Lenon


Lenonをフォローしよう!


老夫婦の客を理不尽に小バカにする寿司屋の店主に、若いカップルが言い放った一言が若者には珍しく粋を感じさせた!


東京のお寿司屋さんで素敵な出来事に遭遇したという投稿が話題になっています。

この投稿内容を読めば、

自己中心的で周りの人々への配慮に欠けるという今時の若者に対する評価が変わります。

投稿主さんがお寿司屋さんを訪れたのはお昼の時間。

席は満席で老夫婦と若いカップルとの相席となりました。

老夫婦と若いカップルの注文したお寿司が運ばれ、

お寿司があまりにも美味しそうだったので老夫婦の奥さんの方がお寿司屋さんの主人に話しかけました。

しかしここから、なんとも理不尽な出来事が発生してしまいます。

その出来事と顛末については、次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    大将のいうことが正しいのでは。若者の態度は逆に不愉快と感じました。

    • 匿名 より:

      若者の法が理不尽だというコメントがあるが、私はそうも言えないと思う。
      寿司屋の大将の言い分も一理は有るが、言い方というのが有るのでは?
      それよりかは図々しく聞いた婆さんの方が可笑しいと想う。
      どっち道この大人の会話自体がお互い様だよ。

  2. 匿名 より:

    若者の態度の方が理不尽だろ(笑)

  3. 匿名 より:

    若者は言い捨てて帰ったからどうでもいいんだろうが、残された老夫婦はさらに気まずくなっただろうね。

    自己満足のエゴイスティックな行動だよ。

  4. 匿名 より:

    牛丼ならまだしも家で寿司なんて作れないでしょう?
    おばさんの配慮が欠けてる

  5. Sa より:

    はあ?これのどこが素敵なのって感じ。その場の雰囲気をさらに悪くしてるわけだから全然ダメ。小馬鹿にしてるわけでもないし。

  6. 匿名 より:

    寿司屋の言うことが正しい。
    誰でも同じように作れるならそれに対する価値などなくなってしまう。
    寿司屋に行かないと食べれないから、寿司屋の握ってくれる寿司にお金払ってるんでしょ。
    老夫婦がズレてるし、若者はプロとは何かもわかってない。
    バカにしているのは客の方だしバカなのも客。

  7. 匿名 より:

    寿司屋が接客のプロならば

    「奥さん、簡単にコツを教えられるなら、寿司屋ではなく、料理学校でもやってますよ。うまく伝えるのは、旨い寿司作るよりずっと難しいですわ」

    くらい言って当然でしょうな。

    若者の行動を云々するのは、自分だったらこうすると表明し、なるほど、そういう言い方ってありだよね、と思わせることができる人間しか言うべきでは無いよね。

    あり、なし、だけで自分ならどうする、が無い人間の言うことは聞かないことにしています。

    自分なら
    「大将は何年修行しはりましたか」

    「奥さん、いまから〇〇年修行したら、コツをつかめるかもしれないけど、それは大変だし、それよりは、時々ここで旨い寿司を呼ばれてる方がいいんでない?」

    くらい言うかも言わないかも。

    その奥さんが実は星付シェフだったかもしれない訳で。

    人は見た目じゃ無い、自分より良く知ってる人かも、と思えばこそ日々精進するんだから、やはりこの寿司屋は、not good ではあるんだろうな。

  8. 匿名 より:

    お客のちょっとした質問くらいで不愉快にさす大将は飲食店としてはダメだと思う。
    例え何も教えたくなくても『すみません、企業秘密で(笑)。』くらい言えないものかな。

    でも握り寿司を食べてそんな質問をするおばあさんがいるのだとしたら、大したもんだ。

  9. 匿名 より:

    どっちもどっちな気がしますが…
    言い方は悪いかもしれませんが職人さんが怒るのも無理はないです。そんな事聞いてどうするって?思いますよ。しかも満席で忙しいのに…
    若者もどうなのかな?何でも口に出して言えばいいと思ったら大間違いです。
    それを賞賛するこの記事こそどうかと思います。

  10. 匿名 より:

    婆客の軽言を上手にあしらえない大将が商売下手。

  関連記事

他人の悪口をすぐに口走っているそこのあなたへこの言葉を捧げます・・・!

何かとストレスが溜まりやすい現代社会において、悪口でストレスを発散しようとする人は数多くいます。 他 …

尊い命は人間も動物も関係ない!救出されるペット達と消防士の姿に胸を打たれます・・・

火災が発生した時、人々の命を助ける消防士ですが救うのは人命だけではありません。 火事の現場には逃げ遅 …

自分の帽子の色を当てて釈放してもらえた囚人は4人のうち1人…IQ180クラスの超難問!

4人の囚人が2種類の色の帽子を1つずつ被ります。 自分の帽子の色を当てることができれば釈放してもらえ …

一番の防災は「忘れないこと」!津波の恐怖を直に感じられる『防災広告』とは?

東日本大震災は、2011年3月11日に起きた津波の恐怖を改めて実感することになった大震災です。 この …

粟田神社が御朱印の本当の意味を示し、マナー遵守をお願いする!その内容に考えさせられる・・・

御朱印というものをご存じですか? 観光地などに設置されてある、 スタンプラリー感覚で神社へ参拝した記 …

PREV : 兄弟がいじめられていると見るや、いじめっ子を撃退して男の子を救出したのはなんと猫!
ウトウト夢心地の女の子→ワンちゃんが使っているクッションに頭がつくと笑撃の行動が飛び出した! : NEXT