Lenon


Lenonをフォローしよう!


今までの価値観が変わる、白血病によって23歳の若さでこの世を去った青年の言葉にハッとさせられる…!


「人が死んだ後に残るのは、集めたものではなく、与えたものである。」

このメッセージは、ひすいこたろうさんの著書『明日死ぬかもよ?』という本に掲載されている言葉です。

この本にまとめられた言葉が心に突き刺さると話題になっています。

この本は「死は生にセットされたものであり、不可避である。そこから目を背けている人にまず直視させ、価値観を変えること」をコンセプトに、

思いの籠った言葉たちが紹介されています。

その言葉の中には、23歳という若さで白血病によって命を落とした青年が、

生前に残した言葉も掲載されています。

その言葉は、「生きたい」という意思を強く感じるものでした。

23歳の青年が残した言葉とはどのような言葉だったのでしょうか。

次のページでご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

つるの剛士が1ヶ月間、本気で主夫→そこで「気づいたこと」の箇条書きにパパ・ママ共感!

つるの剛士、1ヶ月本気で主夫! タレント・歌手活動など様々なジャンルで活躍中のつるの剛士さんが、6月 …

母親がウトウトしていると、隣で寝ていた赤ちゃんの脈が止まっていた!その原因はスマホだった・・・

カザフスタンで起きた出来事です。 赤ちゃんと添い寝をしていたお母さんは、自分もついウトウトと寝入って …

長女が誕生した窪塚洋介が”イクメン”という言葉は間違っていると否定→その真意に称賛の声続々!

共働きの家庭が増えるに伴って、育児に関する考え方も変化してきています。 一昔前までは自分の子どもでも …

親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・

キリル君はカザフスタンの孤児院で育った男の子です。 生まれつき右手がありません。 この障害が理由で生 …

音を出すのには理由があるのに… 白杖を叩いて歩く女性が『うるさい!』と怒鳴られる!

とある駅構内にて、視覚障害のある女性が点字ブロックの上を白杖で音を立てて歩いていた時に、 年配の男性 …

PREV : 猫がサーフィン!?片目を失った猫が見つけた生きがいに心揺さぶられる・・・
離れ離れになるはずの2匹の姉妹猫を繋ぎとめたのはかわいい体の模様だった…! : NEXT