Lenon


Lenonをフォローしよう!


誰もが一度はやったことのあるイタズラが大事故に!夢を絶たれながらも前を向き続ける姿に勇気が湧いてくる・・・


Twitterユーザーの山田雄也(@yamada_yuya4224)さんが、

ちょっとしたイタズラから大怪我をした体験をTwitterに投稿しました。

その投稿は3万9,000人以上の人がリツイートし、多くの人に拡散されました。

椅子を引くイタズラ

2年前、山田さんの人生は大きく変わってしまいました。

学生だった山田さんは休み時間に少し席を外していました。

そして山田さんが自分の席に戻った時、

友人が彼の座ろうとしている椅子を後ろに引くイタズラをしたのです。

山田さんはそのイタズラによって、後ろにあった机の角に背中を強打してしまいました。

背中と腰に激痛が走り、彼は立ち上がることもできませんでした。

そのいつもとは異なる姿にクラスメイトがすぐに担架を用意し、彼を保健室まで運んだのです。

強打した背中から順に下半身がしびれ始め、すぐに救急車で病院に運ばれました。

背中を強打してしまった山田さんはその後、どうなってしまったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ホームレスの女性に水をあげることを拒否した店…それを目撃した青年が最高にかっこいい行動を起こす!

どんな事情か、どんな豊かな国でもホームレスが生まれてしまうのは悲しいことです。 この女性がどのような …

「よくぞ言ってくれた!」山手線の駅員が駆け込み乗車をする人に怒りの正論をぶつける・・・

山手線の駅員が、駆け込み乗車で無理やり乗ろうとする人たちへ怒りの正論をぶつける!その内容に共感の声が続々と寄せられる・・・

千原ジュニアが考える高齢者の運転事故を減らす方法に多くの共感の声!

近年、交通事故の死者数は減少傾向にありますが、高年齢者(65歳以上)の事故が多く発生しています。 毎 …

マツコ・デラックス、日本社会の閉塞感に「もう限界なのよ…」正論すぎるコメントに共感の声続々!

5時に夢中 マツコ・デラックスさんが2月6日、レギュラー番組である「5時に夢中!」に出演しました。 …

高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に!

高須院長 視力の弱い人にとって、『レーシック手術』は受けてみたい手術ではないでしょうか。 メガネを常 …

PREV : 世界一悲しい犬は幸せを掴んだはずなのに…!待ち受けていたのはとても残酷な運命だった・・・
「ベスト・オブ・誰の猫?」飼っていないはずなのに猫がいた瞬間8選! : NEXT