Lenon


Lenonをフォローしよう!


母は息子の何気ない一言から、アメリカの根深い人種差別について考えさせられた・・・


今回は、「差別」について改めて考えさせられるエピソードをご紹介いたします。

アメリカのケンタッキー州に住むリディアさんには、5歳になるジャックス君という息子がいます。

リディアさんは、このジャックス君から「人種差別」について新しい考え方を教えられました。

ある日ジャックス君のヘアカットが必要だと思ったので、

あらかじめジャックス君の希望するヘアスタイルを尋ねました。

すると、思いもかけなかった答えがジャックス君から返ってきました。

ジャックス君は、親友のレディ君と同じヘアスタイルにして先生を驚かせたいと言ったのです。

リディアさんが、ジャックス君から学んだことについては、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女性の警官が痴漢の被害者に言った「本質を突いた一言」に絶賛の声続々!

女性の警察官が痴漢の被害者にひとこと言いました!その本質を突いた考えに、絶賛の声が続々と寄せられています・・・

女子高生のスカートに犯罪の手が忍び寄る→でもこれを見た手の主はその手を引っ込めた…!

2009年における電車内での強制わいせつの認知件数は340件です。 迷惑防止条例違反のうち、痴漢行為 …

「席を譲るのは当然!」と語気を強めて席を奪い取る老人に、若者が放った言葉が心に刺さる…!

電車内で座席を譲ろうとする時…。 少し考えてしまうことがありませんか? 前に立っている人が明らかに体 …

修学旅行の夜に枕投げをしようとしたら喘息持ちの子が「私部屋出るね」と言った結果・・・

中学や高校において、修学旅行は楽しい行事の一つですね。 親元を離れ、何日間か級友と過ごす自由な空気が …

スタバの従業員が辞めない理由!その秘訣である『6つのミッション』に考えさせられる・・・

アメリカのシアトルで開業し、日本など世界60か国での営業展開、 そして1万8,000以上の店舗数を抱 …

PREV : 2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで
末期ガンの少女は猫と一緒に暮らすことを願った→優しい少女の死を目前にした中で家族に託した想いに涙・・・ : NEXT