Lenon


Lenonをフォローしよう!


『最後だとわかっていたなら』岩手日報が3月11日の日だからこそ伝えたかったことに涙が溢れる・・・


「行ってきます」と出かけていくご主人や子どもを見送る時、

それが最後だとあなたは思ったことがありますか?

事故や災害は突然やってきます。

しかし、何気なく見送った家族の姿を見るのが最後になろうとは誰も考えてはいないでしょう。

毎日繰り返す日常に、テレビを見ながらあるいは台所の片付けものをしながら、

「行ってらっしゃい」と呑気に答える人が多いのではないでしょうか。

新婚さんなら玄関までお見送りして熱いキスなんてこともあるのかもしれませんが、

何年も連れ添った夫婦はお見送りさえもしないかもしれません。

忙しい日常は毎日繰り返されると誰もが信じています。

まさか、それが途中で断ち切れるとは誰が思うでしょう。

あの日を境に生活が一変してしまいました。

2011 年3月11日に突然生活を根こそぎ奪われてしまったのです。

『最後だとわかっていたなら』、あなたは家族に何をしてあげられたでしょう。

岩手日報が掲載した書籍『最後だとわかっていたなら』が話題になっているのでご紹介します。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

小学校の時の先生が行なったちょっとした工夫によって「人の話が理解できない子」が最先端の研究者に…!

「できない子」とレッテルを貼られる子は人の話が聞けなかったり、落ち着きがない子だったりします。 周囲 …

真夏の建築現場に設置されたとある自販機に「こうあるべきだ」と称賛の嵐!

夏は暑いものとはいえ、最近は尋常じゃないほど暑い日が観測されています。 2017年夏の気温ランキング …

事故現場で野次馬が最悪な行動→「恥を知りなさい」警察の怒りの投稿に考えさせられる…!

ドイツのハーゲンにあるハーゲン中央駅の近くで大事故が起こりました。 それは凄惨な事故現場で、赤信号を …

早朝に夫と大ゲンカした日の夕方、夫が事故に遭って還らぬ人に!夫の車の中にあった事故原因に言葉が出ない・・・

早朝の大ゲンカ 元気な5才のお子さんと、家ではぐ〜たらしている旦那さんの世話に追われる毎日を送ってい …

波乱の人生を歩んできたダライ・ラマ14世が語る『人生で大切な18カ条』から学ぼう!

1989年にノーベル平和賞を受賞した彼を崇拝するのは、 チベット国民だけではなく宗教の宗派を超えてた …

PREV : 食べ物と愛情を求めた野良猫がアピールするべくとった大胆な行動とは!?
愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…! : NEXT