Lenon


Lenonをフォローしよう!


実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・


動物保護活動に従事してきた環境活動家のリンダ・コーブナーさんは、23歳の時に動物実験場のチンパンジー6匹を解放するプロジェクトを成功させました。

そして、チンパンジーはその時に受けた恩を18年経っても忘れていませんでした。

18年の月日を経て再会した時、チンパンジーがリンダさんにしたことに心揺さぶられることでしょう。

詳しくは、次のページをご覧ください。

saru1

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「歯磨き粉をチューブに戻して」母親が中学生に贈ったこの言葉の深い真意が分かりますか?

お皿と歯磨き粉 アメリカはテネシー州在住のエイミー・ベス・ガードナーさんには、 9月から日本の中学生 …

自分の運をあげたい時は”コレ”!萩本欽一のハッとさせられる教えとは・・・?

損をしろ! 人と付き合うときは率先して損な役回りに徹するべきだと萩本欽一さんは語っています。 そうす …

妻と別れた後、生き埋めになった男性が伝える重要なメッセージに耳を傾けてください・・・

「生きたまま埋められる」 こんな恐ろしいことがあって良いのでしょうか。 暗らく狭い場所で、空気が徐々 …

そりゃあすれ違うよね〜…「まさにコレ!」と思わず納得してしまう男女の違いがこちら・・・

どうしても分かり合えない部分の多い男女。 そもそも男女は、自分と違った感性を持つ人に惹かれやすい傾向 …

人種差別と闘ったアスリート→48年前のオリンピックで自分の人生をめちゃくちゃにしてこの男性は歴史を動かした…!

1968年は、日本人が初めて南極に到達した年です。 週刊少年ジャンプが創刊され、人生ゲームが流行し、 …

PREV : 男性がギターを弾きはじめたら、めちゃキュートなお客さんがやってきた!
心優しい少年は、がん患者のためにイジメられても髪を伸ばし続けた→しかし、少年自身に非情な宣告が下される…! : NEXT