Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンの影響で髪の毛を失った家族のため、自らの髪を剃った男の子がいじめにあった時の、校長先生の涙溢れる行動とは…?


アメリカのアイオワ州にある、

ピキン中学校に通う11歳のジャクソン・ジョンソン君は大のおじいちゃん子でした。

その大好きなおじいちゃんがガンに侵され、抗がん剤治療によって髪の毛を失ってしまいました。

ジャクソン君はおじいちゃんを元気づけるため自らの髪を剃りました。

しかし、そんな彼に心ない言葉を投げかけた生徒がいました。

「お前、ガン患者みたいだな!」

事情も知らずに髪を剃ったジャクソン君を生徒たちは笑い、彼は学校でいじめられてしまったのです。

そんな彼のことを知った校長先生は、ジャクソン君のために立ち上がりました。

さて、校長先生はどんなことをしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 不知火小僧 より:

    教育の原点は上から目線では無く、生徒の目線で共に考える事を教える事だと思った。大昔に俺にもこんな先生が居たな!昭和八年生まれで昭八郎。真剣に怒り共に考えてくれたな、どうして居るだろう?

  関連記事

生まれてきた娘の顔を見て父親は恐怖のあまり家を出て行った!しかしそれから21年後・・・

カティアさんの顔を見ると多くの人が驚きます。 彼女は21年前にロシアで生まれました。 彼女の母親は生 …

「議員さんが通る場所を歩くな!」と国会の守衛から言われたソフトバンク会長の孫正義が激怒して言い返した言葉にスカッ!

これは、10年前にソフトバンク会長の孫正義さんがブログに書いた記事の内容です。 「さすが孫さん!」と …

「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…!

京都への観光は、今も昔も変わらない人気ですね。 現代からいにしえへ時間旅行をするような魅力があるから …

バスの中で受けた言葉の暴力に為す術もなく降りようとした私…その時、運転手さんが言った言葉に涙があふれた!

言葉の暴力は受けた側はそのキズはなかなか癒えないもの。 身体のキズ異常に深い痛手になることも…。 ま …

覆面パトカーだと気づかずに煽りまくった高級車→おバカの結末はご想像通り・・・

ある高速道路での実際にあった話です。 なんとも呆れかえってしまうような場面が車載カメラに収められてい …

PREV : 大雪の中、ジムニーがスタックした車を牽引→ロープの先に結ばれていたものに目を疑う…!
ベッドを2階に運んでいたら途中で…猫さんの悲しすぎる結末がこちら・・・ : NEXT