Lenon


Lenonをフォローしよう!


認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に!


宮沢賢治の『注文の多い料理店』という作品をご存知でしょうか。

宮沢賢治作の童話の中では最もポピュラーな作品なので、一度は読んだことがあるでしょう。

この『注文の多い料理店』という名前からヒントを得た、

「注文を間違える料理店」というレストランが話題を集めています。

名前の通り、注文した料理とは異なるものが出てくることが多々あるレストラン。

そして、こちらのお店で働く人は認知症の人たちなのです。

このレストランは、

「認知症の人たちがうっかり犯してしまうミスに寛容な社会を作りたい」

というコンセプトから生まれました。

詳細は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

医者に抗がん療法を勧められた90歳の女性→それを断った理由が無敵感に溢れている!

「終活」という言葉が流行ったように、人生の最期のときをどう迎えるかを考えることは、 今では広く浸透し …

介護の現場で働くスタッフが語った思いよ、届け!あなたは介護の仕事にどんなイメージを持っていますか?

介護職の需要は年々高まっていますが、 その介護職のスタッフの数が高齢者の多さに合わない現状が続いてい …

「死ぬことは怖くない」と遺書に綴った18歳の回天特攻隊員→彼が恐れていたものとは…?

戦争を経験した方々も少なくなっていき、若い世代は教科書でしか戦争のことを知らず生活しています。 1年 …

コンビニで順番通り並ぶ子供を差し置いてレジに向かった若者→店員がまさかの一言を放った結果…!

割り込み 木材商社に勤める女性が、会社のお昼休みにコンビニに行ったときの出来事。 ビジネス街にあると …

「絶対に許せない」吃音症の男性客を最低な行為で小バカにしたスタバの店員に批判の声殺到!

声を出して会話をする行為は、コミュニケーションを図るために必要な事です。 インターネットが普及し、最 …

PREV : ある日いきなり寝たきりだった愛犬が立った!すぐさま飼い主の男性は犬をある場所へ連れて行った・・・
テレビを壊した凶悪犯は可愛い顔したアイツ!確保して懲役刑を科したものの…(笑) : NEXT