Lenon


Lenonをフォローしよう!


高須院長が彼女に整形を頼まれても絶対に拒否する理由に称賛の声続々!


彼女のお願いごと

「私、たるんだお腹を美容整形したいんだ」(西原)

「絶対ダメ!」(高須院長)

「顔の真ん中にドーンと居座っている南方あぐら鼻。
ニコール・キッドマンのように小鼻にして!
若い時から本当に直したいの。
何回もお願いしているのに!」(西原)

「できるけど絶対にしない」(高須院長)

お2人の交際の様子が描かれている西原理恵子氏の著書には、

何回も整形をお願いする場面が描かれています。

しかしながら高須院長の答えは、いつもきっぱり「絶対にしない」だそうです。

高須院長ほどの腕を持つ美容外科の先生なら、

愛する人をより美しくするのはとても簡単なことだと思います。

実際に、高須院長はご自分に美容整形を施しているそうです。

高須院長の真意

美容外科の院長を務める高須さんは、なぜ彼女の整形は頑なに拒むのでしょうか?

その真相はこちら。

「いいですか?恵理子さん。
人間は欠損に恋をするんですよ!
黄金率でないもの・弱いもの・足りてないものに本能的に補おうとするのです。
その弱さや未熟さを自分だけが理解しているんだと思うのです。
だから欠損の理解者になれるのですよ。」

こう言って優しく諭したそうです。

相手を深く思えばなおさら、身体にメスを入れられないのですね。

深い言葉です。

ネットの反応

高須院長の言葉をSNS上で読んだ人々から共感の嵐。

「いつも美容整形を本気でしたいと考えていたけれども、この言葉を読んで考え直しました」

このようなコメントが寄せられました。

また、総額1,000万円もかけて美容整形をした20代の女性はこのように語っています。

「整形をして確かに以前より、もてるようになりました。
しかし整形前から付き合っていた彼とは、
整形が完成に近くなっていくうちに別れることになってしまいました。
整形前は誰が見てもブサイクでしたが、
彼だけが”可愛い”と言ってくれたのを最近よく思い出します。
ありのままの私の唯一の理解者だったのでしょうね」

美容整形がとても自然になりつつある日本。

あなたは高須院長の言葉を、どのように感じましたか?

出典:女性自身

【関連記事】

Twitterで合わなすぎるポップな言葉を添えて脅迫状を晒した高須克弥院長→フォロワーも思わずほのぼの!

ボイコット寸前だったリオ五輪サッカー・ナイジェリア代表→危機を救ったすごい人はなんと日本人だった!

母親は生まれた赤ちゃんを見て死んでしまえばいいと思った→だが数年後、そう考えたことを後悔する…!

ニベア発祥の地であるハンブルグにはニベア缶の自動販売機があるという胸アツな事実をご存知ですか!?

就寝前の○○でぱっちりキレイに!芸能人がこっそりしている寝る前美容法がすごいと話題に!


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 京都のたつや より:

    内面が重要ということでしょうか?
    そうなら、高須先生のクリニックでは、事故などで元の顔や体を失った方だけを手術されているのでしょうか?

  関連記事

学習障害を抱え、「バカ」と呼ばれ続けた女性が卒業式の時に綴った本音が胸に突き刺さる…!

学習障害を抱えた女性 こちらの写真は海外の画像投稿サイト「Imgur」に投稿され、大きな反響を呼びま …

「こんな父親いなくたって…」父親が鳶職だという男子高校生が書いた作文に感動…!

父親は鳶職 思春期、反抗期の思い出は皆さんにありますか? その頃の自分が大変な立場に置かれていて、 …

スーパーが打ち立てた方針を特定の客に向けて注意書き!その内容に納得の声続々・・・

スーパーの値引き 今回ご紹介するのは、ある特定の客に向けて貼りだされたスーパーの注意書きについてです …

母から娘への手紙→「人は必ず老いる」とはどういう事か生涯をもって教えてくれた内容に胸が熱くなる…!

「人間は、産まれた時から死へと向かっている」 このような言葉を聞いたことがあるでしょうか? 年の取り …

駐車場で車を停める時、障害者用スペースにまではみ出すとこんなことになる・・・

最近ではスーパーマーケットのみならず、 道の駅やコンビニマーケットなど様々な店で障がい者専用駐車場が …

PREV : 愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…!
脱走した象のために余命わずかのベテラン飼育員が立ち上がる!50年前の上野動物園の物語に胸が熱くなる・・・ : NEXT