Lenon


Lenonをフォローしよう!


女子高生は席を譲って欲しいと懇願したが女性は「何を言っているの!」と一蹴!すると数分後に悲劇が・・・


電車やバスなどの公共交通機関には、必ず優先席が設置されていますね。

優先席に座るのはおおよそ高齢者や小さな子ども連れ、体の不自由な人だと思います。

これはあくまで優先であるので、

体調不良が悪くて立っていられない時などは無理せず優先席に座って良いのです。

しかし最近では、とても健康的な人がわざと優先席を占領する事案が発生しているようです。

ネットに投稿された、優先席にまつわる話が人々に物議を醸しています。

投稿者が実際に目撃した優先席で起きたとんでもない事故…。

優先席について考えさせられる投稿の詳細は、次のページでご覧いただけます。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. ダンスク より:

    席を譲らなかった女性の傍にいて、成り行きを知っている人たちも同罪ではないのか。傍観も罪に問われるべきだと思う。

  2. はあ より:

    はあ

  3. ねこ より:

    まあ、譲ってくれっていわれれば、自分なら席をゆずったね。

  4. 匿名 より:

    そこまで具合が悪いのに電車に乗るのもどうかと思う。
    優先席は1つではないのでその女性が断ったとはいっても他の人も見てて譲らなかったってことだよね。
    これを書いた人だって駅員さん呼んだり積極的に彼女を助けようとはしてないし。
    なんだかもやっとする内容

    • ななしのごんべ より:

      結局この投稿者はこの光景を見るまで、同じ考え方だったってことでしょ?
      周りにいた人間は傍観者かもしれませんが、倒れた後どうなったかは分からないということは、この投稿者も何もしていないということで、それをあたかも酷い光景を見たと、投稿している時点でどうなんでしょ?

  5. はあ より:

    私が彼女なら、
    そんなに具合が悪いのなら床に座る。
    あと、優先席は、
    空いていれば、誰だって坐っていいはずですが…。
    優先するのを条件に座る、って意味。

  6. 匿名 より:

    「乗客達の視線は一斉に席を譲らなかった50代の女性へと向けられました。」

    こんな風に報告者含め傍観している全員が同罪だろう。

  7. ぽよ より:

    目に見えない障害や病気を患っている人だって沢山いるってこと。困ってると訴えている人の声を聞かない、なんて世の中だ・・・

  8. けい より:

    私だったら、何も言わずに立ちます。何時も、降りる手前のバス停で、杖をついて立って待っていたり、優先席が若い人が座っていて、空いていない時があるので。

  9. より:

    おかしな話。その50歳位の人は嵌められたんじゃ?
    他に若い人もいたでしょうにどうしてその人だけに声をかけたのだろう。
    最近こういうタチの悪い演技は横行している気もするんだよね。
    日本人じゃないかもしれないし、若い人も結構やるからな。

  10. SUMI SASAKI より:

    この記事を見て思い出しましたが かなり昔の事ですが 私の亡父は電車の中で心不全の発作を起こして 亡くなりました。座っていたので となりの女性に寄りかかったままだったようです。人って何時 何があるかわかりません。幸いとなりの女性は良い方で 父の身元がわかるまでずっと付き添ってくださったと聞いています。

  11. 匿名 より:

    まわりの座ってた乗客もだろ。

  12. ヒロッテリア より:

    まー、いいんじゃね、世の中そんな優しくねーよ。
    周りはその50代のババぁのせいにしたかっただけだろ。
    優先席なんて、よっぽどの事がないと座らないよ。事故で死にやすい席だし。
    俺の、友達でネットワークビジネスやってる人で、優先席だろうが、近くにお年寄りいようが、席が空いて入れば座って。電車降りるまで周り気にせずメール、ラインしてる人がいたけど、今は成功してお金持ちだね。
    変な情に流される人ってヒマなんだな、って思ったよ。

  関連記事

『福島県お断り』女子中学生が作成した作文が胸に突き刺さる内容だと話題に…!

最近、東日本大震災の被災地から別の地域へ避難した方々が、 避難先でイジメを受けていたというニュースが …

帝王切開で産んだということを叩かれた母親→『何も知らないくせに!』という心の叫びに考えさせられる…!

出産。 それは新しい生命の誕生のための神秘的な出来事です。 しかし、出産にはたくさんのリスクが伴いま …

宇多田ヒカルが日本ではなくロンドンで子育てをした理由に納得すると共に怒りを覚える…!

宇多田ヒカルさんは2016年の春に約5年間の活動休止に終止符をうち、現役復帰しました。 9月にリリー …

海外でクレジットカードを使って支払う時に「日本円決済」をしてはいけない理由がこちら…!

今年も残りわずか。 「年末年始は海外で!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 海外旅行中の …

瀕死の状態で搬送された女性の写真を投稿したのはその女性自身だった→急性アルコール中毒の恐ろしさが伝わってほしい・・・

アメリカのネバダ州に住むHanna Lottritzさん。 彼女は自分のブログにて、「責任のある読み …

PREV : 「また会おうね」突然この世を去ってしまった兄弟をたった1匹で埋葬する犬の姿に涙が止まらない・・・
頸椎を骨折する大怪我を負ってしまった猫!たくさんの人々の愛とギプスが奇跡をもたらした・・・ : NEXT