Lenon


Lenonをフォローしよう!


会議中、吸入薬を使っていた女性が翌日会社に来なかった理由に考えさせられる・・・


「持病の喘息」「膠原病」「糖尿病」など、

さまざまな持病を持ちながら働いている方も少なくないと思います。

社会は、全くの健康体な人々だけ動いているわけではないのです。

持病を抱えつつも、生きるためには働かなくてはなりません。

しかしいつ発作が起こるか分からない持病に、気分が悪くても我慢している人も多いのではないでしょうか?

そのような持病を抱えた同僚を亡くしてしまった方が、この問題を提示されました。

なぜ同僚は、若くして亡くならなければならなかったのでしょうか?

次のページからご紹介するエピソードから考えてみましょう。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子供たちがこの男性の家に来るのは死ぬため!80人の子供がゆっくり、穏やかに人生を終える・・・

様々な理由で、実の親から養育を放棄される子供達がいます。 それだけでもつらい出来事ですが、 その子達 …

「君は、今は専業主婦だけど…」ほろ酔いの夫が妻に言った言葉から夫婦の関係について考えさせられる…!

色々な家庭の形がある中で女性は結婚、出産などのタイミングによって生活スタイルが変わってきますよね。 …

昼頃に仕事を終えて家に帰り、疲れてそのまま眠っていたら目が覚めるととんでもない状態に!

熱中症の危険は真夏ばかりではありません。 梅雨が明けたあたりから、いやその前からその危険は忍び寄って …

手術後、麻酔から目覚めた男の子は医者が断りもなく自分以外の処置もしていることに気づいた…!

医師から入院を言い渡されると、大人でも気が重いですね。 ましてや手術ともなると緊張してしまいます。 …

認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に!

宮沢賢治の『注文の多い料理店』という作品をご存知でしょうか。 宮沢賢治作の童話の中では最もポピュラー …

PREV : 運命の人と出会い、その人の家族となるために必死のアピール作戦を決行したミックスシャムの子猫!
ゲージ越しに遊びたがっている子猫たちとそれを見守るワンちゃんの姿が微笑ましい! : NEXT