Lenon


Lenonをフォローしよう!


昭和の遊具は本当に無茶なものが多かった?子どものために良い遊具について考えてみる・・・


危険なものを排除すべきか、あえて危険に触れて学習させるべきか、難しい問題です。

その中で、『昭和』の遊具というものは無茶なものが多かったのでしょうか。

今は安全を考えて、危険なものから子どもたちを遠ざけることばかり考えているように思います。

公園などに設置された遊具も昔とだいぶ変わりましたね。

しかし、これで良いのでしょうか。

確かに遊具にまつわる事故なども多々あったと思いますが、

逆に危険な遊具を体験することで何が危険なのかが分かるという側面もありますね。

学習しながら子どもは育っていく、ということもあるのではないでしょうか。

そんな意味でも、古き良き『昭和』の遊具を振りかえってみたいと思います。

興味をお持ちの方はぜひ次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる!

神奈川県の相模原市の障害施設「津久井ゆりはま園」で、19人が殺害されてしまうという悲しく、そして憤り …

ホテルの従業員が語る宿泊客に知ってほしいこと!チェックアウト後の部屋に・・・

旅行先での楽しみの1つに、宿泊するホテルや旅館があります。 部屋に案内されキレイに整った備品やベッド …

「警察に連絡しますよ」赤ちゃんの泣き声に対する近隣住民からのクレームの手紙に考えさせられる・・・

生まれたての赤ちゃんは、よく泣きます。 ミルクを飲ませてもオムツを替えても、泣き止まないことがありま …

『桜切る馬鹿』がホントに実在した!桜の木の枝を折って髪飾りにしている人に唖然・・・

『桜切る馬鹿』は本当に実在したようです…!桜の木の枝を折って髪飾りにしている人に仰天した方のツイートが話題に・・・

とある女性の一言から生まれた、クロネコヤマトの不在票に隠された秘密とは・・・?

みなさんも一度は、クロネコヤマトを利用されたことがあるかと思います。 今回はそんなクロネコヤマトにま …

PREV : タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・
愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々! : NEXT