Lenon


Lenonをフォローしよう!


2001年9月11日にパイロットが乗客についたウソに胸が熱くなる・・・


2001年9月11日

この話は2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生した日に起きた出来事です。

始まりは飛行機がフランクフルトを出発して5時間後、北大西洋上空を飛行している時の事です。

アトランタから以下のメッセージが送られてきました。

「アメリカ本土すべての航空路は閉鎖。最寄りの空港にできるだけ早く着陸するよう勧告する」

事の重大さを理解した搭乗員一同はすぐに着陸できる場所として、カナダのガンダー国際空港を選びました。

リクエストをカナダの管制塔へ送って承認された後、搭乗員は緊急着陸の準備を指示されます。

その間にニューヨーク付近でテロ事件が起きた事、航空機がいくつかハイジャックされ、

アメリカの建物へ突撃するかもしれないという事が知らされます。

そこで乗客にはウソのアナウンスをする事にしました。

機材の不具合によりガンダーで調査する事となった、最新の情報はガンダーに着いてから伝えると告げます。

この後、彼らがどうなったのかを知りたい方は次のページをご覧下さい。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

簡単なのに効果絶大!自転車大国オランダでドア衝突事故が激減した理由とは?

ドアリング事故 街中で自転車を運転している方が恐れていることの一つに停まっている車の脇をすり抜ける時 …

つらそうにしている人の心を軽くするのは「大丈夫?」じゃない!それよりも効果的な言葉はこちら・・・

つらそうな人をみると、ついつい「大丈夫?」と声をかけていませんか? おそらく、そうしてしまう方がほと …

「ご飯を作る人」と「ご飯ができてる人」住む星が違うレベルで差があるという持論に共感殺到!

皆さんが家事をする上で、一番好きな作業はなんでしょうか。 家の中の掃除や片付け、洗濯や料理など、人に …

アメリカ士官学校の校長が怒りのスピーチ!人種差別をする人に向けて「他人を尊重できないなら出て行け」

人種差別 世界的なスポーツであるサッカー競技会場で、 ヘイトスピーチ(差別的な言動)を旗に記して問題 …

「子供は批判されて育つと…」貼り出されている言葉から子供が育つ環境について考えさせられる…!

アメリカの教育学者ドロシー・ロー・ノルトさんの 『子供が育つ魔法の言葉』に書かれている言葉が話題にな …

PREV : 殺処分寸前だった2匹の犬の写真がネット上に公開された結果・・・
周りに人もいないしハシビロコウに話しかけてみたら愛が芽生えた! : NEXT