Lenon


Lenonをフォローしよう!


高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!


高須院長

視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。

メガネを常時使用している人にとっては、こんなに煩わしいことはないからです。

ラーメンを食べればレンズが曇り、顔を洗うときには外したメガネの置き場所に困ってしまいます。

コンタクトレンズに変えてもその煩わしさは消えることもなく、かえって毎日の付け外しが億劫です。

レーシック手術を受けて、メガネもコンタクトレンズも無用な生活をしてみたいと憧れます。

しかし、メガネがトレードマークの「高須クリニック」の高須院長は、

ご自身ではレーシック手術を受けないといいます。

高須院長は、ご自身を実験台として500回以上も整形手術を重ねた、いわば手術のプロです。

手術に対する抵抗は普通の人よりも少ないはずです。

『レーシック手術』を受け入れない高須院長の理由とは、一体なんなのでしょう。

気になる方は次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ガンの影響で髪の毛を失った家族のため、自らの髪を剃った男の子がいじめにあった時の、校長先生の涙溢れる行動とは…?

アメリカのアイオワ州にある、 ピキン中学校に通う11歳のジャクソン・ジョンソン君は大のおじいちゃん子 …

「もうやめにしよう」過熱する恵方巻きの廃棄問題に兵庫県のスーパーが一石を投ずる!

過熱する恵方巻きの廃棄問題!これに対し、「もうやめにしよう」とある兵庫県のスーパーが一石を投じる…!あなたはどう思いますか?

育児に悩む母親→「生後6ヶ月の我が子が嫌いになりそう」という悲痛な相談に対する感動的なベストアンサーとは!?

あるネット掲示板に、新米ママさんの相談が書き込まれました。 生後6ヶ月となる娘さんの育児をしているお …

動物園の昆虫コーナーに来た男の子に付き添う虫嫌いな母親のある態度が素晴らしい…!

昆虫コーナー どうしても昆虫が好きになれないという大人は多いかもしれませんが、 子供にとってカブト虫 …

あるうなぎ屋さんが貼り出した「土用の丑の日」に関するメッセージに考えさせられる・・・

秋は食欲の秋と申しますが、それぞれの季節に応じた美味しい食べ物が数多くある限り、 食欲は秋だけでは収 …

PREV : 森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…!
台風18号の珍置き土産!?家が動物の避難所と化してしまいました・・・(笑) : NEXT