Lenon


Lenonをフォローしよう!


震災で7人の命を救った災害救助犬『ダイゴ』→しかしそれと引き換えに待っていた悲しすぎる運命とは…?


2016年4月14日に発生した熊本地震では、多大な被害の爪痕が残ってしまいました。

現在も、復興に向けて被災地ではたくさんの方々が懸命に活動しています。

そして、熊本地震が発生してすぐの4月16日、日本から遥か遠くの地にあるエクアドルでも大規模な地震が発生。

多くの犠牲者が出てしまいました。

そんなエクアドルの被災地で、『ダイゴ』という災害救助犬が大活躍しました。

しかし、彼を待っていたのはあまりにも悲しすぎる結末でした・・・。

詳しくは、次のページからご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. ヨーコ🎵🎵 より:

     可哀相に……!!  周りのスタッフ達が もう少し気をつけてあげてたら😓😓  天国で元気に走り廻ってるよo(^-^)o!!!

  2. 匿名 より:

    脱水と過労だったなんて……
    命と引換に、たくさんの命を救ってくれてありがとうございました。
    どうぞ安らかに…。

  3. ロコ より:

    ダイゴくん、ごめんね
    そして、ありがとう

  4. Voyager より:

    ダイゴへの気遣いが悔やまれます。

  5. eriko より:

    虐待じゃないですか。あんまりです。どう考えたらこんなことができるんですか?2度としないでください!!!!!!

  6. カルネ より:

    使うだけ使ってケアをしなかったなら、命を軽視しているのと同じこと。
    こういう大きな間違いを繰り返さないためにも動物たちのための法整備が必要です。

  7. JASMINE より:

    感動しました。人間の配慮が足りなかったことくやしいです。

  8. JASMINE より:

    悲しすぎます。人間の配慮不足に悔しい思いです。

  9. ぽちょむきん より:

    救助犬といえどその命あってこそ。
    人命優先で水も休憩も与えられず
    胸糞

  関連記事

車の中の家族は中毒でおぞましい状態となっていた!警察はその恐ろしい画像を公開することを決意する・・・

意識を失う男女、そして子ども アメリカはオハイオ州のイーストリバプール警察は、 2016年9月8日に …

スタバの従業員が辞めない理由!その秘訣である『6つのミッション』に考えさせられる・・・

アメリカのシアトルで開業し、日本など世界60か国での営業展開、 そして1万8,000以上の店舗数を抱 …

人前で息子をビンタしたお母さん→それを見ていた見知らぬ“おばちゃま”が浴びせた一言に涙が止まらない…!

息子をビンタしてしまったお母さん ショッピングモールで赤ちゃんと5歳の男の子を連れたお母さん。 男の …

日本で購入されたハーレーをカナダで発見→なぜかオーナーは受け取りを拒否!そこには2011年の津波から芽生えた深い思いが…

3.11東北大震災の爪あとはいまだ消えずに東北の地に残されています。 かけがえのない家族・友人そして …

高学歴の公務員が同級生が高卒であることをバカにした!しかし、同級生からのある一言に何も言い返せなかった・・・

社会人になると、同窓会のお知らせが届くようになります。 卒業後、ほとんど会うことがなかった同級生に会 …

PREV : 「仕事を下さい!」北斗晶の乳がんの治療費のために借金をした夫の佐々木健介の言葉が胸に突き刺さる…!
さんまとIMALU、親子のひとときを切り取った写真がTwitterで評判になっています! : NEXT