Lenon


Lenonをフォローしよう!


震災で7人の命を救った災害救助犬『ダイゴ』→しかしそれと引き換えに待っていた悲しすぎる運命とは…?


2016年4月14日に発生した熊本地震では、多大な被害の爪痕が残ってしまいました。

現在も、復興に向けて被災地ではたくさんの方々が懸命に活動しています。

そして、熊本地震が発生してすぐの4月16日、日本から遥か遠くの地にあるエクアドルでも大規模な地震が発生。

多くの犠牲者が出てしまいました。

そんなエクアドルの被災地で、『ダイゴ』という災害救助犬が大活躍しました。

しかし、彼を待っていたのはあまりにも悲しすぎる結末でした・・・。

詳しくは、次のページからご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. ヨーコ🎵🎵 より:

     可哀相に……!!  周りのスタッフ達が もう少し気をつけてあげてたら😓😓  天国で元気に走り廻ってるよo(^-^)o!!!

  2. 匿名 より:

    脱水と過労だったなんて……
    命と引換に、たくさんの命を救ってくれてありがとうございました。
    どうぞ安らかに…。

  3. ロコ より:

    ダイゴくん、ごめんね
    そして、ありがとう

  4. Voyager より:

    ダイゴへの気遣いが悔やまれます。

  5. eriko より:

    虐待じゃないですか。あんまりです。どう考えたらこんなことができるんですか?2度としないでください!!!!!!

  6. カルネ より:

    使うだけ使ってケアをしなかったなら、命を軽視しているのと同じこと。
    こういう大きな間違いを繰り返さないためにも動物たちのための法整備が必要です。

  7. JASMINE より:

    感動しました。人間の配慮が足りなかったことくやしいです。

  8. JASMINE より:

    悲しすぎます。人間の配慮不足に悔しい思いです。

  9. ぽちょむきん より:

    救助犬といえどその命あってこそ。
    人命優先で水も休憩も与えられず
    胸糞

  関連記事

お釈迦さまのことが大嫌いな男が人だかりの前でお釈迦さまを罵倒し続ける→その時お釈迦さまは・・・

突然ですがみなさんはお釈迦さまのお話はお好きでしょうか? お釈迦さまは言わずと知れた仏教の開祖ですが …

元戦艦大和の乗組員は、上官の命が犠牲となって生き延びた→彼が語るあの壮絶な瞬間から学ぶべきことを心に刻みたい…!

「若者よ、君たちが生きるきょうという日は死んだ戦友たちが生きたかった未来だ」 八杉康夫氏は、戦艦大和 …

『ホテルの半開きのドア』によって人生が大きく変わったタモリ!グッとくるエピソードはこちら・・・

タモリさんといえば明石家さんまさん、ビートたけしさんらとともにお笑いのビック3と称される人です。 「 …

わがままな年寄り患者を一発で黙らせた医者の言葉に絶賛の声続々!

超高齢化社会へと進んでいる日本。 お年寄りに関するニュースや事故が、多く目につくようになりました。 …

上司の反対を押し切って24時間営業をやめた当時のモスバーガーの店長!結果売り上げが80%ダウンしたものの・・・

日本人は働きすぎだと言われています。 24時間営業が当たり前の飲食業界でも、過労で体を壊す方が後を絶 …

PREV : 「仕事を下さい!」北斗晶の乳がんの治療費のために借金をした夫の佐々木健介の言葉が胸に突き刺さる…!
さんまとIMALU、親子のひとときを切り取った写真がTwitterで評判になっています! : NEXT