Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンの影響で髪の毛を失った家族のため、自らの髪を剃った男の子がいじめにあった時の、校長先生の涙溢れる行動とは…?


アメリカのアイオワ州にある、

ピキン中学校に通う11歳のジャクソン・ジョンソン君は大のおじいちゃん子でした。

その大好きなおじいちゃんがガンに侵され、抗がん剤治療によって髪の毛を失ってしまいました。

ジャクソン君はおじいちゃんを元気づけるため自らの髪を剃りました。

しかし、そんな彼に心ない言葉を投げかけた生徒がいました。

「お前、ガン患者みたいだな!」

事情も知らずに髪を剃ったジャクソン君を生徒たちは笑い、彼は学校でいじめられてしまったのです。

そんな彼のことを知った校長先生は、ジャクソン君のために立ち上がりました。

さて、校長先生はどんなことをしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 不知火小僧 より:

    教育の原点は上から目線では無く、生徒の目線で共に考える事を教える事だと思った。大昔に俺にもこんな先生が居たな!昭和八年生まれで昭八郎。真剣に怒り共に考えてくれたな、どうして居るだろう?

  関連記事

マザーテレサの金言!「あなたの下で働かせてください!」という日本人に対して・・・

マザーテレサに感動した日本人の思い 1979年に、ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサ。 その生き方 …

これ知ってた?ホテルの従業員がぶっちゃけた宿泊する時に最低限守ってほしいマナーがこちら!

ホテルで実際に働いている従業員が語る、宿泊の際に最低限守ってほしいマナーをご紹介!これ、あなたはご存知でしたか?

2001年9月11日にパイロットが乗客についたウソに胸が熱くなる・・・

2001年9月11日 この話は2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生した日に起きた出来事で …

親は子の容姿を見て絶望し、そして手元から捨てた→でも4年後、涙が溢れる運命的な出会いが・・・

キリル君はカザフスタンの孤児院で育った男の子です。 生まれつき右手がありません。 この障害が理由で生 …

「山は自己責任!!」とても厳しい口調で綴られていた山中にある貼り紙が話題に・・・

「山は自己責任!!」あるTwitterユーザーが山中で見つけた貼り紙が話題に!とても厳しい口調で綴られた内容はこちら・・・

PREV : 大雪の中、ジムニーがスタックした車を牽引→ロープの先に結ばれていたものに目を疑う…!
ベッドを2階に運んでいたら途中で…猫さんの悲しすぎる結末がこちら・・・ : NEXT