Lenon


Lenonをフォローしよう!


11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?


11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。

この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知ってる、考えている」を発行し、

その言葉の数々が共感できるとベストセラーになりました。

芭旺くんは9歳で自ら小学校を通うのを辞め、自主学習をしているそうです。

この年頃は、自分の欲求に忠実で勉強より遊びを優先させているのではないでしょうか。

先生の言うことを素直に聞く9歳という年齢で、彼は何を受け止めたのでしょう。

先生の言葉

学校の勉強は誰かの模倣であると捉えた芭旺くん。

みなさんは小学校の頃、このようなことを考えた事があるでしょうか?

この頃の男の子だと、ゲームやアニメのことで頭がいっぱい、

ふざけては同級生の女の子に呆れられているのが普通だと思います。

しかし、芭旺くんは事実を自身で体験しようと学校という枠を飛び出しました。

知りたい事は、自分で確かめるという旅にでたのです。

そこには、多くの著名人との出会いがありました。

その旅路の模様は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

息子が学校で友達を殴ったので父親は叱ろうとしたが泣きながら明かされた理由に言葉が出なかった…!

友達を殴った息子 ある日、息子さんの通う小学校からお父さんの会社へ連絡がありました。 「息子さんが友 …

バカリズム流マナーの悪い女子高生への天才的な注意の仕方が話題に!

2017年2月23日にテレビ朝日系列で放送された 『アメトーーク!』でお笑いコンビ「アキナ」の山名さ …

事故で片足を切断したものの、懸命な治療と励ましで助かるはずの命だった→しかし、通りすがりの人が悲劇を起こす…!

励ますことの大切さ みなさんは人命救助に関わったことや、その現場に居合わせたことはありますか? 今回 …

「死ぬ気になればなんでもできる」にちょっと待った!あるお寺の格言が一石を投じる・・・

私たちの生活の中で、昔の偉人が残した名言・格言が社訓や精神論に繋がっているケースは多いですよね。 み …

「山を舐めるな!」中学の全校登山で全員ジャージに着用を強制したら1人の先生が・・・

2017年3月27日、雪崩の起きやすい春山で悲惨な出来事がありました。 栃木県那須町で登山講習中の大 …

PREV : 「バカ犬じゃない、バカ親だ」犬のしつけができていない親を一蹴した町内会長の一言に考えさせられる…!
目の前に広がる炎!追い詰められた犬を命がけで救出する様子に心震える・・・ : NEXT