Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の時代に流行ったビーズバッグを捨ててはいけないという理由に心が痛む・・・


ビーズバッグとはバッグ全体にビーズがびっしりと使われ、芸術的な刺繍が施されているバッグの事です。

欧米から大正時代に入ってきたビーズの装飾品が徐々に日本で使われ始め、

昭和時代に職人の技術を駆使して作られたビーズバッグが登場し、高い人気を集めました。

使われているビーズは大量生産された安いものよりも、ずっと質の高いものです。

しかし、そのビーズバッグも今では廃れてしまいました。

そんなビーズバッグについてツイッターで、「捨ててはいけない」と訴えかけている人がいます。

その人は、作家の加門七海という方です。

なぜ捨ててはいけないのでしょうか。

その理由が気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

あの女性議員の言動を落語家さんが痛烈に皮肉(笑)その内容がスカッとする!

最近、テレビで落語を放送している番組が少なくなりましたね。 日本テレビ系列の『笑点』ぐらいでしょうか …

上司の反対を押し切って24時間営業をやめた当時のモスバーガーの店長!結果売り上げが80%ダウンしたものの・・・

日本人は働きすぎだと言われています。 24時間営業が当たり前の飲食業界でも、過労で体を壊す方が後を絶 …

「好きじゃないのに仲良くしないとだめ?」→「いいえ!でもその代わり…」多数の称賛を浴びたある小学校の教えとは?

人間関係が苦痛に… 海外の小学校では、 「好きでもない人と仲良くしなくていい。その代わりに・・・」と …

ゆっくり横断歩道を渡っているおばあさんに何度もクラクションを鳴らす男性!それに対するおばあさんの猛反撃がこちら・・・

年齢を重ねれば当然、足腰が弱くなります。 横断歩道を渡っていても若い頃のようには歩けません。 お年寄 …

「ワシントン・ポスト」が渡辺直美に注目!海外メディアだからこそ気づいた彼女の行動に隠された思いとは?

日本語へのコンプレックスを克服し、ありのままの自分を受け入れ、 自分の長所を伸ばすことに集中した渡辺 …

PREV : 猫好きなら多くの人が知っているこの保護された猫はとてもレアな種類でした…!
かわいいからOK(笑)犬だからこそ許される行動14選!これが可愛さという特権か・・・ : NEXT