Lenon


Lenonをフォローしよう!


「山を舐めるな!」中学の全校登山で全員ジャージに着用を強制したら1人の先生が・・・


2017年3月27日、雪崩の起きやすい春山で悲惨な出来事がありました。

栃木県那須町で登山講習中の大田原高校山岳部の生徒さんら8名が、

雪崩に巻き込まれて亡くなった事故です。

山の天候は変わりやすく、少しの判断ミスで命を落としかねません。

まして教えてもらう生徒側は、教師の指示によって行動します。

引率する生徒の行動や自然環境の判断は、

「甘さがあった」の一言では片づけられないのではないでしょうか。

ある投稿者さんが中学生のころ、学校行事の一環で全校登山があったそうです。

その時生徒が受けた指示は、「指定ジャージで参加するように」でした。

しかしこの指定ジャージは、登山に適さないある問題点があったのです。

その問題点を巡る投稿内容を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 山嫌いガール より:

    私本題からはそれるとおといますが、ね、亡父がよく

    って一喝していたことを思い出しました。
    実は有無を言わせず強制登山だったので、今の私は登山靴を見るのも嫌です。

  関連記事

拡散希望!お盆休み最後の日に男の子を襲った痛々しすぎる出来事に関する旅館の注意喚起がこちら・・・

男の子の泣き声 今回ご紹介するのは、お盆の最終日に北海道で起きたあまりにも痛々しすぎる出来事について …

タバコを吸っていたガラの悪い青年がスケートボードをしていた6歳の少女に近寄って取った行動に世界中の大人が驚く!

母の教え カナダはオンタリオ在住のジェニーン・トーマスさん29歳。 彼女には6歳になる娘のペイトンち …

バスが満員の中、優先席に座っていたおばあちゃんが突然席を立ってカッコ良い行動に!

バスは満員状態!しかしそんな中、優先席に座っていたおばあちゃんが立ち上がり、とてもカッコ良い行動に出た・・・

一番の防災は「忘れないこと」!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?

東日本大震災からもうすぐ6年…!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?「忘れない」という一番の防災の助けとなる広告はこちら・・・

治療に時間のかかる子宮の病気になり、仕事を辞めることを伝えた時の上司の返事に言葉を失った・・・

治療に時間のかかる子宮の病気になったので仕事を辞めることを伝えたのだが、その時の上司の返答に思わず言葉を失う・・・

PREV : カメラを横向きにしてインコの写真を撮影をしようとしたらインコが可愛いことしてくれた!
猫が犬の日頃の行動についてお説教!?2匹の間でしか成立しない会話をご覧ください・・・ : NEXT