Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・


危険なものを排除すべきか、あえて危険に触れて学習させるべきか、難しい問題です。

その中で、『昭和』の遊具というものは無茶なものが多かったのでしょうか。

今は安全を考えて、危険なものから子どもたちを遠ざけることばかり考えているように思います。

公園などに設置された遊具も昔とだいぶ変わりましたね。

しかし、これで良いのでしょうか。

確かに遊具にまつわる事故なども多々あったと思いますが、

逆に危険な遊具を体験することで何が危険なのかが分かるという側面もありますね。

学習しながら子どもは育っていく、ということもあるのではないでしょうか。

そんな意味でも、古き良き『昭和』の遊具を振りかえってみたいと思います。

興味をお持ちの方はぜひ次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

武井壮への質問「なぜ勉強しないといけないの?」→「した方がいいに決まってるだろ!」こう答えた理由が素晴らしすぎる!

武井壮 今回ご紹介するのは、今話題になっている武井壮さんのツイートです。 武井さんは東京都葛飾区出身 …

生徒どころか親からも嫌われていたある教師の偉大さを数年後にやっと思い知ることに…!

生徒からも親からも嫌われた先生 学校の先生も、生徒や親と同じく人間ですから色々な性格の人がたくさんい …

他人を「ずるい」と言った子供たちに父親が「非常にまずい」と感じた理由に考えさせられる・・・

「ずるい」 小さな子供はどんどん言葉を吸収していきます。 両親が言葉遣いに注意していても、知らないう …

バイクが走っている道路に“わざと”飛び出した小学生!その理由は大人には理解できないものだった・・・

車に比べ車体の小さなバイクですが、バイクも車両の一種。 事故に遭えば、かすり傷ではすみません。 20 …

セリーヌ・ディオンが子供たちに「父の死」を伝える時にとった方法が感動的だと話題に!

愛する夫を亡くしたセリーヌ・ディオン!子供たちに父親が死んだことを伝える時にとった方法が感動的だと話題に…!詳細はこちら・・・

PREV : タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・
愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々! : NEXT