Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ワシントン・ポスト」が渡辺直美に注目!海外メディアだからこそ気づいた彼女の行動に隠された思いとは?


日本語へのコンプレックスを克服し、ありのままの自分を受け入れ、

自分の長所を伸ばすことに集中した渡辺直美さんは明るい笑顔が魅力の人気芸人になりました。

(それに関する詳細はエピソードはこちら)

そんな渡辺さんを『ワシントン・ポスト』紙が注目し、記事にしました。

『ワシントン・ポスト』紙が渡辺さんに注目したのは、

渡辺さんの自分の体型に関しての考え方だったのです。

WHOの調査によると、アメリカの女性の肥満率は34.9%

対して日本はわずか3%という大きな違いがあります。

そして、日本の20代の女性の22%が痩せすぎで栄養不足という調査結果があります。

そんな痩せすぎが理想とされる日本社会で渡辺さんが語った考えについては、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    あたかも女性ばかり容姿端麗を求められて太った者が差別されているかのような物言いだが、日本で太った女性と太った男性のどちらがより一層冷遇されているかっていったら後者だよ。

  関連記事

ATMで10分以上も送金しようと操作し続けていたおばさんに若者が激怒!ところがおばさんの事情を知ると・・・

ある地方での、ATMにまつわるエピソードが話題になっていします。 その銀行は、1台しかATMがありま …

ガンの影響で髪の毛を失った家族のため、自らの髪を剃った男の子がいじめにあった時の、校長先生の涙溢れる行動とは…?

アメリカのアイオワ州にある、 ピキン中学校に通う11歳のジャクソン・ジョンソン君は大のおじいちゃん子 …

女性を恐怖に陥れる公衆電話からの突然の着信!こんな内容の電話にご注意ください・・・

公衆電話からの着信 自身のもとへ見知らぬ誰かから電話が来たら、どのような対応をするべきでしょう。 し …

感謝感激!対向車線を走っていたライダーの親切心がギリギリのところで事故を防いだ・・・

国土の狭い日本は、必然的に狭い道路も多いです。 まして山間部などはクネクネと曲がっている上に、歩道も …

王子駅に貼り出され、一度は撤去された「胸が痛くなる貼り紙」に対する駅長の粋な計らいとは?

よく、電柱やガードレールに広告が貼られています。 施設の管理者の許可を得て貼り紙をしている方もいます …

PREV : 「必ずこの犬を連れて帰る…!」戦場で育まれた兵士と犬の固い友情が起こした奇跡とは?
この世を去ったクジラの胃の中にあった大量のビニール袋が語る海洋汚染の深刻度をご覧ください…! : NEXT