉」GACKTが自身の体験から生み出した考えの真意とは?

近年インターネットの大幅な普及により、ネット通販など便利な世の中になりました。 家から出なくても自分 …

PREV : 猫がケンカしている様子を収めた動画を見て、驚きのあまり目がまん丸になってしまった子猫!
過保護な飼い主たち?愛されすぎているワンちゃんたちのすごい暮らしぶり10選! : NEXT