Lenon


Lenonをフォローしよう!


ベビーシッターとして3週間前に雇われたばかりの22歳の女性の提案が両親の度肝を抜いた!


キルステン・マイルズ

アメリカのニュージャージー州に住む、ジョージさんとファラさん夫妻には3人の子どもがいました。

しかし一方で、末娘のタリアちゃんが健康上の大きな問題を抱えていました。

そのため、夫妻は優秀なベビーシッターを探していました。

そこへ、大学を卒業したばかりの22歳のキルステン・マイルズさんが雇われることになりました。

彼女は卒業後、ベビーシッターのアルバイトをしていたのです。

肝臓の提供ドナー

生後9ヶ月になる末娘のタリアちゃんは肝機能不全による胆管閉鎖症と診断され、

初期治療の経過があまり思わしくありませんでした。

夫妻はタリアちゃんに適合する肝臓の提供ドナーを待っていました。

しかしドナーは現れず、時間ばかりが過ぎて行きました。

肝臓移植を受けなければ、タリアちゃんは2歳の誕生日を迎えることができないかもしれないのです。

その事実を知ったキルステンさんは、ある決断をしました。

キルステンさんがベビーシッターとしてこの一家に関わったのはまだ3週間ほどでしたが、

彼女はこの一家のタリアちゃんに対して特に深い愛情を注いでいたのです。

彼女は自分の肝臓がタリアちゃんに適合するかを調べる検査を受けることを申し出ました。

この物語の結末は次のページにてご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

トイレ内に張り出された禁煙を呼びかけるポスターに書かれた落書きの内容に批判の声続々!

大昔からある落書き。 楽しいものから不快なものまで色々ありますが、落書き行為は褒められるものではあり …

「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる!

神奈川県の相模原市の障害施設「津久井ゆりはま園」で、19人が殺害されてしまうという悲しく、そして憤り …

酒を飲み、居眠りした状態で運転されていた車に命を奪われた息子の母→現場にあったランドセルの中身に涙が止まらない…!

2年ほど前の9月に悲しい出来事が起きました。 小学生の男の子が下校している途中、車に10メートルも先 …

「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢」林修先生がやる気のない生徒に対して言った言葉の説得力がすごい!

「いつやるか?今でしょ!」 このセリフで一躍有名になった、東進ハイスクールの名物教師・林修先生。 T …

「大丈夫?」という質問に「大丈夫」と答える子の裏にある真実とは?教師が語る言葉に涙が溢れる・・・

教師といえば、親の次に生徒を心配してくれる『大人』ではないでしょうか。 特に学校生活では、教師の目配 …

PREV : 18歳まで長生きした犬は最後に一つの願いを叶え、幸せに溢れながらこの世を去った・・・
私たちの想像を超えるトカゲの可愛さポテンシャルの高さがよく分かる画像10選! : NEXT