Lenon


Lenonをフォローしよう!


実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・


動物保護活動に従事してきた環境活動家のリンダ・コーブナーさんは、23歳の時に動物実験場のチンパンジー6匹を解放するプロジェクトを成功させました。

そして、チンパンジーはその時に受けた恩を18年経っても忘れていませんでした。

18年の月日を経て再会した時、チンパンジーがリンダさんにしたことに心揺さぶられることでしょう。

詳しくは、次のページをご覧ください。

saru1


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飛行機にいた全員が少年の泣き声を聞いたはずなのに無視!その時、この女性がヒロインになる・・・

子供の泣き声 難しい事態に直面している人へ他人ができることはないと考えがちですが、1つだけできること …

「男性が嫌い」と頑なに悩む30代女性を完全論破!?東大卒の住職が言い放ったキレッキレの回答がこちら!

草食系男子という言葉が生まれた一方で、肉食女子という言葉が生まれた昨今。 これを象徴するかのような相 …

北海道のジャガイモが国内初の害虫被害!その感染経路と農家のツイートに考えさせられる・・・

北海道の名産「じゃがいも」 、ホクホクでおいしいですよね。 しかし今、この食材に危機が訪れているとい …

V6の井ノ原快彦が子育てママを応援するために提案した「飛行機のひよこボタン」に称賛の声続々!

朝のNHKの情報番組「あさイチ」(NHK総合)はあの国民的ドラマ、 連続テレビ小説のすぐ後の番組であ …

この画像が「父ちゃんかっこいい!」と言わずにはいられないと話題に!父親を尊敬した瞬間を考えよう!!

一生懸命家族のために働いていても、朝早く会社へ行き夜遅く帰ってくる『お父さん』の存在は薄くなりがちで …

PREV : 男性がギターを弾きはじめたら、めちゃキュートなお客さんがやってきた!
心優しい少年は、がん患者のためにイジメられても髪を伸ばし続けた→しかし、少年自身に非情な宣告が下される…! : NEXT