Lenon


Lenonをフォローしよう!


発達障害を抱える人たちにはこうして支援する→とても分かりやすいイラストが話題に!


「どうも気持ちが通じないと思う人」

「自己中心的でわがままに感じる人」

など、社会的コミュニケーション能力が少し異なる感覚の方がいます。

一概に「付き合いづらい人、一緒に働きづらい人」などと決めつけ、遠ざけてはいないでしょうか?

その理解しがたい性格の向こうには、

自閉症やアスペルガー症候群という「発達障害」で自身も困っている人かもしれません。

障害は誰のせいでもありませんから、仕事ができないと決めつけているだけでは何の解決にもなりませんね。

そこで発達障害の方を理解するために、

コミュニケーションの取り方をとても分かりやすく解説している冊子がありました。

北海道札幌市が市内で配布しているもので、

『発達障害者を支援する虎の巻シリーズ』として掲載しているそうです。

詳細は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お笑いライブ中に泣き出した赤ちゃん!帰ろうとする親子に中川家がとった即興の神対応とは?

よしもとお笑いまつりin所沢に、 娘さんと息子さんの3人で見に行ったTwitterユーザーのいなまり …

コンビニで順番通り並ぶ子供を差し置いてレジに向かった若者→店員がまさかの一言を放った結果…!

割り込み 木材商社に勤める女性が、会社のお昼休みにコンビニに行ったときの出来事。 ビジネス街にあると …

水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・

日本国内だけでなく、 海外へ旅行に行くとその国の人柄などで驚いたり感動したりすることがありますよね。 …

震災で7人の命を救った災害救助犬『ダイゴ』→しかしそれと引き換えに待っていた悲しすぎる運命とは…?

2016年4月14日に発生した熊本地震では、多大な被害の爪痕が残ってしまいました。 現在も、復興に向 …

母の強さに涙!余命3ヶ月と宣告された42歳のお母さんが最後にやり遂げた事と奇跡・・・

スキルス胃がんに罹ってしまった42歳の女性。 余命は3ケ月と宣告されてしまいました。 しかしある日、 …

PREV : 寒かろうと思ってワンちゃんに生まれて初めて洋服を着せてあげた結果・・・(笑)
チェーンに繋がれた6年間、半径1メートル内でしか生きられなかったビーグル犬は初めて知った広い世界に好奇心が止められない! : NEXT