Lenon


Lenonをフォローしよう!


女性はマックで衝撃的な光景を見た!そんなことしたら従業員はクビになってしまう・・・


人間の鏡

レジスタッフが車椅子の男性と上手く意思疎通が出来ておらず、なかなか注文ができないその時。

1人の男性スタッフが後ろから出てきました。

彼の名前は「ケニー」さん。

ケニーさんはすぐさま車椅子の男性の膝上にある「help me please」を見て、

男性が障害を持っていることに気付きました。

ケニーさんは男性の為にセットを1つ注文し、席まで案内。

そしてケニーさんは、なんとマクドナルドのスタッフとして「ご法度」と言われていることをしました!

個人的なサービス

ケニーさん、なんと男性が食べやすいようにと食べ物を小さく切ってあげたのです!

アメリカのマクドナルドでは回転率が重視され、個人的なサービスは厳しく禁止されています。

状況によっては減給や解雇にまでなってしまうんだとか!

ケニーさんもその規則を知らないわけではありません。

それでも、困っている人が目の前にいればそんなリスクなど気にせずに、

車椅子の男性のために優しく丁寧に対応していたそうです。

心温まる話をみんなに

この一部始終を見ていたカレノさんは感動し、

自身のFacebookにこの時のエピソードを画像も添えて投稿しました。

mac2

「今日これを見て涙が出ました。
同情することがカッコ悪い何てことなんてない。
シカゴのダウンタウンでは忙しい時間帯だったので、レジの人がこの男性を助けてあげるとは思ってもいませんでした。

驚くことに、店員の男性はレジを閉じてカウンターの裏から出てくると、
男性の食べ物を切って食べるところまで助けあげていたんです!
心から感動して思わず涙が出てきて、
周りに人がいっぱいいたのに私は感情が抑えきれなくなってしまいました。

この店員は仕事を中断して、業務の一部でもないにもかかわらず、障害のあるお客さんを助けてあげていました。
今まで見た中で一番優しく謙虚な行為でした」

リスクを承知で困っている男性を助けたケニーさん。

その姿はたくさんの人から称賛されるべき姿です。

その後、ケニーさんが今回の件によって罰則を受けたかどうかは定かではありませんが、

困っている人を助ける心、忘れずにいたいものですね!

出典:イミシン

【関連記事】

お母さんがレストランで赤ちゃんのミルクをこぼしてしまった!その時のウエイターの親切心に感動・・・

ファミレスで「食事を台無しにしてくれてありがとう」と書かれた手紙を渡された母親→それを見て店長は・・・

スタバの従業員が辞めない理由!その秘訣である『6つのミッション』に考えさせられる・・・

全てはお客様のために!必ず週3回スタバに訪れる耳に障害を持った男性に店員が1枚のメモを渡した・・・

居酒屋を予約すると「聴覚障害者の方は初めてで…」と言われた→そんなお店の対応は涙が出るほど素晴らしい…!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    頂くと言う事は、こう言う事かも知れ無いと思う。食べ物に感謝、食を提供して呉れた人に感謝する。ただ腹を満たすだけならこう言う行為は生まれ無いと思う。店員さんはプロとして、お客様に食材では無く、満足や幸福を提供して居ると思う。良い事は同業他社でも拡がって欲しい。 本当に感動した。

  2. 匿名 より:

    だからマクドナルドの食品は不味くて高いのです。

    利益追求の為に存在する商品である事に徹底して、食品としてのよさを追及していない。

    サービスの方針も、同じというわけです。

    なんで潰れないんだろう? 

  3. fairplay より:

    こういうことがこういう記事にならず、自然に行われる世の中になりますように。

  関連記事

認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に!

宮沢賢治の『注文の多い料理店』という作品をご存知でしょうか。 宮沢賢治作の童話の中では最もポピュラー …

92歳のひいおばあちゃんと病気を患っているおばあちゃんをたった1人で介護しているのは5歳の女の子!健気な姿に胸が熱くなる・・・

5歳にも関わらず、2人の老人の介護を余儀なくされている女の子が中国にいます。 今回は、彼女のお話しを …

11歳の少年の遺体に医師たちが深々と敬礼した背景に考えさせられる・・・

11歳の少年の遺体に対して深々と敬礼する医師たちの姿を写した写真が世界中で話題に!その背景に深く考えさせられる・・・

「『人見知り』とはガキだけに許された言葉」GACKTが自身の体験から生み出した考えの真意とは?

近年インターネットの大幅な普及により、ネット通販など便利な世の中になりました。 家から出なくても自分 …

外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…!

報道写真家のミヒャエル・ウルフ氏は、長年ドイツの新聞雑誌専属のフォトグラファーを務めていました。 彼 …

PREV : いつものかわいさはどこ?(汗)破壊力が凄まじすぎるウサギの衝撃的なあくび顔13選!
わがままな年寄り患者を一発で黙らせた医者の言葉に絶賛の声続々! : NEXT