Lenon


Lenonをフォローしよう!


中学受験で不合格だった娘さんへ土田晃之がかけた一言に称賛の声続々!


土田晃之さんはマルチタレントとして、芸能界でたいへん活躍されています。

愛妻家、子煩悩芸人としても知られていますね。

世間からは「理想の旦那さん」とも言われており、

育ち盛りのお子さんを持つお父さんたちの目標ともされているお笑い芸人です。

そんな土田さんが、かつてニッポン放送のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(2016年1月24日放送)で、

中学受験に挑んだ娘さんのエピソードを語りました。

受験を試みた娘さんは、残念ですが不合格になってしまったそうです。

そんな娘さんに掛けた言葉が、とても素晴らしいと大注目を浴びているそうです。

それでは、傷ついた娘さんへ送った優しく力強い言葉の数々を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. アラフィフタカコ より:

    さすが、理想のタレントです。子供の心を理解し、前に進めるようにしてくれる、本当の親父さんですね。ウチの母親や妹なんか、高校受験に失敗した私を20年以上もダメ人間みたいに言ってましたね。本社に素晴らしいです。

  2. kikue kunii より:

    子供はこんな言葉を待っている。
    落ちたことは本人が一番ショックで
    何を言われても悔しくて悲しいし
    どうしていいのか分からないでいる
    はずなのです。
    そんな時に「お前には無理だったんだ」とか
    「あの時志望校を変えとけばよかったんだ」など
    マイナスな事などは聞きたくないでしょう。
    親としてどう導いてあげるのかはとても大事です。
    何度でもチャレンジ出来る様な言葉を残して
    あげるのが親の役目だと思います。
    一番最初の大切なとても大きな山を家族は
    どんな形で応援できるのか!
    ただむやみに心配するのではなく頑張った事を
    認めてあげる事は次なるチャンスにどう立ち向かうか
    を教えてあげる事こそが 一番の大切なことだと思います。
    挫折を次の力となる様に導く力ある言葉は一生の宝ですね。

  3. 梶原 孝司 より:

    これからの長い人生、1度や2度の失敗でくよくよしてたら、生きてくことが出来ない位苦難の連続です。失敗を乗り越えて、人は強くなり、優しくなれると思います。若い皆さん、人生の試練に負けないで。いつか、きっと笑える時が来ます。そう信じて、前を向いて生きましょう。人生は、2度ない。だから、面白いともいえるのです。自分の人生です。大事に、大胆に使って、いろんな花を咲かせてください。決して、命を粗末にすることのないように。私の宝物だった娘は、生きたくて生きたくて必死でした。でも、乳癌と言う恐ろしい病に憑りつかれ、20代の若さで旅立ちました。親も辛かったけど、当人はもっと生きたかったでしょう。このような人生もあるんです。いじめなんかで命を絶ってしまうようなことは、絶対にしないで。どうか、生きたくても生きられなかった者達の分まで、生きてやってください。

  関連記事

息子が学校で友達を殴ったので父親は叱ろうとしたが泣きながら明かされた理由に言葉が出なかった…!

友達を殴った息子 ある日、息子さんの通う小学校からお父さんの会社へ連絡がありました。 「息子さんが友 …

2011年3月12日→東日本大震災翌日に乗ったJALの機内アナウンスが忘れられない・・・

2011年3月12日 2011年3月11日に起きた大震災。 宮城県の太平洋海底を震源地として発生した …

殺人率世界一とされる国のスラムに住む子供のため、日本人が作ったものに心揺さぶられる…!

殺人率が世界一とされる国のスラムで暮らす子供たちのため、ある日本人が作ったものに心揺さぶられずにはいられない…!

元SPEEDの今井絵理子が世間のバッシングに負けずに聴覚障害の息子と二人三脚で頑張る姿が話題に!

元SPEEDの今井絵理子 みなさんは「SPEED」というグループをご存知ですか? 4人組のダンスボー …

人事担当者の「残業代を寄付して」と言うお願いを全ての従業員が快く受け入れた理由とは?

人事担当者が「残業代を寄付して」と従業員たちにお願い!この願いを全ての従業員が快く受け入れた理由とは?詳細はこちら・・・

PREV : 長い間誰からも愛情を与えてもらえなかった1匹の猫!優しく抱きしめた女性に精一杯の愛情を返す姿に涙が溢れる・・・
優しいハグでみんなハッピー!ゴールデンレトリバーの不思議な行動が道行く人々を幸せに・・・ : NEXT