Lenon


Lenonをフォローしよう!


高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!


高須院長

視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。

メガネを常時使用している人にとっては、こんなに煩わしいことはないからです。

ラーメンを食べればレンズが曇り、顔を洗うときには外したメガネの置き場所に困ってしまいます。

コンタクトレンズに変えてもその煩わしさは消えることもなく、かえって毎日の付け外しが億劫です。

レーシック手術を受けて、メガネもコンタクトレンズも無用な生活をしてみたいと憧れます。

しかし、メガネがトレードマークの「高須クリニック」の高須院長は、

ご自身ではレーシック手術を受けないといいます。

高須院長は、ご自身を実験台として500回以上も整形手術を重ねた、いわば手術のプロです。

手術に対する抵抗は普通の人よりも少ないはずです。

『レーシック手術』を受け入れない高須院長の理由とは、一体なんなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「何で言うこと聞かないの!?」ママの嘆き、他人から見ると理由は明白だった…?

朝から夜まで、24時間体制で世話をする子育ては本当に大変です。 次から次へと問題を起こすので、ママ達 …

ポニーテールが校則で禁止になった理由が意味不明すぎると話題に・・・

ポニーテール禁止 「髪形に関する校則」といえば、 髪を染めたりパーマをかけたりするのを禁止するなどが …

「どう見ても黒なことを白にするよう頼まれたら?」この質問に対する北村弁護士の回答に大絶賛の嵐!

『行列のできる法律相談所』などに出演している北村晴男弁護士。 基本的には口数が少なくクールな感じです …

シェフが怒鳴り散らす調理場に対する、ある料理研究家の言葉に多くの共感の声!

土井善晴 料理界の第一線で活躍し続けている料理研究家の土井善晴さんは、 関西の家庭料理研究の第一人者 …

「食器棚は絶対に…」大震災を経験した義母と母から教わった豆知識で大助かり!

「食器棚は絶対に…」大きな震災を経験した義理のお母さんと実のお母さんから教わった豆知識で、あるTwitterユーザーが大助かりした模様!

PREV : 森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…!
台風18号の珍置き土産!?家が動物の避難所と化してしまいました・・・(笑) : NEXT