Lenon


Lenonをフォローしよう!


子供が自尊心を深く傷つけてしまう、絶対にしてはいけない親の無知な3つの行為がこちら!


お子さんが誕生した日のことを覚えていますか。

目の前の小さな命に今までにない愛情を覚え、全てをかけても守ろうと決意したと思います。

そして、日々成長する子供は楽しく面白くもありますが、1人の人間を育てるということは正直大変ですね。

「いくら言っても聞き分けがない」

「何度言っても同じ失敗を繰り返す」

「忙しい時に限ってわがままになる」

など、思わず声を上げて怒鳴りたくなる時があるのではないでしょうか。

この「怒鳴る」という行為。

ただの躾と考えてはいけません。

怒鳴ることによって子供たちは大人しく命令に従うかもしれませんが、

子供たちの心は怒鳴られることによって恐ろしい影響を及ぼすと懸念されています。

詳しくは次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ガンの闘病中に小林麻央が病気が進行していることを痛感して泣いてしまった瞬間とは…?

小林麻央さんが乳がんであることを初めて明かしたのは、 2016年6月9日に開いた夫の市川海老蔵さんの …

「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢」林修先生がやる気のない生徒に対して言った言葉の説得力がすごい!

「いつやるか?今でしょ!」 このセリフで一躍有名になった、東進ハイスクールの名物教師・林修先生。 T …

大雨の日に電車内で滑って転んだおじさんを嘲笑した大学生!しかし大学生はその後の展開に凍りつく・・・

転んだおじさん 大学3回生の終盤だった男性は、就職活動に日々力を入れていました。 ある日、大手の会社 …

「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…!

京都への観光は、今も昔も変わらない人気ですね。 現代からいにしえへ時間旅行をするような魅力があるから …

妻と別れた後、生き埋めになった男性が伝える重要なメッセージに耳を傾けてください・・・

「生きたまま埋められる」 こんな恐ろしいことがあって良いのでしょうか。 暗らく狭い場所で、空気が徐々 …

PREV : 迷い猫を自宅に連れ帰った犬!警戒気味の子猫が気を許すまで見守った結果、2年後に・・・
誰しも経験した事があるのに放置しがちな症状!放っておくと大変な事になるかもしれない8つの危険信号がこちら・・・ : NEXT