Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の時代に流行ったビーズバッグを捨ててはいけないという理由に心が痛む・・・


ビーズバッグとはバッグ全体にビーズがびっしりと使われ、芸術的な刺繍が施されているバッグの事です。

欧米から大正時代に入ってきたビーズの装飾品が徐々に日本で使われ始め、

昭和時代に職人の技術を駆使して作られたビーズバッグが登場し、高い人気を集めました。

使われているビーズは大量生産された安いものよりも、ずっと質の高いものです。

しかし、そのビーズバッグも今では廃れてしまいました。

そんなビーズバッグについてツイッターで、「捨ててはいけない」と訴えかけている人がいます。

その人は、作家の加門七海という方です。

なぜ捨ててはいけないのでしょうか。

その理由が気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

バイクが走っている道路に“わざと”飛び出した小学生!その理由は大人には理解できないものだった・・・

車に比べ車体の小さなバイクですが、バイクも車両の一種。 事故に遭えば、かすり傷ではすみません。 20 …

素敵なアイデアに称賛の声!カフェに設置された洒落の効いた看板でマナーの悪いお客にチクリ・・・

マナーが悪い客への対処 時に人は自分よりも弱い立場の人間に向かって、威圧的な態度をとることがあります …

「好きじゃないのに仲良くしないとだめ?」→「いいえ!でもその代わり…」多数の称賛を浴びたある小学校の教えとは?

人間関係が苦痛に… 海外の小学校では、 「好きでもない人と仲良くしなくていい。その代わりに・・・」と …

子供に商品をペタペタ触られた「たい焼き店」が掲示した苦渋の貼り紙に称賛の声続々!

お店側がお客さんの行動に対して、 厳しい姿勢で「許さない!」という主旨の批判的な貼り紙を出す行為には …

もうすぐ天国へと旅立つ男性はベッドに横になって森の中へ→ホスピスが彼の願いを叶えようと動く…!

寝たきりになってしまった高齢の男性、エドさんは死期が近づいていました。 彼はエバーグリーン・ホスピス …

PREV : 猫好きなら多くの人が知っているこの保護された猫はとてもレアな種類でした…!
かわいいからOK(笑)犬だからこそ許される行動14選!これが可愛さという特権か・・・ : NEXT