Lenon


Lenonをフォローしよう!


ガンの影響で髪の毛を失った家族のため、自らの髪を剃った男の子がいじめにあった時の、校長先生の涙溢れる行動とは…?


アメリカのアイオワ州にある、

ピキン中学校に通う11歳のジャクソン・ジョンソン君は大のおじいちゃん子でした。

その大好きなおじいちゃんがガンに侵され、抗がん剤治療によって髪の毛を失ってしまいました。

ジャクソン君はおじいちゃんを元気づけるため自らの髪を剃りました。

しかし、そんな彼に心ない言葉を投げかけた生徒がいました。

「お前、ガン患者みたいだな!」

事情も知らずに髪を剃ったジャクソン君を生徒たちは笑い、彼は学校でいじめられてしまったのです。

そんな彼のことを知った校長先生は、ジャクソン君のために立ち上がりました。

さて、校長先生はどんなことをしたのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 不知火小僧 より:

    教育の原点は上から目線では無く、生徒の目線で共に考える事を教える事だと思った。大昔に俺にもこんな先生が居たな!昭和八年生まれで昭八郎。真剣に怒り共に考えてくれたな、どうして居るだろう?

  関連記事

「無駄なこと」について→GACKTの考え方が多くの人々の心に響いた・・・

GACKT 沖縄出身のミュージシャンであるGACKTさん。 音楽業界だけにとどまらず、俳優としても活 …

「こちらで処分します」ブックオフで買い取り0円と言われた本を店員の前で破ってみた結果・・・

不要になった物を買い取ってくれるリサイクルショップを、利用する方も多いのではないでしょうか。 しかし …

理不尽な女性客が店員のいる前で、子供に「大学に行かないとこうなるのよ」と言い放った→その時、店長が取った行動とは・・・

日本では、店と客との関係は「お客様は神様」のような考え方があり、 ともするとモンスター的な客も見られ …

「息子のためと思い、叩いたり殴ったり厳しく躾けました」ある新聞に投稿した人の前時代的な考えに批判殺到!

子供の虐待がニュースになるたびに聞かれる親のコメントで、 「シツケのためにやった」ということをよく耳 …

「家事なんかしなきゃよかった…」赤ちゃんを抱っこしなかった母親の想いに誰もが共感・・・

子育てと家事の両立はとっても大変です。 お母さんであり妻であり、働いている方の場合はその立場もありま …

PREV : 大雪の中、ジムニーがスタックした車を牽引→ロープの先に結ばれていたものに目を疑う…!
ベッドを2階に運んでいたら途中で…猫さんの悲しすぎる結末がこちら・・・ : NEXT