小学校の時の先生が行なったちょっとした工夫によって「人の話が理解できない子」が最先端の研究者に…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


小学校の時の先生が行なったちょっとした工夫によって「人の話が理解できない子」が最先端の研究者に…!


些細な工夫

10年前、前任から接することが難しい子と教えられた児童をぽんたさんは受け持つことになりました。

彼はこの子に配るプリントにちょっとした工夫を行ったのです。

カラーのプリントを白黒コピーにして、

話している部分以外は目に入らないように隠してあげて授業を進めてあげたそうです。

どうやらその子にとってはプリントの色さえも余計な情報になっていて、

勉強や人の話に集中できなかったようでした。

ぽんたさんの工夫によってその子は、

「先生の授業はわかりやすい」と家族に話すようになってくれました。

そしてそんな子も、今ではトップクラスの大学に進学したそうです。

ぽんたさんのお陰で、日本は優秀な人材を発掘することができたのです。

主役は子ども

教室に子どもたちが描いた自画像などを飾ることについても、ぽんたさんは問題があると言います。

発達障害のある子も大切なクラスの一員です。

そのような子も勉強しやすい環境にすることは大切なことでしょう。

ぽんたさんがこの子のために行ったことは、「誰にでもできること」だとぽんたさんは言います。

確かに黒板に書いた文字を紙で隠すことは、大したことではありません。

やろうと思えば誰でもできることですよね。

しかし、それを行える人はほんの一握りなのでしょう。

「クラスにいるたった一人のためにそこまでするのは…」と思う人も多いのではないでしょうか。

そしてぽんたさんがTwitterで発言したことについて、異論を唱える人もいるでしょう。

その異論を唱える人は大人であり、子どもたちではありません。

教育の場の主役となるのは、教師でも親でもなく子どもたちです。

そんな子どもたちが学びやすい環境はどういった環境なのかを、改めて考えなおすべきでしょう。

出典:Twitter

【関連記事】

塾の説明会で「小学校の授業なんてレベルが低くて役に立たない!」と言った母親に対して塾講師が言った一言が感動的…!

「好きじゃないのに仲良くしないとだめ?」→「いいえ!でもその代わり…」多数の称賛を浴びたある小学校の教えとは?

『福島県お断り』女子中学生が作成した作文が胸に突き刺さる内容だと話題に…!

高学歴の公務員が同級生が高卒であることをバカにした!しかし、同級生からのある一言に何も言い返せなかった・・・

「空手をやればイジメられずに済む」母に騙されて空手道場に連れて行かれたおかげでイジメが止んだ時、先生に言われたグッとくる言葉とは?



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

店内をドタバタ走り回る子供たちに全く注意しないその子たちの母親!見かねた店員が子供たちにとった対応とは?

最近よく目にする、子供連れのお母さんたちによるママ会。 そのママ会で問題なのが、お母さん同士で話が盛 …

涙を流す3人の看護師…残酷な運命の夜に撮られた、1枚の写真に隠された深い意味が話題に!

流産という受け止めがたい現実 多くの女性にとって一番の耐えがたい思いは、子どもの命に関することかもし …

11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・?

11歳の哲学者と呼ばれている「中島芭旺(ばお)」くん。 この年齢にして彼は自己啓発本「見てる、知って …

昭和の時代に流行ったビーズバッグを捨ててはいけないという理由に心が痛む・・・

ビーズバッグとはバッグ全体にビーズがびっしりと使われ、芸術的な刺繍が施されているバッグの事です。 欧 …

マツコ・デラックスが新成人に向けたマツコらしいエールに「納得した」という声続々!「男はきゃりーより、おのののかと付き合いたいのよ」

1月9日は成人の日で、今年は127万人の新成人が誕生しました。 成人式の様子は今年も多くのニュースや …

PREV : 子猫のひろしくん、刺身を発見!「ちょうだい!」のおねだりが可愛すぎるも最後は実力行使(笑)
欲しかったぬいぐるみを買ってもらった犬の行動と仕草はまるで子供!嬉しさ爆発な様子をご覧ください・・・ : NEXT