Lenon


Lenonをフォローしよう!


娘を肩に乗せペンを売る父親の写真→ただの写真では終わらず、人生の転機になった…!


世界には紛争や迫害から逃れ、避難を余儀なくされている難民が数多くいるといわれています。

現在レバノンには、人口の約3分の1にあたる100万人以上の難民がいるそうです。

苦しい難民生活

アブドゥルさんもその1人で、レバノンの首都ベイルートで難民生活を送っていました。

彼は9歳の息子と4歳の娘を育てるシングルファーザーです。

生計を立てるため、彼は危険な路上で停車している車の間を歩き回ってペンを売っていました。

この状況をジャーナリストが撮影し、その写真はネット上に広まりました。

そして、それが人権活動家のギスール・シモナーソンさんの目に止まりました。

彼はtwitterの力を借りてアブドゥルさんを探しました。

この、ギスールさんとの出会いがアブドゥルさんの運命を変えていきます。

このお話の続きは、次のページにてご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

東急電鉄のマナー向上広告→「電車での化粧はみっともない」あなたはどう思いますか?

まずはこの広告をご覧ください。 こちらは東急電鉄が展開中のマナー広告シリーズ「わたしの東急線通学日記 …

「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢」林修先生がやる気のない生徒に対して言った言葉の説得力がすごい!

「いつやるか?今でしょ!」 このセリフで一躍有名になった、東進ハイスクールの名物教師・林修先生。 T …

盲導犬を連れた客がやってきた時の天丼てんやの店員の対応が素晴らしいと話題に!

皆さんは月に何回くらい外食をしますか? お金がもったいないから外食なんてとんでもないという節約タイプ …

宇多田ヒカルが日本ではなくロンドンで子育てをした理由に納得すると共に怒りを覚える…!

宇多田ヒカルさんは2016年の春に約5年間の活動休止に終止符をうち、現役復帰しました。 9月にリリー …

遠く離れたイタリアでも、毎年のように原爆忌の式典が開催されていることが日本人のほとんどに知られていない…!

みなさんは、イタリアでも原爆忌の式典が行われていることをご存知でしたか? イタリアの首都であるローマ …

PREV : 奇妙な音が聞こえたので起きてみたらこの子の寝言でした・・・(笑)
古い倉庫で見つけられた死ぬ寸前の野良犬!救出されて10日後の姿に胸が熱くなる・・・ : NEXT