Lenon


Lenonをフォローしよう!


高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!


高須院長

視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。

メガネを常時使用している人にとっては、こんなに煩わしいことはないからです。

ラーメンを食べればレンズが曇り、顔を洗うときには外したメガネの置き場所に困ってしまいます。

コンタクトレンズに変えてもその煩わしさは消えることもなく、かえって毎日の付け外しが億劫です。

レーシック手術を受けて、メガネもコンタクトレンズも無用な生活をしてみたいと憧れます。

しかし、メガネがトレードマークの「高須クリニック」の高須院長は、

ご自身ではレーシック手術を受けないといいます。

高須院長は、ご自身を実験台として500回以上も整形手術を重ねた、いわば手術のプロです。

手術に対する抵抗は普通の人よりも少ないはずです。

『レーシック手術』を受け入れない高須院長の理由とは、一体なんなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧下さい。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

死者を弔う葬儀の場で絶対に許されない出来事が…!親族が葬儀中に注意しておかなければならないこと・・・

“死”は生きていれば必ず訪れます。 そして死んでしまった人を弔うために、死者の親族はお葬式を行います …

海外の空港で一番やってはいけない、日本人がついやってしまいそうなNG行動がこちら!

最近は、簡単に海外旅行に行けるようになりました。 そのためか、年々海外旅行者は増え続けています。 夏 …

タバコを吸っていたガラの悪い青年がスケートボードをしていた6歳の少女に近寄って取った行動に世界中の大人が驚く!

母の教え カナダはオンタリオ在住のジェニーン・トーマスさん29歳。 彼女には6歳になる娘のペイトンち …

会社の飲み会に行きたがらない若者に父親が投げかけた持論に考えさせられる…!

新社会人の方は、新しい生活が始まってほぼ2ヶ月が過ぎました。 そろそろ仕事にも慣れ、様々なお付き合い …

スーパーで買おうと思ってやっぱりやめた商品を絶対に別の棚へ移動してはいけない理由とは!?

スーパーやコンビニは食料品や生活雑貨など何でもそろっており、とても便利な場所です。 特にスーパーは日 …

PREV : 森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…!
台風18号の珍置き土産!?家が動物の避難所と化してしまいました・・・(笑) : NEXT