Lenon


Lenonをフォローしよう!


「言葉の通じない外人は後回しにしろ」というクレームに毅然と正論を返した駅員に心揺さぶられる…!


今、ブラック企業が問題になっていますね。

サービス残業や休日出勤など、過酷な勤務がまだまだ多い世の中です。

そんな風潮に文句も言えず、ただ働く企業戦士たちは少しも昔と変わっていないのではないでしょうか。

そしてそのはけ口は弱いものに向けられていきます。

「お金を払っているのだから、サービスするのは当たり前だ、」

「お客なのだからいうことを聞け」と、立派なクレーマーの誕生です。

店員さんがそこで謝まってしまうとクレーマーはますます居丈高になっていきます。

日頃押さえつけられた鬱憤が爆発するのでしょう。

クレーマーが増えて行く道理です。

さて、そんなクレーマーがある駅にも出現しました。

駅員の言葉

都内のある駅でのお話です。

外国人旅行者に対応中の駅員に向かって突然、

「言葉が通じない外人は後回しにしろ!いつまで待たせるんだ!」という怒鳴り声がしたそうです。

駅員は毅然とした態度でそのお客に

「あなたと同じお客様ですよ。順番を待ってください!」

といったそうです。

このことがTwitterに投稿され、駅員さんの態度が素敵だと話題になりました。

日本人も外国人も、健康な人も障がい者も同じお客としてサービスを受ける権利があります。

時間がかかるから、と後回しにされたのではたまりませんね。

こういう場合謝まってしまったらますますこのお客はいい気になってしまいます。

スパッと言い放った駅員さんは周りの人まですっきりした気分にさせたようです。

賞賛のコメント多数

このツイートに対して賞賛のコメントが多く寄せられました。

駅員さんの態度に拍手喝さいのコメントがおおいようです。

店員さんや駅員さんにはこんなクレーマーは日常茶飯事なのでしょうね。

対応される方の大変さがわかります。

こんな時、謝まってしまえば楽なのかもしれません。

しかし、それではクレーマーは後を絶ちません。

たまにはこうしてガツンと言い放つことも必要ですね。

お客は順番を守って節度のある態度でいきましょう。

カリカリしても何も良いことはありません。

【関連記事】

接客業に携わる人々の心の叫び!休日の出勤より耐えられないものとは?「私達は、サンドバッグではありません…!」

2011年3月12日→東日本大震災翌日に乗ったJALの機内アナウンスが忘れられない・・・

「年寄りに席を譲れと習わなかった?」嫌味なお婆さんに対して幼児が放った言葉に誰もがスカッとした!

ベビーカーでバスの通路を塞ぐ形となった途端、母親に乗客が集中攻撃!近くにいたおばあさんがこの一言であっという間に乗客を黙らせた・・・

「絶対に許せない」吃音症の男性客を最低な行為で小バカにしたスタバの店員に批判の声殺到!

出典:Twitter



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女性が手のひらに黒い点を書くと、すぐさま警察が現れて逮捕となる理由・・・

皆さんは、手の平に黒い点を書いている人をみたことがありますか? そして、それはなんの意味があるか知っ …

世界一育児をしない日本男子は見逃し厳禁!九州の県知事が妊婦になった結果・・・

日本人の夫は世界一家事育児をせず、中でも 「九州・山口地域の男性は、家事関連に携わる時間が全国平均よ …

人種差別と闘ったアスリート→48年前のオリンピックで自分の人生をめちゃくちゃにしてこの男性は歴史を動かした…!

1968年は、日本人が初めて南極に到達した年です。 週刊少年ジャンプが創刊され、人生ゲームが流行し、 …

92歳のひいおばあちゃんと病気を患っているおばあちゃんをたった1人で介護しているのは5歳の女の子!健気な姿に胸が熱くなる・・・

5歳にも関わらず、2人の老人の介護を余儀なくされている女の子が中国にいます。 今回は、彼女のお話しを …

うっかり女性専用車両に乗ってしまった男性がおばさんに「降りろ」と執拗に責め立てられた!その時、OLのこの言葉がおばさんをタジタジに・・・

誰でも1度や2度の間違いやミスは犯すものです。 ロボットではない限り、それは仕方のないことですね。 …

PREV : バケツをくわえた大型犬!中に入れて運んでいるものとの様子が可愛すぎる!
「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・ : NEXT