Lenon


Lenonをフォローしよう!


11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?


11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。

この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知ってる、考えている」を発行し、

その言葉の数々が共感できるとベストセラーになりました。

芭旺くんは9歳で自ら小学校を通うのを辞め、自主学習をしているそうです。

この年頃は、自分の欲求に忠実で勉強より遊びを優先させているのではないでしょうか。

先生の言うことを素直に聞く9歳という年齢で、彼は何を受け止めたのでしょう。

先生の言葉

学校の勉強は誰かの模倣であると捉えた芭旺くん。

みなさんは小学校の頃、このようなことを考えた事があるでしょうか?

この頃の男の子だと、ゲームやアニメのことで頭がいっぱい、

ふざけては同級生の女の子に呆れられているのが普通だと思います。

しかし、芭旺くんは事実を自身で体験しようと学校という枠を飛び出しました。

知りたい事は、自分で確かめるという旅にでたのです。

そこには、多くの著名人との出会いがありました。

その旅路の模様は、次のページで詳しくご紹介いたします。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ANAに学ぶ「時間はコスト」という考え方!5分の遅刻をしがちな人に欠けている視点とは?

ANAグループにとっての最重要課題は「安全」ですが、 その次に重要視しているものが「定時運航」です。 …

公演中にスマホを3度も鳴らしてしまった客に対して落語家が言い放った一言がこちら!

落語の公演中にスマホを3度も鳴らしてしまった客がいました!その客に対してある落語家が言い放った一言はこちら・・・

娘の命を奪った犯人と法廷で会った母親がとった驚くべき行動に心揺さぶられる…!

自分の娘の命を奪った犯人と法廷で初めて対面した母親!その時、母親がその犯人にとった行動に心揺さぶられる・・・

近年インドネシアの看護師が日本で働きたがらなくなっている理由にやるせない気持ちになる…!

東南アジアの人々から見ると、日本は給料が高くてうらやましいと思われているかもと感じますが、 実際は違 …

接客業に携わる人々の心の叫び!休日の出勤より耐えられないものとは?「私達は、サンドバッグではありません…!」

休日出勤より耐えられないもの Twitterユーザー「ひろばのさるの(@hirobanosaruno …

PREV : 「バカ犬じゃない、バカ親だ」犬のしつけができていない親を一蹴した町内会長の一言に考えさせられる…!
目の前に広がる炎!追い詰められた犬を命がけで救出する様子に心震える・・・ : NEXT