Lenon


Lenonをフォローしよう!


11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?


11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。

この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知ってる、考えている」を発行し、

その言葉の数々が共感できるとベストセラーになりました。

芭旺くんは9歳で自ら小学校を通うのを辞め、自主学習をしているそうです。

この年頃は、自分の欲求に忠実で勉強より遊びを優先させているのではないでしょうか。

先生の言うことを素直に聞く9歳という年齢で、彼は何を受け止めたのでしょう。

先生の言葉

学校の勉強は誰かの模倣であると捉えた芭旺くん。

みなさんは小学校の頃、このようなことを考えた事があるでしょうか?

この頃の男の子だと、ゲームやアニメのことで頭がいっぱい、

ふざけては同級生の女の子に呆れられているのが普通だと思います。

しかし、芭旺くんは事実を自身で体験しようと学校という枠を飛び出しました。

知りたい事は、自分で確かめるという旅にでたのです。

そこには、多くの著名人との出会いがありました。

その旅路の模様は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

コンビニで順番通り並ぶ子供を差し置いてレジに向かった若者→店員がまさかの一言を放った結果…!

割り込み 木材商社に勤める女性が、会社のお昼休みにコンビニに行ったときの出来事。 ビジネス街にあると …

手つかずの料理が置かれたテーブルの写真が2万回以上のシェアをされている理由とは?

アメリカで暮らすブリタニーさんはある日、 レストランで食事をとっているときに1枚の写真を撮ってFac …

92歳のひいおばあちゃんと病気を患っているおばあちゃんをたった1人で介護しているのは5歳の女の子!健気な姿に胸が熱くなる・・・

5歳にも関わらず、2人の老人の介護を余儀なくされている女の子が中国にいます。 今回は、彼女のお話しを …

再就職の面接で採用された女性に来た、社長からの完全アウトなLINEがこちら・・・

私たちが日々の生活を送る上で欠かせない要素の1つがお金です。 そのお金を得る為には働かなければいけま …

会議中、吸入薬を使っていた女性が翌日会社に来なかった理由に考えさせられる・・・

「持病の喘息」「膠原病」「糖尿病」など、 さまざまな持病を持ちながら働いている方も少なくないと思いま …

PREV : 「バカ犬じゃない、バカ親だ」犬のしつけができていない親を一蹴した町内会長の一言に考えさせられる…!
目の前に広がる炎!追い詰められた犬を命がけで救出する様子に心震える・・・ : NEXT