Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・


危険なものを排除すべきか、あえて危険に触れて学習させるべきか、難しい問題です。

その中で、『昭和』の遊具というものは無茶なものが多かったのでしょうか。

今は安全を考えて、危険なものから子どもたちを遠ざけることばかり考えているように思います。

公園などに設置された遊具も昔とだいぶ変わりましたね。

しかし、これで良いのでしょうか。

確かに遊具にまつわる事故なども多々あったと思いますが、

逆に危険な遊具を体験することで何が危険なのかが分かるという側面もありますね。

学習しながら子どもは育っていく、ということもあるのではないでしょうか。

そんな意味でも、古き良き『昭和』の遊具を振りかえってみたいと思います。

興味をお持ちの方はぜひ次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

接客業に携わる人々の心の叫び!休日の出勤より耐えられないものとは?「私達は、サンドバッグではありません…!」

休日出勤より耐えられないもの Twitterユーザー「ひろばのさるの(@hirobanosaruno …

別室に自閉症の息子を連れて行った男性スタッフ!「邪魔しないでください」というカードを下げた部屋での行動に胸が熱くなる・・・

ジェムさんは、4人の子どもを育てながら毎日奮闘しているお母さんです。 子ども1人でも育てるのは大変な …

「努力は報われるとは限らない!もっと言えば…」イチローだからこそ言える名言が話題に・・・

「努力は報われるとは限らない」と語るメジャーリーガーのイチロー選手!彼だからこそ言える名言が話題に…!詳細はこちら・・・

博多の陥没事故による賠償金を「もっと必要としている人に」と受け取らなかった経営者に心揺さぶられる…!

2016年11月8日の早朝に起きた博多駅前の陥没事故。 そのニュースに驚いた人は多かったと思います。 …

2011年3月12日→東日本大震災翌日に乗ったJALの機内アナウンスが忘れられない・・・

2011年3月12日 2011年3月11日に起きた大震災。 宮城県の太平洋海底を震源地として発生した …

PREV : タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・
愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々! : NEXT