Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害を抱える人たちにはこうして支援する→とても分かりやすいイラストが話題に!


「どうも気持ちが通じないと思う人」

「自己中心的でわがままに感じる人」

など、社会的コミュニケーション能力が少し異なる感覚の方がいます。

一概に「付き合いづらい人、一緒に働きづらい人」などと決めつけ、遠ざけてはいないでしょうか?

その理解しがたい性格の向こうには、

自閉症やアスペルガー症候群という「発達障害」で自身も困っている人かもしれません。

障害は誰のせいでもありませんから、仕事ができないと決めつけているだけでは何の解決にもなりませんね。

そこで発達障害の方を理解するために、

コミュニケーションの取り方をとても分かりやすく解説している冊子がありました。

北海道札幌市が市内で配布しているもので、

『発達障害者を支援する虎の巻シリーズ』として掲載しているそうです。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生徒どころか親からも嫌われていたある教師の偉大さを数年後にやっと思い知ることに…!

生徒からも親からも嫌われた先生 学校の先生も、生徒や親と同じく人間ですから色々な性格の人がたくさんい …

飛行機でパニックになっていた親子を救った男性!こんな優しさで溢れて欲しい・・・

こんな優しさが広まると良いだろうと言うエピソードをご紹介!飛行機でパニックになっていた親子を救った男性がとった行動とは?

「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…!

京都への観光は、今も昔も変わらない人気ですね。 現代からいにしえへ時間旅行をするような魅力があるから …

実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・

動物保護活動に従事してきた環境活動家のリンダ・コーブナーさんは、23歳の時に動物実験場のチンパンジー …

「子供が真似して困るから」カーリング女子に寄せられた苦情の内容に言葉が出ない・・・

「子供が真似して困るから」平昌五輪で活躍したカーリング女子に寄せられた苦情が話題に!その内容に思わず唖然・・・

PREV : 寒かろうと思ってワンちゃんに生まれて初めて洋服を着せてあげた結果・・・(笑)
チェーンに繋がれた6年間、半径1メートル内でしか生きられなかったビーグル犬は初めて知った広い世界に好奇心が止められない! : NEXT