Lenon


Lenonをフォローしよう!


2011年3月12日→東日本大震災翌日に乗ったJALの機内アナウンスが忘れられない・・・


ガラガラの飛行機

大貫さんの搭乗した夜のJAL便は、横一列に1人程度しか乗客がいないほどガラガラでした。

急いで帰りたい人々は日中の便を利用していたためです。

そんな機内で、客室乗務員の女性が離陸後にアナウンスを行いました。

大貫さんの言う通り前日の欠航はJALのせいではないのですが、

それでも謝るというのは日本の航空会社ならではだと思います。

震災の翌日から運航を再開したということは、

きっと寝る間も惜しんで作業を行なったことによる成果でしょう。

客室乗務員をはじめとしたJALの従業員の方々も疲労困憊している中、

そんな姿を一切見せずに乗客を思いやるその言葉に心打たれます。

不安な乗客に向けて

客室乗務員のアナウンスは続きます。

JALの従業員たちは震災当日の夜も、空港にいた方々のために働いていたのです。

頭が上がりませんね。

震災直後ということで気持ちが不安定な方のために、

客室乗務員の方が話し相手になって気持ちを紛らわしてくれるというのです。

そんな乗客の不安さえも気遣ってくれる客室乗務員の心遣いが、

それだけで乗客たちも安心して搭乗できたことでしょう。

きっと客室乗務員の方の中には、家族が震災に巻き込まれてつらい思いをした方もおられるでしょう。

しかしそういった気持ちを表に出さずに、仕事を全うする客室乗務員の姿勢はとても素晴らしいものです。

大震災から6年以上経った今でも、避難生活を強いられている人は多くいます。

そういった方を、私たちは支えていくことが大切でしょう。

そして、甚大な被害に見舞われたこの東日本大震災を忘れないことも私たちの役目でしょう。

【関連記事】

「日本人はいつからこんな国民性に?」原発いじめ問題に対するデーモン閣下の言葉に考えさせられる・・・

『最後だとわかっていたなら』岩手日報が3月11日の日だからこそ伝えたかったことに涙が溢れる・・・

『福島県お断り』女子中学生が作成した作文が胸に突き刺さる内容だと話題に…!

一番の防災は「忘れないこと」!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?

この女子大生は祖母を置いて逃げ出した→自責の念に苦しみ続ける彼女へ、心療内科の先生が温かく力強い回答を授ける…!

出典:Twitter



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

つらそうにしている人の心を軽くするのは「大丈夫?」じゃない!それよりも効果的な言葉はこちら・・・

つらそうな人をみると、ついつい「大丈夫?」と声をかけていませんか? おそらく、そうしてしまう方がほと …

今や小学校の運動会では音楽をかけることができない地域も!その理由に唖然・・・

運動会は、学校行事の中でも最大のイベントです。 ところが学校によっては、運動会で音楽を流さないと決め …

「このバス、あの場所に行きますか?」という質問に対する運転手のキツい回答に考えさせられる・・・

「このバス、あの場所に行きますか?」 Twitterユーザーの「ほー(ほほほ)(@CESSA)‏」さ …

「無駄なこと」について→GACKTの考え方が多くの人々の心に響いた・・・

GACKT 沖縄出身のミュージシャンであるGACKTさん。 音楽業界だけにとどまらず、俳優としても活 …

サッカーの試合中に敵チームのGKが倒れた→人種差別にも屈せず命を救ったトーゴ代表の選手に拍手喝采!

差別はいけない事ですが、差別はなくなりません。 差別にも色々あり、身分・職業・地域・人種など、その種 …

PREV : これで完璧と思った侵入防止用シンクカバー→ところが簡単に突破し、思わぬ場所で寛ぐ子猫の表情が笑える!
トラらしくないけどかわいい(笑)いしかわ動物園で暮らすトラの寝姿が話題に! : NEXT