Lenon


Lenonをフォローしよう!


会議中、吸入薬を使っていた女性が翌日会社に来なかった理由に考えさせられる・・・


「持病の喘息」「膠原病」「糖尿病」など、

さまざまな持病を持ちながら働いている方も少なくないと思います。

社会は、全くの健康体な人々だけ動いているわけではないのです。

持病を抱えつつも、生きるためには働かなくてはなりません。

しかしいつ発作が起こるか分からない持病に、気分が悪くても我慢している人も多いのではないでしょうか?

そのような持病を抱えた同僚を亡くしてしまった方が、この問題を提示されました。

なぜ同僚は、若くして亡くならなければならなかったのでしょうか?

次のページからご紹介するエピソードから考えてみましょう。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

嘘つきを見抜け!確実に暴く5つの方法をご紹介→特に4番目は目からウロコ・・・

嘘つき 誰しも大なり小なり、嘘をついた事があるかと思います。 「嘘も方便」という言葉もあるくらい、我 …

スタバの従業員が辞めない理由!その秘訣である『6つのミッション』に考えさせられる・・・

アメリカのシアトルで開業し、日本など世界60か国での営業展開、 そして1万8,000以上の店舗数を抱 …

「怒られて育った子供」と「叱られて育った子供」の違いに思わず言葉を失う・・・

子どもの頃、いたずらをして親に怒られたことのある人は多いと思います。 多くの大人は、子どもに「悪さを …

白血病に苦しむ10歳の息子の姿をネットに公開!懸命に生きる母と息子の姿に涙がとまらない・・・

日本人の死亡原因の1位はガン(悪性新生物)だと言われています。 世界のがん患者は2012年時点で1, …

手術後、麻酔から目覚めた男の子は医者が断りもなく自分以外の処置もしていることに気づいた…!

医師から入院を言い渡されると、大人でも気が重いですね。 ましてや手術ともなると緊張してしまいます。 …

PREV : 運命の人と出会い、その人の家族となるために必死のアピール作戦を決行したミックスシャムの子猫!
ゲージ越しに遊びたがっている子猫たちとそれを見守るワンちゃんの姿が微笑ましい! : NEXT