Lenon


Lenonをフォローしよう!


高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!


高須院長

視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。

メガネを常時使用している人にとっては、こんなに煩わしいことはないからです。

ラーメンを食べればレンズが曇り、顔を洗うときには外したメガネの置き場所に困ってしまいます。

コンタクトレンズに変えてもその煩わしさは消えることもなく、かえって毎日の付け外しが億劫です。

レーシック手術を受けて、メガネもコンタクトレンズも無用な生活をしてみたいと憧れます。

しかし、メガネがトレードマークの「高須クリニック」の高須院長は、

ご自身ではレーシック手術を受けないといいます。

高須院長は、ご自身を実験台として500回以上も整形手術を重ねた、いわば手術のプロです。

手術に対する抵抗は普通の人よりも少ないはずです。

『レーシック手術』を受け入れない高須院長の理由とは、一体なんなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

居酒屋を予約すると「聴覚障害者の方は初めてで…」と言われた→そんなお店の対応は涙が出るほど素晴らしい…!

突然ですが、皆さんにとって当たり前の生活とは何ですか? 朝起きてご飯を食べ、歯を磨いてから会社に行く …

海外の空港で一番やってはいけない、日本人がついやってしまいそうなNG行動がこちら!

最近は、簡単に海外旅行に行けるようになりました。 そのためか、年々海外旅行者は増え続けています。 夏 …

水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・

日本国内だけでなく、 海外へ旅行に行くとその国の人柄などで驚いたり感動したりすることがありますよね。 …

楽しい運動会の思い出を汚された!撮影したビデオに残った我が子を蔑む別の保護者の笑い声・・・

一つの出来事で楽しいから悲しいへ… 運動会は子どもたちだけでなく、親たちにとっても楽しみなイベントの …

理不尽な女性客が店員のいる前で、子供に「大学に行かないとこうなるのよ」と言い放った→その時、店長が取った行動とは・・・

日本では、店と客との関係は「お客様は神様」のような考え方があり、 ともするとモンスター的な客も見られ …

PREV : 森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…!
台風18号の珍置き土産!?家が動物の避難所と化してしまいました・・・(笑) : NEXT