Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・


危険なものを排除すべきか、あえて危険に触れて学習させるべきか、難しい問題です。

その中で、『昭和』の遊具というものは無茶なものが多かったのでしょうか。

今は安全を考えて、危険なものから子どもたちを遠ざけることばかり考えているように思います。

公園などに設置された遊具も昔とだいぶ変わりましたね。

しかし、これで良いのでしょうか。

確かに遊具にまつわる事故なども多々あったと思いますが、

逆に危険な遊具を体験することで何が危険なのかが分かるという側面もありますね。

学習しながら子どもは育っていく、ということもあるのではないでしょうか。

そんな意味でも、古き良き『昭和』の遊具を振りかえってみたいと思います。

興味をお持ちの方はぜひ次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

妻が運動会で隣にいる子供の靴が汚いと罵った!するとそばにいた息子が妻に胸を打つ言葉を言い放った・・・

汚い靴 息子さんの運動会に、お母さんと一緒に参加する事になったお父さん。 彼が息子さんの運動会に参加 …

ぐうの音も出ない…ツイッターで話題になった説得力の塊のような看板7選!

世の中には、色々な注意事項を伝える看板があります。 よく目にするのが「不法投棄禁止」「禁煙」などでし …

出勤が立て込んで昼も夜も食事が取れない救急隊員に市民が唖然としてしまうようなクレーム!車内でしていた事とは?

24時間体制で怪我人や病人などの緊急時に、スタンバイしていてくれている救急隊員や消防士のみなさん。 …

親戚のパソコンを修理したら「馬鹿野郎」と怒られた!その理由に痺れる・・・

仕事にしても好きな事にしても、何かに向かってひたむきに努力を続ける姿は素晴らしいものです。 始めは誰 …

水筆で綺麗な字を書く中国のおじいさんが目の前に日本人がいたことに気づくと・・・

日本国内だけでなく、 海外へ旅行に行くとその国の人柄などで驚いたり感動したりすることがありますよね。 …

PREV : タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・
愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々! : NEXT