Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ワシントン・ポスト」が渡辺直美に注目!海外メディアだからこそ気づいた彼女の行動に隠された思いとは?


日本語へのコンプレックスを克服し、ありのままの自分を受け入れ、

自分の長所を伸ばすことに集中した渡辺直美さんは明るい笑顔が魅力の人気芸人になりました。

(それに関する詳細はエピソードはこちら)

そんな渡辺さんを『ワシントン・ポスト』紙が注目し、記事にしました。

『ワシントン・ポスト』紙が渡辺さんに注目したのは、

渡辺さんの自分の体型に関しての考え方だったのです。

WHOの調査によると、アメリカの女性の肥満率は34.9%

対して日本はわずか3%という大きな違いがあります。

そして、日本の20代の女性の22%が痩せすぎで栄養不足という調査結果があります。

そんな痩せすぎが理想とされる日本社会で渡辺さんが語った考えについては、

次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    あたかも女性ばかり容姿端麗を求められて太った者が差別されているかのような物言いだが、日本で太った女性と太った男性のどちらがより一層冷遇されているかっていったら後者だよ。

  関連記事

叶美香が警告のために綴った格言が話題に!女子高生が男性の家に遊びに行くのが悪いこと?

叶美香が山口達也の強制わいせつ事件に言及するかのように綴った格言が話題に!女子高生が男性の家に遊びに行くのが悪いことなのか?

「日本人はいつからこんな国民性に?」原発いじめ問題に対するデーモン閣下の言葉に考えさせられる・・・

東日本大震災で引き起こされた「福島第一原子力発電所事故」。 2011年のあの日に映し出された水蒸気爆 …

「遅延で鉄道会社を叩く人はこれを見て!」駅で目撃された光景に考えさせられる・・・

電車が遅延したことで鉄道会社を叩くのであれば、まずはこの写真を見ましょう…!ある駅で撮影された写真に考えさせられる・・・

ダレノガレ明美が髪の毛を寄付して半年後、ダレノガレ本人が感動する意外な出来事が発生!

ショートカットにした際、切った髪の毛を寄付したダレノガレ明美!それから半年後、彼女自身も感動する意外な出来事が起きた・・・

「決行日までやっぱり怖かった…」女子高生たちが一致団結して痴漢を撃退したエピソードがこちら!

女子高生たちが一致団結して痴漢を撃退したエピソードをご紹介!「決行日までやっぱり怖かった…」と話すその内容とは?

PREV : 「必ずこの犬を連れて帰る…!」戦場で育まれた兵士と犬の固い友情が起こした奇跡とは?
この世を去ったクジラの胃の中にあった大量のビニール袋が語る海洋汚染の深刻度をご覧ください…! : NEXT